ブログ

【婚活】について【コストパフォーマンス】を考えてみる!?

こんにちは!

東京と横浜で婚活パーティーを開催中のNYSDスタッフのMegです。

突然ですが、みなさん婚活における「費用対効果」って考えたことありますか?

ビジネスにおいてはよく言われるこの「費用対効果」という言葉。

婚活にだってちゃんと存在するのです。

例えば、出会いを求める人がまず手始めに参加する「合コン」。

食事の延長で気軽に参加でき、費用もさほど掛からないので魅力的ですが、結婚に繋がる出会いを求めているならばこれほど非合理的なものはありません。

恋人がいるかいないか分からない状態から始まり、当たり障りのない会話で食事だけが進み、気に入った相手がいても連絡先も聞けないまま終わることも多々あります。

それでも費用だけはしっかりかかり、男性で1万円弱、女性で0~3000円といったところ。

そして、なかなか次に繋がらない。 私の周囲でも、合コンから結婚に発展したという例は極めて少ないです。


では、お見合いはどうでしょう。

お互いに結婚を考えている同士ではありますし本気度は測れますが、仲介人さんに支払う金額 、当日の食事代など、合コンの比ではない費用がかかります。

当然一回に会えるのは一人だけですし、上手くいかなかった場合かなりの痛手になります。


そこで、NYSDのカップリングパーティーをお勧めしたいのです。

多くのお見合いパーティーでは女性を無料にしていますが、NYSDでは1500円程の参加費を頂いています。男性の参加費は6000円程度です。

安くすれば沢山の人が参加するでしょうが、その分参加者の方の本気度も下がってきます。

この料金設定により、NYSDのパーティーは真面目な方が多いと好評を得ているのです。

お見合いや合コンと違い、一度に沢山の方と出会うことができ、直接相手にメールアドレスを聞く勇気がない、という方でもマッチングすれば自動的にメールアドレスをゲットすることもできます。

NYSDの参加費を見て「高い」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、一度参加して頂ければそんなことはないと分かって頂けるはずです。


婚活も費用対効果を考える時代。

NYSDはスマートなパートナー探しを応援します!

『婚活』と『占い』!?

 

さて、今回のテーマは、『占い』です。

「占い」といえば、女性の専門分野という感じがする人も多いのではないでしょうか!?

実際、有名な占い師に行列を作っているのは、大概女性です。

しかし、もっと大きな視野でみてみると、経営者の方で占いを利用している人って、結構多いんですよね。

そう考えると、「占い」=「女々しい」と考えるのは早計だと思いませんか?
私の周りに占い好きな人や、プロの占い師がいることもあり、色々な話を聞く機会がありました。

占いにも色々あるけれど、いわゆる「統計学」の応用なんですね。

もちろん、「霊感」のある占い師もいらっしゃるようで、その霊感利用の割合は人様々なようですが、統計に裏付けられた「運命学」というベースがあってのお話という感じです。

 

で、自分が興味あるのは

1.「占いはそもそも当たるのか?」

2.「占いはどういう風に利用するのが、正しいのか?

ということですね。
さて、1つずつみていきましょう。

まず「占いは当たるのか?」というと、「統計学なので、当たりやすい」と言えるようです。

この話を聞くと、いつも自分の中で連想されるのが、昔ながらのゲームコーナーにある「ピンボール※」ですね。
※傾斜した盤面に金属の玉が転がっていくおなじみのゲームです。
まるで「ピンボール」の盤面に打ち出されるボールのように、最初の一打でルートが決まるように、
人間の人生も「何処に、どんな環境で、どのタイミングで産まれてくるか」によって、人生の大半は決まってくるという訳です。

人によっては、「生まれた段階で、人生の9割は決まっている」という人もいるくらいです。

 
多くの占いで使用される情報は
「名前」「生年月日(生まれた時間を含む)」「生まれた場所」あと、両親の名前とかでしょうか。
となると、「生まれた瞬間にほぼ全てが決まるのであれば、あんまり頑張る意味って無いのでは!?」という結論になりそうですが、それすらも込みでの話となると、
鶏と卵の話のように、何がなんだか分からなくなりそうです(苦笑)
これは、「上記2」の話に繋がってくるのですが、占いから出てくる情報の利用の仕方でしょう。

人間の運勢は、誰にでも「良い時」と「悪い時」があります。

それを占いによって、「良い時」には少しでも多くの利益が出る動きをし、「悪い時」にはじっと静観してダメージを少しでも少なくするのだ!
という人もいれば、

「いやいや、そうじゃない。人生の岐路で迷った時に、正しい方向に導いてくれるのが占いだ!」

という人もいらっしゃいます。
どちらが本当なんでしょうか?
まあ、これは結果論であり、証明することはできない議題なので、本人の解釈次第でしょう。

 

さてさて、ここからは完全に私個人の話になります。

最近占ってもらったのは、「紫微斗数占星術」というものです。

日本ではまだまだマイナーな占いだそうですが、台湾や中国では人気になっているようですね。
必要な情報は、「名前」と「生まれた場所」、そして「生まれた時間」。

生まれた場所はともかく、「生まれた正確な時間」なんて覚えている人は稀じゃないでしょうか!?

自分の場合も親に電話をして調べて貰い、判明しました。
で、占ってもらった結果としては。。。
「(今までのところ)かなり当っていました!」
色々と質問したところ、大体良いことを言われるので、思わず

「皆さんに良いことばかり言っているんじゃないですか?」と質問しました。
そうしたところ、

「うーん、そうでもないですけど、そもそも占って欲しいという方には良いことをお伝えすることが多いですね。

恐らくなんですが、自分から占って欲しい!という方は、潜在意識の中で人生が上向きになっているのを感じている人が多いからだと思います。

一方、占って欲しくない!という人は、なんとなく人生が下向きになっているのを感じていて、拒否されている人が多いように思いますね。」

とのこと。
なるほどー。
とりあえず、良いことを言われた場合は、信じるのが良いと思いますね。

「自分の人生は●●の方向に向いていて、良い結果となる」と強く思い込めば、本当に実現しますからね。

例えば、「あなた、11月はモテキです!」と言われれば、そのモテキを最大限に活かすべく、様々な出会いの場所に出かけていくというのが、良い結果をもたらすように思います。

とはいえ、最終的にはそこは自己責任であり、取捨選択だとは思いますが。

 

最後に、何の本だったか忘れてしまいましたが、印象的な言葉だったのでご紹介させて頂きます。
(※正確には違うかもしれませんが、内容はこんな感じでした)
『貧乏人は占いを盲信する

百万長者は占いを信じない

億万長者は占いを利用する』