ブログ

マッチング率を10倍にする方法(その2)


皆さん、こんにちは!

ヨッシーです♪

いやー、いよいよ桜の時期ですね。

この調子でいけば、恐らくは4月最初の土日は満開っぽいですね。

夜桜をカップルで・・・素敵ですよね~

人間、歳をとってくると、「どこに行くか?」ではなく、「誰と行くか?」が重要になってきますよね。

是非、そのお手伝いをNYSDにさせて頂けば、凄く嬉しいです!



さて、前々回の続きを。

メークアップといっても、色々ありますよね。

雑誌CanCamやViviに出てくるモデルさんのようなモテメイクもあれば、飛行機の添乗員のようなメイクもあり、一方ではナチュラルメイクと呼ばれるものもある。

では、「出会いのパーティーには、どういったメイクがいいの?」


極論から言えば、その人に合ったメイクがいい!ということになるのですが、ちょっと視点を変えて、“傾向”をお話しますね。

人間、どういった人に親近感を持つのか? というと、“自分と似た人”に対して持つ訳です。

なので、初対面の会話のコツとしては、自分と相手との共通点を探して、盛り上がるというのが定石な訳ですね。



では、メイクは?

男性は基本的にメイクアップしないので、自分と似た人という訳にはいきませんよね(笑)

しかし、女性にとって“メイク”と“ファッション”はかなり密接な関係があります。

ファッションセンスはいいのに、メイクは全然ダメ。。 という人は稀ですよね。

大体、メイクアップのレベルと、ファッションのレベルは均衡しているように思います。


ちょっと話が外れましたが、何が言いたいかというと、男性の女性に対する好みも同じように関連性があり、男性のファッションを見れば、好みのタイプも分かる訳です。

地味な格好している男性が、「ギャル系の人が好み」っていうケースが少ないように、相手に求める“雰囲気”を自分も体現していると言えるのかもしれません。



では、「カップリングパーティーでは、どういったメイクとファッションが受けるのか?」

これは会場や参加者の属性などにより、若干異なってきますが、一般的には“フェミニン”な格好・メイクの受けがいいですね。

一方、バーなどで行われる“異業種交流会”系だと、少し派手にした方が受けが良くなります。

注意すべき点として、「自分はどういったタイプの男性を惹きつけたいか?」によって、醸し出す雰囲気を考える必要があります。

それを間違えると、「雑誌を読んで、一生懸命メイクの練習して、モテ系のファッションで挑んだのに、“チャラい”男ばっかり近寄ってくるの(涙)」ということになります。


しかし、「ナチュラルが一番!」というのは、たまたまうまくいった人が言えば良いセリフであって、何事もある程度の演出(努力)というのは必要だと思います。

例えるなら、魚を釣るにも、ただ「魚を釣りたい!」ではなく、それは“海魚”なのか、“河魚”なのかをはっきりさせて、釣り場所と餌を選ぶ必要があります。

ひょっとして、“海魚”を釣りたいのに、河に行ってませんか?