ブログ

『婚活パーティー』での出会いは続かない!?


皆さん、こんにちは!

今年は雨がとんでもなく多いような気がするのは、気のせいでしょうか!?

いや、東京はまだマシなようで、西日本は間違いなく多いでしょう。

冬向けの作物などの価格も気になりますね。

 

さて、婚活パーティーの参加者から、よく聞く不満として、

「婚活パーティーでカップルには結構なるのに、深い関係にまで全然発展しない!」

というものがあります。

そしてそのうち、「婚活パーティーに行っても、全然いい人に会えない!」

という話になってきます。

「これって、本当ですか?」

と聞かれれば、「半分本当です」とお答えするでしょうか。

 

この疑問を説明するに当たって、2つの視点で分析してみましょう。

1つ目は、比較対象という視点。

上記の”続く”、”続かない”というのは、恐らく「学校や会社での出会い」と比べてのお話だと思います。

もちろん、学校や会社ではカップルになるまでにかなりの時間を共有できます。

その段階を経て、お互いをある程度理解した上で付き合うことになるのですから、それなりに長く続くことが想定されるでしょう。

 

一方、パーティーでの出会いは、僅か数分の会話から得た印象で選んだ訳ですから、その判断が間違っていたということは多分に起こりえる訳です。

そもそも、会場では”カップル”と呼ばれていますが、世の中で言われている”カップル”とは大きく異なっていることは説明するまでもないと思います。

 

 

そして、2つ目の理由は、確率的な視点から。

婚活パーティーが非日常的で、一度に複数の異性と会ってお話できる!とは言っても、十数人~数十人です。

その程度の数で、「相手の見た目」「相手の性格」「相手のスペック(年収、職業)」が気に入って、さらに「相手からも気に入られる」ということを高いレベルで満たせるか?と言われると、確率的に難しいでしょうね。

コンスタントに会える機会がある学校や会社の出会いと異なり、薄氷を踏むような関係ですから、両者とも恋愛力が低い場合には、更に成就するのは難しくなるでしょう。

 

以上、2つの視点から語ってみましたが、要は日常生活における出会いとは異なり、同じ土俵で議論するには無理があります。

もともとインスタントな出会いなので、その1回だけ、もしくは数回で答えを出すのは、難しいと思います。

 

それでも、『買わない宝くじは当たらない』 のと同じで、出会いを求めることは大事だと思います。

それに、結果が失敗であったとしても、次はもっとうまく失敗するようにしていけばいいんです!

別に出会いの場所を婚活パーティーに限定する必要は無いと思います。

とにかく出会いの絶対数が問題で、数をこなし続ければ、”確率的”に考えて、そのうち長く続く出会いに会えるはずですから!

そうです! 安西先生(by スラムダンク)も言ってます。

『あきらめたら、そこで試合終了だよ。』 と。(古っ!)

結婚相談所の比較なら|読み物系婚活サイト 3Conversation