ブログ

実はあなたも「本当は結婚したいと思っていない」のかも!?


人間、年齢が上がるにつれて「万能感」、いわゆる「自分は頑張れば何でもできる!」という気持ちが無くなってくるのだそうです。

まあ、それが正常な感覚であり、いつまでも万能感を持っている人は精神的に幼いとも言えるのだとか。

ネットの世界では、「中二病(厨二病)」などと揶揄されいますよね。

 

さて、そういう意味では経験が自分に対して現実を見させてくれると言えるでしょう。

でも、逆に自分を殻に閉じ込めることも多々あるのです。
 

「メンタルブロック」という言葉を聞いたことはありますか?

 

読んで字の如く、心の壁です。

ある人はこれを、「受け取り下手」とも言い換えていました。

 

婚活で言えば、どんなに素敵な人に会っても、「こんな素敵な人が自分を好きになってくれるはずない。」という気持ちがあり、無意識で上手くいかない方へと流れていくのです。

つまり、チャンスを受け入れることができない体質です。

厄介なのは、この「メンタルブロック」というのは、幼少からの経験により出来上がっているため、簡単に壊せないといわれているのです。

そもそも、自分にこの「メンタルブロック」があるかどうかすら、認識することが難しいかもしれませんね。

 

もし、あなたが独身で結婚したいと思っているのであれば、次のことを試して欲しいのです。

『私は男性(女性)が好きです。結婚したいので、いい人がいれば是非紹介してください!』

と周りの人へ言ってください。

それが普通にできる人は、婚活・結婚を肯定的に捉えていて、成功率が高いと言えるでしょう。

しかし、そんなことできない!はしたない!と考えている人は、婚活・結婚を否定的に考えており、結婚のチャンスを逃しやすい体質になっているのです。

つまり、

 

実は、本当は結婚したいと思っていないのかも!?

 

どこか「メンタルブロック」がかかっている可能性が高いということです。

普通に考えて、男性は女性を求め、女性は男性を求めている。

生涯のパートナーを求めるというのは、生理的に考えても当たり前のことです。

もちろん、喫茶店とか人の集まる所で、「彼女(彼氏)が欲しい!」と叫ぶような人は、ちょっと頭がおかしいです(苦笑)

そうではなく、一定の年齢になってから、パートナーを探すということに対して恥ずかしいことだと思ったり、素直になれないのは、どこか健全ではないということです。

その原因が親からの教育にあるのか、学生時代の経験からなのか、私にはわかりません。

とにかく、そういったネガティブな気持ちが沸いてくる人は、意識して矯正するようにした方がいいでしょうね。