20160221銀座1
皆さん、こんにちは!

2月も後半に入りました。

先週の日曜日は、「バレンタインデー」。

そして来週の日曜日は、「東京マラソン」です(笑)

何故、(笑)なのかと言うと、NYSDと東京マラソンは、ちょっとした因縁があるのからなのです。

いや、因縁というよりも、こちらからの一方的な言いがかりですかね(苦笑)

 

20160221銀座2東京マラソンが始まって数年ですが、何故か東京マラソンの日は、NYSDへの参加者が少ないのです。

別に、それほど多くの人が東京マラソンに参加している訳ではないと思うのですが、不思議と東京マラソンと開催日が被ると、顕著に参加者数がダウンするのです。

ひょっとしたら、NYSDだけでなく、東京中の婚活パーティーが全部同じかもしれませんが。。

という訳で、敢えて今年の開催日である「2月28日」は外しました。

さて、そんなどうでもいいネタから始まりました今回のパーティー報告ですが、2月21日本日のNYSDお申込み者数は、男性17名、女性20名でした。

特に今回は、直前まで参加者数が読めない展開で、5対5とかになったらどうしよう!?と心配していたのですが、結果としては開催日直前に男女ともに大きく伸びて、結構賑わいのあるパーティーとなりました。
20160221銀座3

参加者の年齢層も、いつになく幅がありましたね。

特に女性参加者の方で、NYSD初期の頃から時折参加してくださっている方から、全くの新規という方も多くいらっしゃり、なんだか感慨深いものがありました。

思いだせば、NYSD最初のパーティーは、2009年の初夏でした。

新宿ワシントンホテルでの開催で、そこから数か所の開催場を経て、今に至ります。

月1回の開催から、月2回開催にし、月4回開催となり、気が付けば100回以上開催していたのですね!ちょっと驚きです。

こういったパーティー開催は、他のサービス業とは異なった特殊な部分があり、スタッフは「あまり参加者の方と親しくなってはいけない」、「親しく振る舞ってもいけない」というのがあります。

お問合せなどのメールではともかく、会場内で特定の方と親しくしていると、「あの人、サクラかしら?」とか、「あの人、このパーティーによく参加しているかしら?」などと色々あらぬ疑いがかけられる可能性があるからです。

 
20160221銀座4私、個人的には話好きな方なので、色々とお話してみたいと思ったりもするのですが、そういう訳で敢えて距離を置くように意識しており、「いつも素っ気ない態度だな」と思われた方がいらっしゃれば、申し訳ございません。

開催しながら思ったことは、時折このページや、ブログなどに書いていますので、ご参考になれば幸いです。

それにしても、「婚活」って人それぞれ考え方や必勝法が違うものですね。

参加する側から、開催する側に移ってみて、気づくことも多々あります。

正直、婚活パーティーというある意味特殊な環境で、相手からYESを貰うというのは、多くの人にとってそれほど難しくは無いと思っています。

もちろん、ファッションだとか話し方だとかポイントを押さえておけば…という条件は付きますが。数分間のプレゼンテーションと同じなので、対策次第だと思います。

本当に難しいのは、2度目、3度目に会うデートでしょう。(ちなみに、NYSDでは会場内での出会いが1度めのデートというコンセプトになっています)

そこは付け焼刃では通じない世界なので、地道に恋愛力を上げていくしかないと思います。でも、それが本当の意味での「幸せな結婚生活」に近づくことにも繋がると思っています。