ブログ

Speed Datingとの出会い!?(その2)

皆さん、こんにちは!

今年も残り1ヶ月!

「終わりよければすべてよし!」ということで、今年はイマイチだったと感じている方は、最後にスパートをかけましょうー!

さて、もう忘れかけていましたが(笑)、3回前のブログの続きです。

実は当初、NYSDのお見合いパーティーにも【Gazing time】を取り入れようかと真面目に検討したんですよ!

2分は長いから、最初の30秒くらいGazing Time にして、それから会話始めるシステムにしようかと。。。

結局は、あんまり奇をてらったものは、廃れるのも早いから辞めとこう…となったんですけどね(苦笑)

と話がそれましたが、Speed Dating(以下、SD)の話に戻ります。

ネットで見つけたSDですが、思ったよりも開催日が少ないんですね。

全米規模で考えると、結構あるんですけど、NYで考えた場合、月に数える程。

渡米のスケジュールを考えた際に選択できるSDを探したところ、30歳前後の男女を対象としたものがあったので、早速、インターネットで申込方法をチェック。

「へぇ~」と思ったのが、参加費。

日本と異なり、男女ともに同じ参加費(確か35ドルくらい)なんですね。

そして、名前と連絡先を入力して、クレジットカードの番号を入れて完了!と思ったら、その後、自分のプロフィールをラジオボタンで選んでいく項目が多数表示されました。

(問1)
お酒は飲む?
A、いいえ。全く飲みません。
B、そこそこ。
C、大好き。
D,魚のように飲みます! (魚が水を飲むように、お酒を飲みます!という英語的な表現ですね。)

(問2)
タバコは吸う?
A、いいえ、全く吸いません。
B,たまに吸います。
C、結構吸います。
D、煙突のように吸います。 (これまた英語的な表現ですね)

などなど。

結局、20分くらいは掛かったのではないでしょうか!?

というくらい長い質問事項に答えて、ようやく完了。

どうやら、実際のカップリングパーティーではプロフィールカードを使わずに、その回の参加者のみ、インターネット上でお互いのプロフィールが見える仕組みになっているようです。

プロフィール入力は、質問に対する選択だけでなく、アピール文も入力でき、自分の写真までアップできる優れものでした。

「よし! これで申込完了!!」

そして、成田空港~ニューアーク空港の航空券をとって、いざNYへ! と飛び立ったのです。

開催日当日、夕方8時くらいのスタートだったと思います。

ホームページに載っていた写真と同じ薄暗いオシャレなバーのB1F。

かなり緊張して、ちょっと早めの到着。

開場7時半くらいで、入場したのは、7時45分くらい。

階段を下りると、そこは薄暗く、細長い部屋で、奥にバーカウンターがあり、部屋のあちこちに設置してあるキャンドルの明かりが幻想的な雰囲気を醸しだしている、ちょっと非日常的な空間。

部屋奥にあるカウンターには映画のワンシーンのような金髪の美人系バーテンダー。

そのカウンター席には、丸坊主で40歳くらいの白人男性が一人。

どうやら、この男性がオーガナイザー(司会者)らしい。

その坊主に名前を告げて、参加者チェックをし、ボールペンと胸に貼る番号シール、そしてメモ用紙を受け取ったものの、ただ立っているのも落ち着かないので、ボトルのハイネケンを注文。

時間は経過し、8時になったものの、会場に来ている参加者の数はまばら。

結局始まったのは、8時半くらいだったような・・・

「ここでもアメリカンタイムかよ~(苦笑) 」

その3に続く・・・

褒め言葉って!?

こんにちは!NYSDスタッフのMEGです。


突然ですが、みなさんにとって今までで一番嬉しかった褒め言葉って何ですか?

私は、昔バイトしていたライブハウスで先輩に言われた、
『メグちゃんはその笑顔があればどこへ行ってもやっていけるよ。』という言葉です。

自分の笑顔に自信がなかった私も、その言葉をもらって以来
とにかくいつも笑顔でいよう!と前向きな気持ちになれました。



人は、怒られたことよりも褒められたことをよく覚えているものだと思います。

そして、言葉と一緒に、褒めてくれた人の事をずっと覚えているものです。



これって、パーティーでも有効に使えるのでは!?



このブログでも何度も書いてきましたが、パーティーではとにかく
相手の方に「印象を残す」ことが大事になります。


特技でアピールする。覚えてもらいやすい目立つ服で参加する。
プロフィールカードに書く内容を工夫する・・・などなど、方法はいろいろ。



その中に「相手を褒める」という作戦、加えてみませんか?



いくつになっても、相手が誰でも、褒められるのって嬉しいものです。
褒められた記憶は、あなたの名前とともにきっと相手の心に残るはずです。




とはいえ、人を褒めることって難しいですよね。

特に日本人は照れ屋な人が多いので、より褒めることが少なくなりがちです。



相手の外見的な特徴などを褒めるのは裏目に出る場合もありますし、結構恥ずかしいので
まずはプロフィールカードの内容から「褒めポイント」を探してみませんか?


「『〇〇さん』て、いいお名前ですね!」

「ご趣味はお料理ですか?家庭的で素敵ですね!」

「〇〇区にお住まいなんですか?自然が多くていい場所ですね!」



・・・などなど。
話のきっかけになれば、内容は何でも構わないと思います。



この作戦、きっとあなたが思っている以上に効果を発揮するはずですよ!
ぜひ次のパーティーで使ってみて下さい☆




あ、うまく行ったら、ぜひ私たちに教えて下さいね(^_-)

【カキコミ】歓迎!?

皆さん、こんばんは!

すっかり寒くなりましたね。

いよいよ冬用のコートの出番です!

そういえば、今週末からマルイでも「10パーセントOFF!」のバーゲンが始まるみたいですよ。

夏が長かった分、そろそろ取り返さないと!という感じでしょうか!?



さて、NYSD婚活パーティー東京で最初に開催したのは、2009年5月31日。

最初は、月1回開催で、場所は新宿ワシントンホテル。

あれから、1年と半近く経ちますが、とりあえず“新宿”と“銀座”で開催するようになっていますね。

最初は、男性の申し込みが先行するばかりだった状況が、今では女性先行になっています。

始めた当初、インターネット広告を出しているところの社長さんに、

「女性参加者がなかなか集客できなくて、毎回困っています。」

とお話したところ、

「最初はどこもそうですよ。女性は口コミのネットワークが凄いですから、そのうちお友達を誘って参加してくれるようになりますよ。
逆に、男性の集客の方が難しいですよ。男性は、そういった話をお友達に教えるという習性があまりないですから。」

と言われました。

なるほど。。。

それは、お見合いパーティーに関わらず、物事全般に言えることかもしれませんね。

ただ、インターネットを含んで考えると、話は変わってきていると思います。

例えば、価格ドットコム。

あれって、男性の書き込みの方が多いんじゃないでしょうか。

つまりは、実際に人と会っての伝達よりも、インターネットなどの媒体を通しての伝達の方が男性好みだということでは!?と勝手に仮説を立てています。

実際、男性の方がインターネットでの情報収集能力&活用能力は高いですからね。


そういった意味でも、NYSDとしてインターネットを通した情報発信に力をいれていかなくてはいけないんですけどね。

しかし、結構、宣伝広告って難しいんですよ!

単純にパーティー関係を扱っている所へ広告掲載数を増やせば良いものかと思っていたら、普通に自社ホームページへリンクしたバナーを貼っても、クリックする人って凄く少ないんですね。

そういったこともあり、NYSDとしては、参加者して頂いた方々に、SNS(Mixiなど)・パーティー関係サイト・掲示板などへの、書き込みは歓迎ですね。
(参加されたことの無い方に書かれるのは、ちょっと遠慮させて下さい(苦笑))

よく「悪い噂がたつと困る」という企業が多いですが、NYSDとしては、実体験ベースの書き込みであるなら、良い事は素直に喜べるし、悪い事も改善点として活かしていけばよいわけだし!と考えています。

という訳で、本当ベースであれば、良いも悪いも”カキコミ”歓迎です!

もちろん、料理と同じで、100人が100人「素晴らしい!」というものは無いと思ってもいますので、回数が増えるにつれて、多少炎上することもこの先あるかもしれませんね。

参加者数が増えると、もっと年齢枠を細かく切って、より参加者にご満足頂けるようにパーティーシステムを改善していきたいとも思っていますので、書き込みによりお力添え頂けると大変嬉しいです!

今後とも、NYSDを宜しくお願い致します m(_ _)m

【NYSD】新プランについて

<<参加者の推奨年齢設定についてのお知らせ>>

皆さん、こんばんは!

早速ですが、お見合いパーティーにおいて一番要望の多い<推奨年齢>について、若干変更致します。

これは正直、今現在もかなり悩んでいます。

現状でも、他のパーティー会社と比べて、それほど年齢枠は広くないと思うのですが、年齢枠について改善のメールは、ちょこちょこ頂きます。

まあ、当然と言えば当然ですよね。

「異性が20人います!」って言われて参加してみたものの、恋愛対象外ばかりの人では、あまり数の意味がない。

「じゃあ、年齢が(比較的)高い人達と、低い人達で分ければいいだけでしょ?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、自分も開催する前は、そう思っていました。

しかし・・・

恥を偲んで申し上げれば、年齢層分けに過去2回ほど失敗して、直前キャンセルをしたこともあります(涙)

問題の根本的な部分として、「男女の恋愛対象として希望する年齢枠が、かなり異なる」ということがあります。

一般的に、女性は男性よりもOKの年齢幅が上下広いのに対して、男性は下に対して広い傾向があります。

しかし、それは「条件として聞かれれば・・・」と答えるというレベルの人が多いことも判明しています。

簡単に言えば、データ上ではちょっとお断りに傾いているけど、実際に会ってお話すると「全然アリ!」というケースですね。

これは、実際に会ってお話する婚活パーティーの特徴であり、メリットだと思っています。

そういったニーズを汲み取りながら、最適な年齢枠を考えております。

もちろん、参加者全員に満足して頂くのは無理だと思いますが、満足度の最大公約数を見つけたいと思っています。

前置きが長くなりましたが、その結論として、新しく2つの年齢枠を設けることにしました。

これが確定!という訳ではなく、変わる可能性も高いのですが、現状よりも満足度の高いパーティーを作り上げるために挑戦してみようと思います。

で、新しい枠ですが

【プランA(仮名)】
男性・・・20~30歳
女性・・・20~29歳

【プランB(仮名)】
男性・・・30~39歳
女性・・・28~36歳

を設定しました。

男性は「30歳」、女性は「28、29歳」をダブらせています。

今までパーティー内でのアンケートにご記入頂いた結果や、マッチング率を考慮しての設定です。

もちろん、上記は今までと変わらず<推奨年齢>となっていますので、対象外からの参加もOKです。

当然、31歳、32歳くらいの男性だと、「付き合う相手は、絶対20代じゃなきゃヤダ!」という人もいらっしゃるでしょう。

32歳くらいまでであれば、20代女性から全く相手にされない…というケースは多くないかと思いますから、「どうしても!」という方は、対象外からの参加も良いのではないでしょうか。

逆に、自分が女性で、26、27歳だったとしますと、「20代の中に埋もれるよりは、30代側のパーティーに参加した方が全然人気者になれる可能性が上がってくる!個人的にも年上もOKだから。」と考えることもアリだと思います。

一方では、男性としては、敢えて対象外に自分から参加するよりも、自分の対象枠内に“参加して来られる”女性の方が、当然マッチング率が上がってくることでしょう。

今までの開催結果を見た限りでは、男女ともに年齢が6、7歳以上離れた相手に対しては、Yesを○する人がかなり少なくなる傾向があるように見えます。

そういった意味も含めての年齢設定になっていますので、柔軟に考えて頂ければと思っています。

ただ、ホームページのQ&Aにも記載しておりますが、他の参加者の方々は、異性の<推奨年齢>を参考にお申込されますので、<推奨年齢>を大きく外れての参加の場合には、居心地の悪い思いをすることも有り得ますこと、予めご了承ください。

婚活パーティーにおいてステキに見える振舞い方!?

みなさん、こんにちは。
朝晩はもう寒いくらいで、すでに暖房なしではいられない・・・スタッフのHanaです。

今回は、素敵に見える振る舞いや身のこなし術について、少しお話したいと思います。

顔やスタイル、ファッションやメイクなどと同じくらいに、第一印象に大きく影響するのが、
立ち居振舞いや身のこなし方なんですね。

NYSDのパーティでは、女性は座ったままで、ほとんど動きませんから。
今回は 『着席のシーン編』 としてみます。

まずは、座り方について。

女性に座っていただく席は、ソファータイプのゆったりした椅子の場合が多いのですが、
背もたれには背中をつけず、少し前寄りに座ると姿勢が崩れにくくて凛とした印象になりますね。

脚は、組まないこと!

そして、ポイントになるのが”魅せる角度”

ご自身の顔の左右で、自分がよりキレイに見える側や角度を知っていますか?

顔のつくりは左右で表情が微妙に異なるんですよね。

ぜひ鏡とにらめっこして、ここ!という角度を見つけてください!

パーティでは、基本的に男性と正面向きで座る形ですが、会話中にさりげなくご自身の”魅せる角度”を多く向けるようにするといいですね♪

次に、視線について。

人の目をみて話すのは、コミュニケーションの基本と言われてますが、ずーっと見続けてると逆に疲れてしまいませんか??

もちろん相手の目を見て話すのは大事なことです。

ポイントは、会話中のさりげない視線の外し方なんですね。

下の方に、伏し目がちにすると良いですよ。

左右や上の方に視線をはずすと、会話がつまらないのかな・・・と相手に思われてしまったり、落ち着きがない印象を与えてしまいます。

この他にも、ドリンクの飲み方や、手の位置や動かし方など、
ここには書ききれないくらい色々と素敵に魅せるポイントがあるんです。

機会があれば、ご参加いただくパーティ会場で、空き時間にもっとお伝えできれば・・・と思います(^^)

婚活:Speed Dating との出会い!?(その1)

皆さん、こんばんは!

すっかり寒くなりましたね。

それもそのはず、今年も後残り2ヵ月を切っていますからね。

「今年は何を得られたのかなぁ~」

と、ちょっと早めの自己採点をボンヤリと考えていました。

そんな中、ふと、Speed Dating(以下、SD)との出会いを辿っていました。

最初にその存在を知ったのは、海外のTV番組だったと記憶しています。

ちょっと薄暗いバーで行われている、一見すると着席型の飲み会にも見えました。

そこにTVカメラが入ると、異様なテンションの高さで、参加者は男女を問わずカメラに向かってポーズをとっていました(笑)

もちろん、モザイクなどは掛かっておらず、純粋にSDを楽しんでいる様子。

流石に、東京で同じ盛り上がり方っていうのは、無いですよね。

基本的に、私自身があまりバーなどに出入りする方ではないこともあり、テレビを通してですが、その雰囲気に圧倒されました。

もちろん、そのときにはこのパーティーを日本で自分が開催するとは、全く思ってもみなかったんですけど。。。(笑)

******************

それから、1年半後くらいでしょうか。

「日本式のカップリングパーティーって、何か満足感が無いよなぁ。機会損失も大きいし。もっと良いシステムがあるんじゃないかな~」

と思い始め、参加する側から開催する側へと意識が変わっていった訳です。

そして、「そもそも、SDってテレビでちょこっと見ただけで、参加したことも無いし、詳しくは知らないな。」と思い、NYで行われているSDをインターネットで調べてみました。

ふーん、結構、色々な場所でやっているんですね。

流石に日本のカップリングパーティーのように、毎日同じ場所では開催していないようでしたが。

それよりも特に印象的なのが、“参加推奨資格”の部分。

日本のように“ほぼ単一民族”で構成されていないこともあり、参加対象者の区分けが、面白い!

・    宗教別(ユダヤ教の方だけ)
とか
・    ゲイの方対象
とか
・    黒人限定

といった具合で、日本で有り得ない区分けも目に付きました。

他にシステム的に興味深かったのが、
「Gazing Party」と呼ばれるタイプのSDもあること。

Gaze という単語は「じっとみつめる」という意味です。

つまり、言葉無しで、お互い2分間ほど、じっと見つめあう!というパーティースタイルです。

人間のコミュニケーションの大半は、非言語の部分だというのは周知の事実で、視覚に特化することにより、お互い深い理解が生まれる・・・かもしれないというものです。

さっき会ったばかりの人と、じっと数分見つめあう・・・もちろん、社交的なアメリカ人にとっても、非日常的なシチュエーションです(笑)

まあ、この段階でお互い居心地が良いのであれば、「何も言うことはありません。もう、付き合っちゃってください!」となりますよね(苦笑)

とか言いながら、実は当初、NYSDにも取り入れようかと真面目に検討したんですよ!

2分は長いから、最初の30秒くらいGazing Time にして、それから会話始めるシステムにしようかと。。。

長くなってきたので、次回の<その2>に続きます。