ブログ

NYSDはどこまですべき!?


こんにちは!

NYSDのヨッシーです。

9月下旬に入って、突然寒くなりましたね!

通常、半袖 ⇒ 長袖 ⇒ ジャケット着用 という流れなのですが、あまりの気温変化に、 半袖 ⇒ ジャケット着用 になってしまいました(苦笑)


さて、「毎日、会社と自宅の往復」ではココロがダメになってしまいますよね。

革靴でも、ある程度の休息期間と栄養を与えてあげないと、すぐダメになってしまいます。

そんな訳!?で、元気を貰いに、土曜日は埼玉スーパーアリーナに“メタリカ”のライブを見に行って来ました。

やっぱり、たまには“エネルギー”の集まる場所に出向かないとダメですね。

“好奇心”と“エネルギー”を持っている人って、性別を問わず魅力的に見えるものだと思います。



さて、本題。

最近、ちょっと迷っていたことがあります。

今後のNYSDの方針でもあり、こ参加者の方よりご指摘頂くことでもあります。

NYSDの売りでもある“マッチングシステム”に関係したことです。

「それは何か?」といいますと、

「マッチングしたにも関わらず、相手から返信が無い!」というメールをたまに頂くことです。

興味深い!?のは、男性からだけでなく、女性からも同じ内容のメールを頂きます。

折角マッチングしたのに、返信しないのは、

1、    投票用紙に間違って○をした
2、    第一希望の人とマッチングしたので、他はどうでもよくなった
3、    会場では、とりあえず○をしたけど、気が変わった

といういずれかのケースでしょうか。

「理由はどうあれ、社会人として最初のメールぐらい返信すべきじゃないですか?」というご意見も複数頂きました。


このメール返信問題に関わらず、なによりも大前提として、「どこまでNYSDとして、介入すべきか?」を考えていました。

「マッチング発表した後は、もう何もしないというのは、“売ったら売りっぱなし”と同じじゃないか!」

というご意見もあります。

しかし、「わかりました。では、次回からマッチングしたにも関わらず、初回のメールを返さなかった方の出入りを一切禁止します。」とすることも出来なくはないのですが、半ば不本意にメールを送ってもらっても、貰う方もあまり気分が良くないですよね。

それに、不本意に出す場合は、仕方無しに1度出しても、2度目の返信をしないでしょう。

それだと、結局は同じことに。


そういった意味からも、マッチング後のメール交換については、参加者のご判断とモラルに委ねることにしております。

もちろん、NYSDとして、マッチング結果を100パーセント参加者にお届けするところまでは、お約束しております。

また、ホームページでも宣言しております通り、複数の参加者の方からクレームを頂く方に関しては、出入り禁止(申込受付拒否)をしております。

マッチングした後に、「こんな目にあった!だから、彼(女)を出入り禁止にして!」というケースは、なかなか判断が難しいものです。

“真実は双方の意見を聞いて初めて判断ができる”と考えていることもあり、“複数の人”からのクレームが来た場合、即対応としております。

ただ、明らかに酷いケースには、一発で出入り禁止にしています。

まだ、実際に拒否したことはありませんが、ブラックリストに載っている人は、残念ながら男性女性ともにいますね。

でも、他社のパーティーに比べて、そういった素行の悪い方の出入りが凄く少ないパーティーになっていると思います。

特に女性の方から、「真面目な方が多いパーティーだと聞いてきました」というコメントも頂くようになり、嬉しい限りです。

今後も、プラスのスパイラルで、ドンドン素敵な方々のご参加をお待ちしております!