ブログ

年齢と出会いのカタチ!?

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです!

いよいよいGWの時期ですね。

会社によっては、16連休のところもあるそうですが、そんなに休むと体を元に戻すのが大変そうですね

 

さて、今回のテーマは”年齢と出会いのカタチ”について、語ってみましょう。

この前、生まれて初めて、新宿にて”オフ会”なるものに参加しました。

集まりとしては、いわゆる”婚活系”のものでした。

凄い人数で、よくこれだけ多くの人が集まったものだと感心しました。

その中で、向かいに座っていた女の子と、出会いについての話をした時のこと。

女の子「出会いはすっごい探していますよ~。合コンは人脈全て使って、やり尽くしましたよ!」

自分「へぇー、そうなんだ。でも、探せばもってあるんじゃない!?」

女の子「ないですよ! だって、元カレの人脈まで辿ってやったんですよ!」

自分「・・・元カレまで!? よく分かれた彼氏に会おうと思ったね。。」

女の子「もちろん、今、私29歳なんですよ。だから、必死ですよ!」

自分「だったら、出会いのあるパーティーとか参加した方が話しが早いと思うよ。」

女の子「それは、まだ嫌なんです! 30歳までは、自然な形の出会いで会いたいんです!」

自分「自然な形? (しかし、それを言うなら、合コンの時点で既に”自然”では無いと思うんだけど。。)ふーん、自然というのは例えば?」

女の子「例えば、ハンカチを落として、「あっ、落としましたよ!」的な出会いです。」

自分「それって無いと思うよ~。そもそも、そういう出会いの自然発生率って知ってる?」

女の子「自然発生率?」

自分「そう! なんでも、1パーセントちょっとらしいよ。(30歳独身をテーマにした本より)」

女の子「えー、そんなに低いんですか!?」

自分「まあ、学生と社会人とかで、だいぶ確率は変わるだろうけど、毎日、変わらない生活をしていて、偶然性を期待すると、そんなもんだろうねぇ。」

女の子「確かに。。。」

といった会話をしました。

ここで、女の子の計画ミスが見られるんです。

それは何?

ズバリ、「30歳になったら、パーティーに・・・」の部分です。

やはり、婚活パーティーに来る男性も、「少しでも若い子がいいよね。」という考えがある人が非常に多いです。

28歳と30歳の同じレベルの女の子がいました。

どちらを選びますか? と言われると、当然、28歳の子に人気が集中します。

結婚紹介所で働く人も同じ意見を持っていますね。

「結婚紹介所は”最後の砦”と考えている方が多いようで、最後の最後に来られるんですね。こちらとしては、早ければ早いほど、良い方をご紹介できるんですが、35歳を過ぎると、多くの男性が敬遠されるんです。
会ってみたい方をコンピュータで検索するんですが、その条件に34歳以下というケースが非常に多いので、どんなに中身に自信がある!という方でも、その段階で対象がはずされてしまうんです。」

とおっしゃっていました。

パーティーもそうですね。

特にパーティーに来る方は、男女とも真面目な人が多いので、「この付き合いの延長上に、結婚があるかどうか?」ということを、通常の恋愛に比べて、早く判断する傾向がありますね。

そういうこともあって、パーティーでのカップリングは、かなり早く終わるということにも繋がっているんですけど。

とまあ、話が長くなりましたが、つまりは、
「パーティーに参加するのも、早ければ早いほどいい。
なにも、出会いのカタチを一つに絞る必要は無い訳で、様々なところに
出会いの仕掛けを作っておく方が、圧倒的に確率が上がる訳ですから。確率だけでなく、より良い人と巡り合える可能性も上がりますね。」

2つの選択肢から選ぶよりも、10つの選択肢から選ぶ方がいいですしね!

ビジネスの世界の名言を、まだ素敵な出会いをされていない方に送ります。

【アクションを起こした人には、それに対する”ご褒美”がある!】

では、皆さん、NYSDのパーティーでお待ちしております。

カップリングパーティーの流れって!?

皆さん、こんばんは!

ヨッシーです。

お蔭様で、4月25日のパーティーまで、あと1週間もあるのに、参加申込みの方が、数名いらっしゃいました。

ご存知の方は”通”ですが(笑、カップリングパーティーへの申込みって、当日、もしくは前日がほとんどなんですよ。

そのぶん、パーティー主催会社は、参加者の人数が読みづらくて、男女の人数調整が難しいんですね。

ということもあり、最初は「知人の人からの申込みかな?」と思ったのですが、皆さん、知らない方でした(嬉

新宿駅周辺で配り始めた”広告ティッシュ”の成果でしょうか!?

「初回は独身の知り合いが多いパーティーになるかなぁ。」と思っていましたが、このままいけば、知らない人ばかりのパーティーになり、緊張しそうです(笑

とりあえず、開催日まであと数千枚のティッシュを配ります!お楽しみに!

さて、本日のテーマは、”カップリングパーティー”の流れ について、語ってみます。

今回は、本当に行ったことが無い人向けですね。

もうすぐ、”婚カツ”というSMAPの中居さんが主演のドラマが始まりますが、その中でも”カップリングパーティー”は何度も出ると聞いています。

ということもあり、実際にパーティーを目にすることも増えるかと。

NYSDと従来の日本式カップリングパーティーは少し異なりますが、ここでは、従来の日本式のお話をします。

まず最初に、男性15人、女性18人といった感じで人数が集まります。

多くの場合が、参加会場でお金を支払い、番号カードとスコアカードをもらいます。

そして、指定された席に座ります。

そこでは、向かいに男性がこちらに向かって座っているパターン、あとは、横の席にすわっているパターンとがあります。

時間が来ると、司会者より挨拶があり、ルールと注意事項の説明があります。

そして、早速、1周目開始(笑

よく言われることですが、いわゆる”回転寿司”方式で、2分前後話をしては、男性の方が次の席に移動します。

全員の異性と話終わる(というか、2分程度では自己紹介だけで終わりますけど(苦笑))と、今度は、”ファースト・インプレッション(第一印象)”というカードに何名かの異性の番号を書く作業に移ります。

そのカードは数分後に、その番号の異性に渡されます。

つまり、「私はあなたのことを、気になりました。」という意思表示ですね。

そして、今度は”フリータイム”です。

女性はまたそのままで、男性の方から気になった女性の元に行き、今度は4分前後話せます。

これが、約3~4回ですね。

ここで問題点は2つ。

1つは、”1対1ルール”を採用しているお見合いパーティーでは、人気のある女性に男性が殺到して、話せない場合が多いこと。

2つ目は、”女性からは動けないこと”。

通常、このフリータイムで話していない人と、カップルになることはほとんど無いと思った方がいいですね。

女性も、フリータイムに来なかった(実際には人が多くて、行けなかった)人は、最終的に選ぶ人からは除外する場合がほとんどですね。

フリータイムの後は、最終投票ということで、「カップルになりたい人の番号を、上位3~5名記入」します。

その投票用紙を集めて、集計し、「本日は、カップルがなんと○組誕生しました。」ということで、男女の番号が発表されて、お開きになります。

これで、第一希望同士でなくても、とりあえずは”数組”誕生という形になり、カップルになった方達は、その後、そのまま一緒に食事に行ったり、メールアドレスを交換して、後日会いましょう!ということになる訳です。

というのが、日本式カップリングパーティーの基本的な流れですね。

まあ、カップル誕生の率が50パーセントを超える会は、少ないと思われます。

となると、何にも収穫がなくて、寂しい気持ちのまま帰る人が大半という訳です。

実際に体験してみると、結構、むなしさと寂しさの同居した感覚になります。特に夕方に行われているパーティーに参加すると、出る時には夜になっているので、凄くさびしいです。はい。(苦笑

「何回来てもダメだ。僕(私)って、第一印象が強くないから、パーティーって向いてないなぁ。」と心が折れてしまう人も、少なくないでしょうね。

そもそも多くの人が、「僅か数分で、相手にとって自分が少なくとも”会場の中で1番”にならなくてはいけないのってどうなの? 自分、そんなに短期決戦向きじゃないんですけど。。。」と思っているはずです。蓮

その点、NYSDの婚活パーティーは、パーティー後の発展率が全然違いますからね!

今までのパーティースタイルに不満のある方、是非ご参加してみてください!

より深いレベルでお互いを知ることができるチャンスを得られるはずです。

カップリングパーティーに来る人って!?

皆さん、こんばんは!

さて、本日で4回目となりました。

本日のテーマは、「カップリングパーティー・お見合いパーティーってどんな人が来るの?」
を語ってみます。

 

さて、まだ婚活を始めていなくて、一度も行った事の無い人にとっては、全く想像がつかないと思います。

でも、一番多い意見は、「もてそうにない人ばっかりでしょ!?」というご意見。

実際にそうなの?と言われると、そうでもないですよ!

もちろん、滅茶苦茶モテる人は来てません。それは否定しません(^^)

でも、客観的に見て、“一般レベル”より少し上かな。。と思える人は結構来ていますよ。

「ふーん、結構・・・って、どのくらいなの?」

と聞かれれば、会場によって異なりますが、1~2割くらいじゃないでしょうか。

これを少ないとみるか、多いとみるかは、その人次第ですが、学生時代を思い出してみてください。

「1クラスに約40人いたとして、そんなにイケてる人、多かったですか?」

クラスの4割~5割もいた!という学校はドラマ以外にはまず無いと思います秊

“パレートの法則”じゃありませんが、大体、
1~2割 イケてる人達
7~8割 普通の人達。
1割前後 イケてない人達

という数に収束していると思われます。

婚活パーティーに来ている人の分布もほぼ同じです。

よほど参加資格を限定した集まりでなければ、イケてる人ばっかりのパーティーというのはあり得ないとも言える訳です。

それに、“恋人向き”の人と、“結婚相手向き”の人は違う!ということは、よく議論されるところですが、カップリングパーティー参加者をこの2つに分けるとすると、“結婚向きの人”の部類に属する人が多い!というのも事実です。

遊びをよく知っていて、一緒にいると凄く楽しませくれるというタイプの方は、多くないですが、一緒にいても緊張しなくて和めるというタイプは多いですよ。

そんな落ち着いた人を探している人は是非、一度は足を運んでみることをオススメします。

東京のなごみ重視のカップリングパーティーといえば・・・そう!NYSDです(笑)

是非、一度ご参加を♪

カップリングパーティーの歴史って!?

皆さん、こんばんは!

本日で、第3回目になりますね。

 

本日のお題目は「カップリングパーティーの歴史」を。

そうですね、このブログを読んで下さっている方って、何歳くらいの方多いのか分かりませんが、恐らく20~30歳後半というところではないかと推測します。

元々、”お見合いパーティー”という呼び名で、20年くらい前に流行したそうです。

今、30代の方は、”ねるとん紅鯨団”を見たことが一度くらいはあると思います。

あの長寿番組がテレビで流れていた頃か、少し前くらいでしょうか。

時代が経っても、やはり人の恋愛話には、多くの人が興味を持っているようですね。

30代の人は”ねるとん世代”で、10~20代の人は”あいのり世代”というくくりになるのかもしれません。

さて、話を元に戻しますと、お見合いパーティーはその後、ブームが去ったのと、少子化の影響で廃れてきたと聞いています。(広告代理店の営業より)

もっとも、呼び名が途中から、”お見合いパーティー”⇒”カップリングパーティー”と変わってはいますが、中身には大した違いは無いようです。

ただ、カップリングパーティーの方が、若干、カジュアルで敷居が低い印象を受けますね。

そんな”カップリングパーティー”ですが、ここ数年で色々なスタイルに派生しているのは、皆さんご存知の通りです。

バスツアーもあれば、料理教室の要素を取り入れたものもありと、ニーズの多様化が見えますね。

ゲーム性の高いものから、単純に会話を楽しむタイプまで様々。

どのスタイルが一番良いというのは無いと思いますので、東京にお住まいの方は数多くのお見合いパーティーから、興味があるパーティーがあれば、気軽に参加してみるのがいいと思います。

自分に合ったパーティースタイルというのは、確かにあります。

マッチング重視の方がいらっしゃれば、その場の雰囲気重視の方もいらっしゃいます。

どのお見合いパーティーも、仕事場と自宅の往復で終わっているあなたには、新しい出会いと非日常的な感覚を与えてくれます。

案ずるより産むが易し!です。

現状を変えたい場合は、今までとは違ったことをしないといけません。

選択肢は沢山あります。

どうしても、躊躇してしまう! やっぱり敷居が高い!と思われる方は、是非、NYSDのパーティーを入り口にしてみるとことをオススメします。

居心地の悪さは決して感じないはずですから秊

迷ったらGO!です!!

婚活パーティー:オープニング!

皆さん、はじめまして。
カップリングパーティー会社を始めました!

本名もリンク先のHPを見ると載っておりますが、とりあえず、ブログ上では、ニックネームでもある”ヨッシー”ということにしておきます。

 

さて、今回のブログが初回ということもあり、それに似つかわしい内容にします。

「どうして、パーティー会社を始めようと思ったの?」

多くの人に言われます。

どうやら、僕を昔から知る人ほど、想定外の仕事に思えるようです(^^;

正直、自分も気がついたら、今の状況にいました。という感じです。

元々、人になにかしてあげるのが好き!ということは自覚していましたが、物欲は人並み以下で、睡眠欲が人並み以上という感じで、起業家らしくない性格だと自分では判断しています(苦笑

 

そんな自分が、このカップリングパーティービジネスに初めて参加したのは、確か、今から6年程前のことでしょうか。

それから、途中の数年間は全く参加しておりませんでしたが、去年の夏に久しぶりに参加したところ、あまり変わっていないんですね。

大手と呼ばれる会社のお見合いパーティーに参加したものの、相変わらず”人”を”モノ”のように扱う従業員、段取りが悪く、やたらとパーティー進行に間があるシステム等々。

昨今の”婚活ブーム”で少しは一般の人から興味を持ってもらえる業種になってきましたが、これではまだサービス業としては、イマイチ。

少子化ということもあり、こういった人の縁を結ぶビジネスというのは、物凄く社会的意義があるにも関わらず、社会的な評価はもうひとつ。。

一度参加された人のリピート率が凄く高い業界ということから分かるように、カップリングパーティー自体は大きな可能性があります。

出会いの場として、もっともっと認知されれば、もっともっと多くの人の人生に深く関われる素晴らしいビジネスです。

自分が企画したパーティーで合った2人が、結婚まで行けば最高じゃないですか!

 

そのパーティーが存在しなければ、絶対に接点の無かった2人を繋ぐなんて、こんなに意義のある仕事って少ない気もします。

とはいえ、何のブランドもない”NYSD”という会社がどこまで皆さんに評価され、多くの人に関わっていけるか分かりません。

どんなにサービスとして自信があるものであっても、味わってもらえるまでは理解されないものです。

このブログを読まれた方が、少しでもカップリングパーティー、もしくは”NYSD”という会社が開くパーティーにご興味があれば、是非一度、ご参加してみてください。

このブログに来られたのも何かの”縁”です。

ここから、あなたの人生の大きく関わるような”ご縁”をご紹介できるかもしれませんので。

2009年4月

株式会社エヌ・ワイ・エス・ディ

カップリングパーティー業界とは!?

皆様、本日で第2回目となりました。

今回は、馴染みのある人には凄くあるけど、無い人には全く無いという!?カップリングパーティー業界について、お話します。

何故、馴染みがある人、無い人の差が出るかといいますと、ズバリ!リピーター率が高いんです!

つまり、最初の1度目は勇気が要るけど、1回行くと”はまってしまう”んです。

魅力は色々ありますが、やはり非日常的な空間ということが大きいと思われます。

合コンに行っている人は多いと思いますが、通常、異性は3~5人というところでしょう。

それが、カップリングパーティーでは、桁が一つ違います。

大体10人以上いれば、「少し付き合ってみてもいいかも!?」と思える人が一人くらいはいるものです。

しかし、そこは僅か3~5分程度の会話で相手が分かる訳はなく、その場で”カップル誕生”ということになってはみたものの、大半のケースですぐにどちらかが、「なんか違う!」ということになり、別れてしまうのです。輦

基本的に従来の日本式パーティーでは、一人の人としかマッチングしない仕組みになっているので、上記のようなケースで別れてしまった人は、また相手を求めてパーティーに参加するということになる訳です。

まあ、確率からいっても、そんなに簡単に「この人だ!」と思える人に出会うのは難しい話です。

しかし、1度のパーティーに、気になる人が2人いた場合、困ることになります。

「うーん、どちらも同じくらい話も盛り上がったし、見た目も悪くないし。。」

と悩んだ挙句、Aさんを選んだとします。

とりあえず、その場はAさんとマッチングしました。

しかし、1度デートをしてみると、色々と幻滅するようなことが。。。

そうすると、前回の婚活パーティーにいたBさんのことを思い出し、「ああ、選択を間違った。。ひょっとしたら、Bさんが私にとって運命の人だったかもしれないのに。。話もあんなに盛り上がったのに。。でも、今から連絡をとることも出来ないし(涙)」

ということが、多々あり得るのです。

しかし! 宣伝になりますが、東京で開催中のNYSDのパーティーではそんなことはあり得ません!

何故かというと、あなたが気になり、あちらも気になった場合には、パーティー後に、NYSDを通して”メールアドレス”が交換されているからです!

そう!パーティーで気になった人がいたら、両方選んでおけばいいんです!

そもそも数分の会話で、相手のことを深く理解できるはずは無いんです。

つまり、出会いの機会損失が無くなる訳です。

何度も何度も疲れるほど、パーティーに通うのもいいですが、より効率的に長く付き合える人をNYSDで探してみませんか?