ブログ

『婚活』における男女の採点方式の違いとは!?


世の中に、「男性と女性の脳の違い」を論じた本が沢山あるように、根本的な部分に大きな違いが見られます。

同じ女性から見ると、凄く素敵で「きっと素敵な奥さんになるだろうなぁ」と思える人が男性に人気がなく、逆に「あの子、最悪!」と思う同性が、男性からチヤホヤされていたりすることが、その証明でしょう!

特に婚活パーティーとなると、その傾向が如実に現れてきます。

よく「もっと早く知っておきたかった…」と言われることも多いので、ここに書いておきます(笑)
さて、男性が女性を、女性が男性を恋愛対象として判断する時の”方式”が大きく違うという話を聞かれたことはありませんか?

もちろん、これは一般論であり、個人差が大きいので、必ずこれに当てはまるという訳ではありません。

ですが、一般的な男女の好み(最大公約数)を追う場合には、知っておいた方が良いかもしれません。
原則その1: 『男性が女性を評価する時は、”減点方式”』

ちょっと意味が分かりづらいかもしれないので、例を挙げてみますね。

例えば、合コンで二人が初めて会ったとします。

※以下、( )内はココロの声です(笑)
男性A「あっ、どうも初めまして (おおっ、結構可愛い子だ!85点くらいかな)」

女性B「初めまして!・・・○○さんは、どんな女性がタイプなんですか?」

男性A「そうですね。料理が上手で、笑顔が素敵な人ですね。」 —(あれっ、この子、食べ方が汚いな~ 78点くらいに減点だな~)—

女性B「マジですか!? やっぱり笑顔って男性にとって大事なんですか?」 —(うーん、言葉遣いもあんまり綺麗じゃないな~ 70点ギリギリくらいかなぁ)

男性A「ところで、○○さんはどういったお仕事されているんですか?」

女性B「会社で事務をやっているんですけど、周りはオジサンや、キモい人が多くて、転職したいんですよー」 —(早速、グチられてもなぁ~、60点だな。もういいや。<採点終了>)—

女性B「あのですね、私、こう見えても料理が得意なんですよ! 料理教室に毎週通っていますから、結構自信あるんですよ!」

男性A「へぇー、そうなんだ。凄いね。」 —(ふーん、どうでもいいけど。<採点終了済み>)—
といった感じです。

ここで押さえておくべき重要なポイントは2点あります。

★1点目: 一旦、採点において”ボーダーライン”を割ってしまうと、盛り返すのは難しい
上記の男性で言えば、”70点”がボーダーラインのようです。

それを下回った段階で、採点すること自体を辞めていますね。

そこからプラス採点材料の”料理”が出てきても、もう反応していません。

 
★2点目:  減点に比べて、”加点幅”が小さい

ボーダーの上にいても、安心できない要素として、加点される点数があまり大きくないことが挙げられます。

いきなり10点くらい減点されたりするのに、加点される時はせいぜい2,3点とか。

 
もちろん、上記のことを実際に数値にして評価している男性はほとんどいないでしょう。

しかし、評価の方法として、上記のようなことが内面で行われていることを意識しておくと対策が見えてきます。

 

ちなみに、女性が男性を評価する場合は『加点方式』だそうです。

「最初は何とも思わなかったんだけど、同僚や友達と一緒に何度か食事に行くうちに、だんだん好きになってきて・・・気がついたら付き合ってた」という経験はありませんか?

その割合が男性より女性に多いのは、異性の採点方式に違いがあるからなんですね。
つまり、上記の話をまとめると

女性にとって有効な対策とは・・・ ズバリ、『先行逃げ切り作戦』です!

一方男性は、女性の気持ちを積み上げていくので、『ボディーブロー作戦』です(笑)

婚活パーティーの現場だけで言えば、男性よりも女性がちょっと有利かもしれませんね。