ブログ

マッチングその後!?(その3)


皆さん、こんばんは!

ヨッシーです。

梅雨ということで、蒸し暑い毎日にうんざりですね。。

でも、素敵な彼氏・彼女ができた!という人にとっては、梅雨時期すらも楽しい毎日♪ なのではないでしょうか(羨)


さて、前回、前々回に引き続き、パーティーでカップルになったのに、続かないことが多い男性に送るアドバイス!?(その3)です。




3つ目は、「何を考えているのか、良く分からない人」はダメ!

もっと具体的に言えば、「自分(女性)に対して、恋愛感情を持っているかどうかハッキリしない人」はダメ!

これって、数から言えば、凄く多いんじゃないでしょうか。

“草食系”という言葉が流行していることからも分かる通り、恋愛に対して奥手、コミュニケーション自体が苦手な人達って多いですよね。

完全に“草食系”という訳ではなくても、「どちらかと言えば、草食」というグレーゾーンにいる人の特徴として、気持ちをストレートに出すのが苦手。

女性としては、「一緒にいて、楽しいか?」と言われれば、「話題も豊富だし、優しいから、それなりに楽しいよ」と答えるかもしれません。

しかし、「恋愛に発展しそうな関係を予感できてる?」という質問に対しては、「あっち(男性)に聞いてください!」と(苦笑)


解決策としては、別に難しいことじゃないんですよね。

相手の良いところを見つけて、ただそれを口にすればいいだけ。

“難しいことだ!”とか、“心に響くことを言わなきゃ!”という変な思い込みがあるから、おかしくなるんですね。

会話の中で、さらりと気負わずに言えばいいんです。

女の子は脳の仕組みから言って、男性よりも嘘を見抜く能力が優れているそうです。

だから、本当に思っていることをストレートに口にすれば、たとえどもってしまっても、気持ちは伝わります。

「褒める ≒ 好意を持っている」ということになりますから、正直に褒めてあげれば、相手も自分が好意的に思っている気持ちを理解してくれます。

それを全くせずに、“映画の話”や“テレビの話”、“経済の話”ばかりしていたのでは、「今後の見込み無し」として、関係を打ち切られるのも仕方ないですよね。

特に女性は20歳後半になってくると自分の年齢・時間に敏感になり、「今からムダな恋愛はしたくない!」という気持ちが強くなってくる傾向があるので、そういった男性の名前は、速攻で携帯電話の連絡先一覧から消されることになります(悲)

「気持ちをストレートに!」

直球勝負が楽で効果的です♪