ブログ

みんな何故結婚したいの?

最近、若者向けのアンケートによると、「結婚したくない人が増えている!」のだそうです。

一方で、結婚相談所の方が書いているブログなどを見ると、「87%以上の人が、できれば結婚したいと考えている!」というアンケート結果もあるそうです。

どちらが正しいのでしょうか?

ひょっとしたら、10~20代の若者は「60%くらい」の人しか結婚願望がなくて、30代後半になると、大きく割合が増えるのかもしれません。

若いうちは周りも独身だらけですから、休日はもちろん、平日の夜も集まってワイワイすることが可能なので、それほど退屈な時間というのも少ないでしょうね。

しかし、だんだんと遊びにく連れも少なくなり、たまに会っても会話の共通性が無くなってくる。

そして、さらに仲間内の中で既婚者の割合が過半数を超えてくると、疎外感というのはどうしても感じてくると思います。

「対人関係が苦手」という人も、話が合う人とは一緒にいて楽しいものです。

人はコミュニケーションの生き物ですから、今日あった良かったこと、悪かったことは、気心知れた人と共有したいものなのです。

人に話すというのは、精神衛生的に物凄く大事なことだと思いますね。
教会の「告解(懺悔)」など良い例ではないでしょうか。ずっと自分の胸の内に秘めていると、場合によっては頭がおかしくなってしまいます。

ちなみに、私の周りの50歳以上の既婚者or未婚者に、結婚について意見を聞くと、(別に質問して聞いた訳ではないのですが、一方的に話されたこともあり)

男性Aさん
「若い頃は、別に一人でいることも何とも思わなかった。元々バックパッカーをやっていたこともあったし、むしろ気楽とさえ思っていた。でも、40歳を前にしたあたりからかなぁ。一人旅をしていても、なんだか寂しいんだよ。
なんだかんだ言っても、一人旅よりも二人旅のほうが絶対楽しいよ。
趣味というのは、たまにやるから楽しいのであって、いつもそればかりやっていると、やっぱり飽きる。」

男性Bさん
「月並みはセリフだけど、一人の食事は味気ないよな。それが高価なものであっても。
歳をとるにつれて、何を食べるか?ではなく、誰と食べるか?になってくるよ。
そしてもちろん、どこに住むか?ではなく、誰と住むか?という気持ちにもなってくる。
一人で60㎡の豪華マンションに住むよりも、好きな人との30㎡のアパートの方が、全然生活が楽しいよ」

男性Cさん
「若い頃はなんとも思わなかったんだよなぁ。
それが、50歳くらいになると、一人家に帰るのが淋しいんだよ。
いや、多分、40歳の頃にも感じていたと思うんだけど、男が淋しいなんて言うのは恥ずかしいという気持ちもあって、敢えて思わないようにしていたけど、50歳になるともう強がれないな(苦笑)これで病気なんかしたら、最悪だろうな」

男性Dさん
「世の中では、結婚しない人が増えているけど、絶対結婚はした方がいいよ!
みんな子育てについては色々言うけど、俺に言われせれば、子育ては最高の娯楽だったよ。
今はもう成人して、家を出て行っているけどね。」

多分、周りにこんな人ばかりの環境にいたら、自然と「自分も結婚したい!」と思う人が多いのではないでしょうか。

絶対知っておくべき!婚活パーティーでの話し方

最近、異性への話し方の専門家でもある、結婚相談所の方とお話する機会がありました。

そこでその方が言われたのは、「皆さん、ただお話しているだけなんですね」と。

というのが、婚活パーティーでお互いにそれなりの好感をもって、連絡先を交換したはずなのに、次回デートまで漕ぎつけない人が多いというお話をしていたのです。

大半は男性へのお話ですが、女性へのアドバイスにもなります。

さて、ここで少し話が飛ぶようですが、営業マンについて、少し語ってみたいと思います。

一応、全国でもトップレベルの営業マンから聞いた話なので、多少なりとも参考になると思います。

新人営業マンとして働きはじめると、よく先輩営業マンと同行することがあります。

特に、社内でもトップの営業成績を誇る先輩と行く時には、少しでも技を盗もうと一挙手一投足に目を配るでしょう。

そこでちょっと生意気な新人は、「確かに説明は上手だけど、これだったら俺でもすぐにできるな」と思ったりするのです。

そして、実際に今度は一人でお客様の所へ伺った折に、同じようにやってみせるのです。

しかし。。。

「あれっ、先輩と同じように喋っているのに、契約が取れない!何故だ?何が違うんだ?」

となるケースが非常に多いのですね。

それには当然理由があります。

結論から言えば、「点」と「線」の違いを意識していないからなんだそうです。

新人は先輩の「点(その場の喋り)」だけを見ていますが、売れる先輩営業マンは、「線(契約までの流れ)」を考えてお客様との話をしているのです。

必然的に、契約までを考える際には、お客様から色々と聞いておかなければいけないことも出てきます。

かといって、こちらの都合ばかり優先した質問だけをしていると、お客様との距離感を縮めることができません。

そうやって、アポイントの段階から、契約・納品までの過程において、様々な伏線をはっているのです。

話を一番最初に戻します。

結婚相談所の方がデートまで漕ぎつけない人の欠点として指摘したのは、
「パーティー内において、ちゃんとデートまで考えた話ができているか?」ということなのです。

その場の好印象アップだけを考えるのではなく、カップリング・マッチングした際に、パーティー会場での話を伏線とすることができなくてはいけないというのです。

そうしないと、いざマッチングした際に、ただ「来週の土曜日、お茶でもどうですか?」という、誘い文句になってしまい、もし予定が合わなければ、「じゃあ、次はいつ大丈夫ですか?」という流れになり、相手としてはプレッシャーであり、少々怖いという印象を持ってしまうのです。

では、具体的にどうすればよいのか? というと、会う理由を事前に作ってしまうことです。

営業で言えば、

営業マン「使い勝手が良くなり、月額費用も安くなるようなら、新しく替えることに問題はないですよね?」

お客様「まあ、そうだね。」

というような言質をとることです。

人間、自分で言ったことに関しては、責任を感じるものです。

例えば、パーティー中の会話で、

相手の女性「スイーツが大好き!」

と言った場合、

男性「東京で一番おいしいスイーツ知っていますよ!モンブランなんですけどね。●●にあるんですが、ご存知ですか?」

相手の女性「いえ、知らないです。本当にそんなに美味しいんですか?」

男性「ええ!自分だけでなく、周りの女性もそういっているので、間違いないと思います。是非、一度ご案内したいです」

相手の女性「是非!」

最後の「是非」は社交辞令かもしれませんが、もし、マッチングした場合、上記のお店に行きましょうとなれば、自分で「是非」と答えているのですから、通常簡単には断れないでしょう。

心理学でいえば、「一貫性の法則」ということになるのでしょうが、まあアカデミックな話はさておき。

自分が女性の場合でも、もう一度デートしたいという男性には、デート中にそういった話を盛り込む必要があります。

そして、そのデートの中で次回の約束まで取り付けるのが、上策でしょう。

別れてから、再度メールでやり取りして会う場所を決めようとすると、相手がそれほど自分に夢中ではない場合、そのままフェードアウトしていく可能性が大ですから。

関係が続かないという人は、上記のことをちょっと考えてみましょう。

「結婚できる」と信じることが大事であると、証明された!?

ここ数年、すっかり有名になった「引き寄せの法則」。

この法則を簡単に言えば、人間は頭にリアルに思い描けたものは、リアルの世界でも引き寄せるというもの。

要するに、「思考は現実化する」という訳ですね。

 

例えば、レクサスという車が欲しいとします。

本当に欲しいと思ったら、レクサスに関する資料やら写真をいつも眺められる場所に貼って置き、実際に試乗もしてみる。

そして、あたかもレクサスが手に入っているかのように振る舞うことによって、あとは時間の問題ということになるのです。

 

勿論、引き寄せの法則を試してみて、実際に願いの叶った人もいれば、叶っていない人も沢山います。

ただ上記の方法を試すのではなく、ちょっとしたコツもあるとかで、様々な本も出版されていますね。
そんな中で、ナショナルジオグラフィックが面白い実験を行いました。

*************************
実験ではまず、道行く人々に対して、自分を幸運だと思うか、不運だと思うかを訊ねた。

次にそれぞれに新聞を渡して、10秒以内にこの新聞に載っている写真の数を数えることができたら、20ドルの賞金をプレゼントすると伝える

 

驚くべき結果となった。

自分を幸運だと思っている人は、不幸だと思っている人に比べて、賞金を獲得する人数が3倍も多かったのだ。

 

その秘密は、物事に対するアプローチの仕方にあるようだ。

実は、新聞の2ページ目に、ナショジオのホストが写っている写真があり、“インタビュアーに7枚の写真を見たと答えれば、20ドル獲得できます”というヒントを与える吹き出しがついていた。

自らを幸運だと思っている人々は、この吹き出しに気づく確率が高かったのだ。
このナショナル・ジオグラフィックの実験は、実は、有名な心理学者リチャード・ワイズマン氏が以前に行った実験を真似たものである。

ワイズマン氏が行った実験でも、自らを幸運だと考える人が実際に幸運をつかむ結果となった。

 

ワイズマン氏は、自著『運のいい人の法則』の中で、「幸運な人々は、人生において新しい体験を進んで受け入れる。(中略)彼らは慣習に縛られることが少なく、予想外のことを好む。」と述べている。

同氏はまた、自分は幸運だと考える人は、人生のあらゆる場面で幸せをみつける傾向にあるとも指摘している。

逆に、自分を不運だと考える人は、人生のあらゆる場面で不運にみまわれるという。ついていないことばかり常に考えてしまうからだそうだ。

(引用元:カラパイア(不思議と謎の大冒険

 

****************************

 

心理学で言えば、「シナリオ効果」と言うらしいですが、自分の描いたシナリオに沿って行動し、結果が伴ってくるということです。
これは婚活でも言えることかもしれませんね。

「どうせ自分なんか・・・」というイメージをしている人に、素敵な異性が現れる訳がありません。

仮に現れたとしても、卑屈な人に惹かれる人はいませんから。
むしろ、「自分はきっと理想に近い異性と結婚できる!」と信じて行動すべきであるというのが、上記の実験で証明されています。
色々な分野の成功者が、「自分を信じることが大事だ!」と言うのは、実は自分を信じることにより、その場の瞬発力が上がり、一瞬のチャンスを逃さなくなるからなのかもしれませんね!