ブログ

カップリングパーティー最強説!?(その2)

皆さん、こんばんは!

いよいよ、銀座会場でのオープニングパーティーまで、あと少しになりました。

過去の新宿開催と比べてみると、やはり女性参加者のお申込みが先行していることからも、銀座は女性に人気がある!というのは本当のようです。

また、新宿よりも「オシャレして出かけなきゃ!」というプレッシャーがあると思うので、より素敵な男女が集まりそうですね。

さて、前回の、「カップリングパーティーが出会いの中で、一番効率がいい!」 について、語っていきます。

会社や学校を除いた身近な出会いの場として、
1.結婚紹介所
2.カップリングパーティー/お見合いパーティー
3.合コン
がありますよね。
(結婚紹介所が身近か?と言われると、まあそれはさておき。)

ここに、2つの軸があるマトリックスがあります。

1つは、その人の社会的なステータス(いわゆる“スペック”)。

もう1つは、その人のコミュニケーション能力。

このマトリックスのどこに位置するのか? によって、戦略は変わってくると思います。

スペックの高い人は、結婚紹介所が適していますよね。

冷やかしで高いお金を払ってまで参加する人も少ないでしょうし、相手検索の方法から言っても、スペックの高い人には凄く有利だと思われます。

 

一方、スペックは低いけれども、コミュニケーション能力が高い人には、じっくりと話しこめる“合コン”が適しているでしょう。

合コンは一度に会える人数が少ないのがネックですが、回数と交流関係を増やせれば、出会いの手段としては、有効だと思います。

 

では、最も人口分布が多いと思われる“平均的な人”はどこかいいか?

となると、やはり“カップリングパーティー(お見合いパーティー)”だと思います。

平均的なルックス、平均的なステータスを持っている人であれば、確率から言って、数回に1度はカップルになれます。

もちろん、その後、長く続く人達というのは、それほど多くありませんが、短期間に多くの異性と出会い、相性を確かめていく作業を行うための”きっかけ”という意味では、かなり有効だと言えると思います。

特に、初対面でのお互い好印象を持っているということが分かる(でないと、カップリングが成立していない)ので、他の出会い方とは、スタート地点が違っていることもアドバンテージになり得るはずです。

特にNYSDでは、婚活パーティー後に複数の異性と連絡を取れる可能性があるシステムですので、他のカップリングパーティーよりも、より費用対効果が高く、機会損失が少なく、効率的にパートナーになり得る人を探せるはずです。

出会いのコツは、やはり少しでも多くの異性と会って、話して、価値観・性格が合わないと判断できたら、どんどん違う人に会っていくことではないでしょうか。

また、相手にだけ求めていくのではなく、客観的に自分の性格的なデメリットを見つけて、改善し、コミュニケーション能力を高めていけば、きっとすぐに見つかると思いますよ。

と、最後は宣伝になりましたが、参加するのも簡単なので、いくつかのパーティー会社に行ってみるのも良いと思いますよ。

初めての婚活パーティー参加

初めまして。Yumiです。

今回、縁があって初めてスタッフとしてお手伝いさせていただきました。

会場が新宿のホテルの中ということもあってか、私の想像していたものとは
全く違ってオシャレでスタイリッシュな空間でびっくりしました。

参加者も、男性は紳士的で女性は清楚な方が多いなぁと思いました。

婚活パーティが開始してからは、始めは少し緊張気味な空気でしたが、
進行するにつれてみなさん笑顔で楽しそうに会話をしていて、
人と人が出会うって本当に素敵なことだなと思いました。

結婚はしたいけど、今いいなと思う人もいないし、なかなか出会い
がないなーと思う人は是非参加してみてください。

女性は、興味はあるけど一人では・・という方も、お友達を誘って気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

これからさむーい冬がやってきますので、心はあったかーくしておきたいですよね!

これから銀座会場が始まるようですが、新宿とはまた違った素敵な人達が集まりそうですね!

また、機会がありましたら、お会いしましょう!

第一印象をよくする方法

みなさん、お久しぶりです!NYSDスタッフのMEGです。

ここのところ、急に寒くなってきましたが、みなさん体調崩されてませんか?

お見合いパーティーでは沢山の方と近距離でお話をする訳ですから、 自分の為だけでなくお相手の為にも、万全の体調で臨みたいものですよね。

私がおススメする風邪予防術は、古典的なようですが「マスクをすること」。

声が商売道具の私にとっては、喉の不調は一大事!!

なんとマスクのおかげで、この一年風邪をひいてません。

みなさんもぜひ今日からLet’s マスク!!

 

さてさて、10月31日に行われた今回の東京パーティーですが、
マッチング率は58%でした。
う~ん、ちょっと低め・・・。残念。

マッチング率を上げることは私にはできませんが、
何かできることは無いかなーと、いつも考えております。

で、今回は「第一印象をよくする方法」について、ちょっと考えてみました!

「人は見た目が9割」という本がベストセラーになりましたが、
やはり人は第一印象の9割近くを視覚で判断するようです。

では、見た目の印象をよくするにはどうしたらいいか?

とびきりのおしゃれをする。

美容院に行ってから参加する。

眼鏡をコンタクトにしてみる・・・     などなど。

それもいいと思いますが、すぐにでもできる簡単な方法がありますよ!

 

それは、「笑顔」。

あ、今ちょっとバカにしたでしょ!?
ところがこれ、なかなかバカにできないんですよ。

ある女性誌の調査によると、「初対面の女性のどこに好感を持ちますか?」という アンケートを20代の男女各100人、計200人に実施したところ、1位に輝いたのは、
「笑顔」で58%だったそうです。

つまり、笑顔でいるだけで参加者の半数以上の好感は得られる!・・・はず。

さらに、「笑顔は伝染する」という調査結果もあるので、
自分が笑顔でいることで、相手の笑顔も引き出せます。

時間が無くても、お金をかけなくても始められる、第一印象向上術。
ぜひ、今日から試してみて下さい☆

それでは、次回のパーティーでお会いしましょう♪
Keep on smiling!

カップリングパーティー最強説!?(その1)

こんばんは!

皆さん、ご無沙汰しております、ヨッシーです。

気がついたら、もう少しでNYSDも、初回開催から半年になるんですよ。

早いような、遅いような…

 

しかし、大した宣伝も打ててないのに、こうして多くの方が参加して下さっているのは、感謝感謝ですm(_ _)m

もっと多くの人に、参加して頂き、普通に生活していたら絶対に会えない異性との出会いを演出していきたいと思います!

 

さて、話はかなり変わりますが、「NYSDは”ジャンル”として、どこに位置するのか?」 という疑問が開催前からありました。

個人的には、ズバリ“Speed Dating”でしょ! とは思ってはいたのですが、“すぴーどでーてぃんぐ”って言って通じる人なんて、10人中1人いるかどうか!?だと思います(苦笑)

そんな状態なので、変なコダワリは捨てて、イメージして貰い易くするためにも、途中から“ニューヨークスタイルのカップリングパーティー”ということで宣伝を始めました。

厳密には、“カップリング”ではなく、“マッチング”なんですが、まあそんな小さい事に執着してもしょうがないし、そもそも参加者の方自体が、そんな違いは気にしていなので、まあいいか!?と。

 

さてさて、ここで今回のタイトルに戻ります。

「カップリングパーティー最強説!?」についてを。

格闘技に詳しい方の中で、「何の格闘技が最強か?」という議論はよくされますよね。

ある人は、「ムエタイが最強だ!」といい、ある人は、「何言ってんだよ、最強はプロレスだよ!」といい、またある人は、「総合でしょ!!」とetc…

未だ答えの出ない議論で、技うんぬんの前に、その格闘家の基礎体力の部分が勝敗に大きく影響すると思うので、結論を出すのは難しいのでは!?と個人的に思っています。

と、話が少し脱線したように思うかもしれませんが、これからの話の伏線です(笑)

というのは、最近読んだ婚活の本の中に、婚活必勝法といった文章がありました。

その文章の中で、著者は「カップリングパーティーが、出会いの中では一番効率がいい!」と。

なるほど! そこは自分も賛同です!

それは何故か?

(少し長くなるので、次回の”カップリングパーティー最強説!?(その2)に持ち越します。)

カラーセラピーとお見合いパーティー!?

こんにちは。 スタッフの Hana です。

みなさん、「カラーセラピー」って聞いたことありますか?

NYSDでは、女性限定で、前回から 「カラーセラピー」 を受けていただけることになりました!

「パーソナルカラー」 は、ご存知の方も多いのではないかと思います。

パーソナルカラーは、肌や目の色を基準にして、その人に似合うカラータイプを診断するものですね。

 

では、カラーセラピーって、どんなものなのでしょう。

セラピストの方にお聞きしたところ、
「色から心の声を聞き、色を使って心を癒す方法」 という答えがかえってきました。

なんだかとても興味をそそられますね。

自分が無意識のうちに選ぶ色は、「今の自分」の心の動きや身体の状態を表しているんだそうです。

でも、色を選ぶ時って、どうしても自分の好きな色になりますよね。

たとえばお洋服、どうしても好きな色にばかり手が伸びてしまい、気が付くと、クローゼットの中は同じようなカラータイプだったりしませんか?

選ぶ色が、「好きな色」 になってしまっては、今の自分の心理状態を表しているとは言えないのではないかしら・・・という疑問を、セラピストの方に聞いてみました。

すると、「好きな色」 は、少なからずご本人の性格や持っている資質を表しているので、本質を知るという意味では、それはそれで構わない、との事でした。

うーん、益々、診断してもらいたくなってきました(笑)

新宿会場パーティ内でのカラーセラピーは、お一人4分程度の短い時間なので、簡易バージョンになりますが、ご自身の選ぶ図形や色から、あなたのイメージや人付き合いについてのタイプなどを診断していただけるんです。

次回のパーティでも実施されますので、ご興味のあるかたは、ぜひこの機会にご参加くださいね♪

スピード・デーティング!?

皆さん、こんばんは!

ヨッシーです♪

いよいよ秋到来ですね~!

日比谷公園の木々も、段々と緑から黄色になりかけていました。

 

さて、自分は昔から、一人行動が好き!というか、一人でいることに抵抗が無いロンリーウルフ(笑)でした。

しかし、最近、仕事で遠方に出掛けると、一人行動が結構寂しくなっていることに気づき始めました。。

そう! 一人でいるよりも、二人の方が楽しいことに今更ながら気づいた訳です(苦笑)

人間、年をくってくると、”何処に行くか? じゃなくて、誰と行くか?”で、その旅の面白さが決まってくるんだなぁ。。って。

そして、秋の雰囲気は益々、そういった気持ちを助長するんですね。

やっぱ、これからってイベント!?の多い時期に突入するじゃないですか!

特に、”クリスマス”、”お正月”という一大イベントがあるじゃないですか。

通常、会ってから親密な関係になるまで、できれば3ヶ月程度の猶予は欲しいもの。

そうすると、どうしても10月のうちに”出会い”くらいは無いと、ダメですよね。

そう!

待っていてはダメなことは確かですよね?

落としたハンカチを、魅力的な異性が拾ってくれて、「あっ、落としましたよ!<以下省略>

とか、

本屋で偶然、同じ本を取ろうとして、手が触れて、「あっ、すいません!」<以下省略>

なんてことを期待していたのでは、ダメなんです!

 

さあ、明日からでも動きましょう!

NYSDは、ご存知の通り、海外のSpeed Datingなるものをベースにしています。

そのうち、ホームページに動画で一部始終を載せたいとは思うのですが、もう少し時間がかかりそうです。

そこで、ドラマ・映画の風景をYoutubeに見つけたので、載せておきます。

<<Sex & the City より>>

Youtubeはこちら

<<最後の恋のはじめ方 より>>

Youtubeはこちら

出会いを探しているなら、是非一度、チャレンジしてみましょう!

「お見合いパーティーにおいても余裕は大事!」

こんにちは、MEGです!

突然ですが、最近私は余裕を持った行動が出来る人間になりたいなと
つくづく思うのです。

私はちょくちょく遅刻をします。

今日も人との約束に15分遅れてしまいました・・・。

相手の方に申し訳ないな、もうしないようにしないと、そう思ってもまた遅刻してしまいます(涙)

 

今回、東京会場のパーティーに参加された方の中にも、

「ギリギリに着いたので、プロフィールカードをよく考えて記入できなかった。」

という方がいらっしゃいました。

時間がないという焦りの中で書いていると、真っ先に頭に浮かんだ事をそのまま書くしかなく、本当はもっと書きたいことがあったのにと、トークタイム中に後悔することになります。

また、せっかく髪型も服装もしっかりキメてきても、 大急ぎで走ってきて、鏡も見ずに席についたら、ヘアピンが一本取れてたり、ネクタイが曲がってたり、なんことも・・・。

それに、第一印象で「時間にルーズな人だな」と思わせてしまうのは
とっても損ですよね!

出来れば会場がオープンする時間には到着して、休憩時間に行かなくても済むようにお手洗いを済ませ、好きなドリンクを片手にゆったりとした気持ちでプロフィールカードに記入する・・・。

そんな余裕を持っていらっしゃると、自然とトークにもその余裕が
表れてくると思いますよ!

NYSDも、次回から受付時間を、”開始15分前”からと早目にして
「余裕をもって」皆様をお迎えいたします。

17時ちょうどにはスタートしてしまいますから、皆様お気をつけてお越し下さいね!

相手は何分で見極める!?

皆さん、こんばんは!

ヨッシーです。

月2回更新を心がけているのですが、メールマガジンとは違うネタを書こうとすると、どうしても更新スピードが落ちますね(言い訳)

あと、NYSDの交流会が、新宿で、月2回開催になりました!!

こんなに早く月2回開催ができるようになるとは、本当に皆様のお蔭です。有難うございますm(_ _)m

 

さて、今回は
「カップリングパーティーにおいて、女性は何分で相手を見極めるか?」

について、語ってみましょう。

他社のカップリングパーティーだと、最初の1週目が1分~1分半、そしてフリータイムが4分×4回程度でしょうか。

 

一方、NYSDだと、4~5分×人数ですね。

他社と比べると長いとはいっても、4~5分程度な訳です。

哲学的な話をするつもりはないんですけど、人の体感時間って、不思議ですよね。
状況によって長くも短くも感じる。

本題は、ここから。

男性からメール、もしくはお話をすると、「NYSDは他社と比べると、確かに会話時間が長いけど、やっぱり短すぎるように感じるんですよ。」という意見が多数を占めるんです。

 

しかし、女性に意見を求めると、「3分で十分ですよ。」という人が結構います。

理由を聞くと、「もちろん、込み入った話は全くできないけど、この人と、もう一度話しをしたいかどうか? を見極める時間としては、4分も必要ないです。」とのこと。

同じ男性としては、ちょっと納得のいかない意見(苦笑)ではあるのですが、詳細を聞くと、

「まず、話始める前に、女性は男性の身なり、手振り、表情が目に入りますよね。
そして、話始めること数十秒で、その人の話し方が分かりますよね。
もう、この段階で自分の中のフィーリングとして“あり”・“なし”が、ほぼ固まっていることが多いです。」

とのこと。

人は“みため”が9割! というのは、本当かもしれません。

 

ただ、これはイケメンかどうかという以前に、その人が醸し出している“雰囲気”の問題のようです。

女性は男性よりも、直感力に優れています。

そのため、男性以上に“雰囲気”から、自分の過去に出会った“似た雰囲気を持った人”を思い出し、的確に分類し、性格を推測する能力があるようです。

ということは、パーティーの席に着く前から、勝負は始まっているということですね。

皆さん、色々見られてますよ!

気をつけましょう!(笑)

お見合いパーティーにおける参加者のタイプ

こんにちは。 スタッフの Hana です。

みなさん、シルバーWeek は色々と予定されていらっしゃるでしょうか。

楽しい連休をお過ごしのことと思います。

先日、9月第一弾のパーティも無事に終了いたしました。

 

今回の新宿パーティで特に感じたこと・・

それは、NYSDの参加者は男女共にとても真面目でステキな方ばかりだなぁ・・・ということ。

参加資格にそういったことを書いてないんですけど、不思議とステキな方が集まられますね。

パーティの質って、主催者側のコンセプトや会場の雰囲気はもちろんのこと、最後にして一番大事な決め手は参加者のタイプだと思うんです。

今回も、スタッフがご挨拶やお声かけをすると、皆さんはとても感じ良く返答してくださって、うれしかったです。

それから服装についても、とても清潔感のある装いで皆さんステキでした。

男性参加者は、雨模様で少し気温が低かったせいもあり、ジャケットやスーツでいらした方が多くて第一印象はかなりUPです。

やはり、きちんとした格好をされていると、安心感があって女性にはとても好印象ですよね。

4分~5分という短い会話時間では、見た目からの印象はどうしても影響してしまいます。

それに、きちんとした格好で参加するという事は、それだけ真剣な出会いを求めているという意思の現れでもあると思うんですよ。

カップリングパーティーって、もっと軽いイメージに思われがちですが、NYSDの参加者はみなさん真面目な方々が多いなぁ・・と改めて実感しました。

それは、NYSDが目指しているスタイルでもあるので、私たちとしても本当に嬉しいです!

この中から、それぞれの皆さんに素敵なパートナーが見つかることを、心から祈っています☆

NYSDが、女性参加者からもお支払い頂く理由!?(その2)

皆さん、こんばんは!

随分、更新が遅くなりすいませんm(_ _)m

8月23日のパーティーは、披露宴会場という訳で、かなり華やかな雰囲気でした。

「あっ、もっとオシャレしてくるべきだった!」という感じられた男性の方もいらっしゃったのではないでしょうか!?

迷ったら、スーツか、それに近い格好で来れば、ハズレないと思いますよ。

さて、それでは、前回に引き続き「NYSDで女性から参加料を頂いている理由その2」を。

前回、申し上げた通り、「有料にした方が、レベルの高い素敵な女性が集まるんです!」

あまりパーティー関係に出られたことの無い人だと、「逆じゃないの?」という意見をお持ちの方が多いですね。

実際は、完全に逆です。
“女性も参加料”を払うパーティーの方が、客観的にみて素敵な女性が多いです。

これは数多くのパーティーに参加してきた経験から、断言できます!

さて、理由を挙げていきましょう。

まず、男性からだけ参加料を徴収するシステムでパーティーを開催しているところは、総じて会場が“安っぽい”です。

その“安っぽさ”が一番出る部分は、やはり“会場”です。

一番費用が掛かる部分ですから、仕方が無いのですが、雑居ビルであったり、完全な会議室を無理やりパーティー会場にすることによりなんとか開催しているのが現状です。

しかし、普段から髪型・化粧・ファッションなどの意識の高い素敵な女性は、チープな所へ出入りすることに対して抵抗を感じる人が多い傾向があります。

決して、性格が悪いとか、プライドが高いということではなく、それなりのサービスを受けるには、それなりの代償が必要だということが分かっているからです。

単なる結果だけを求めるのではなく、途中の過程を大事にするというのも、素敵な女性が共有している価値観ですね。

“素敵な女性”は例外なく、時間とお金の両方を自分に投資していますよね。

そして、“素敵な女性”は忙しい毎日を送っています。

そのため、時間の貴重さも分かっているので、無料であまり良くないものよりも、ある程度のお金を払ってでも、価値あるものにお金を使いたいということ考えが常にあるようです。

また、女性無料・男性有料というパーティーに魅力的な男性参加者が少ないことも知っているからでしょう。

以上の理由により、NYSDでは女性からも参加費をお支払い頂いているんです。

もちろん、参加費に見合ったサービスがなければ、お客様はそれっきりです。

今のところ、NYSDとして開催回数はまだ少ないですが、毎回、男性、女性ともにリピーターとしてご参加して頂けている(3回連続参加されている方はいらっしゃいません。)ということは、NYSDにご満足頂けている証拠だと思います。

もちろん、今後も、参加者の方々の声に真摯に耳を傾け、パーティーの質を上げていきたいと思っております。

その為、毎回、どこかしら前回とは違っている部分があります。

全ての参加者のご要望を叶えることはできませんが、NYSDのコンセプトから外れないものに関しましては、ドンドン変えていきたいと思っております。

是非、皆様の声を聞かせてください!

披露宴会場での婚活パーティー!

お久しぶりです、NYSDスタッフのMEGです。

みなさん、夏バテなんかしていませんか?

NYSDでは、今月も元気にパーティーを開催しました!

8月23日(日)に行われたパーティーは、男性21名・女性20名と、今回もとってもいい比率☆

しかも、今回の会場は披露宴会場ということもあって、女子としては自分の結婚式を想像して、ちょっとドキドキしてしまうシチュエーションです。

随所にお花やキャンドルをあしらった、寛げる空間での東京会場のパーティー。

皆さんお好きなドリンクを片手に、和やかな雰囲気で会は進行していきました。

皆さんがお話に花を咲かせていらっしゃる間、私達スタッフはそっと見守っているのが仕事ですが、そうして見守っていると、気付くことが色々あります。

今回気付いたことは、

「話が盛り上がっているテーブルは、女性が積極的に話し掛けている」

ということ。

男性って、実はシャイな方が多いので、女性から話を振ってもらえるとスムーズに話せるみたい。

プロフィールカードを見て、何か興味を惹かれることがあったら、女性の方から
「テニスが好きなんですか?」とか、

「あ、誕生日が近いですね!」

とか話しかけてあげると、トークが盛り上がると思いますよ!

限りあるトークタイムですから、少しでも多くのことを話した方が絶対おトクですよね☆

今回のマッチング率は68%!

これからもマッチング率がどんどん上がっていくように、私達スタッフも出来る限りのお手伝いをさせて頂きます。

今回初めて司会の大役を仰せつかり、一人であたふたしていたMEGでしたが、優しい参加者の皆様に助けられて、なんとかかんとか乗り切ることができました。

至らない点は「参加者の声」として寄せて頂ければ改善して参りますので、今後とも宜しくお願い致します!

出会いがなくて・・・

暑い日が続いていますが、みなさんお元気でしょうか。

すっかりブログご無沙汰になってしまいスミマセン・・・スタッフの Hana です。

 

女性のみなさん、「最近出会いがなくて・・・」という声、とても頻繁に耳にしませんか?

私の周りの女友達も口をそろえて同じことを言います。

みんなキレイで素敵な女性ばかりなのに、なぜなんでしょう??

 

NYSDの交流会にスタッフとして、携わるようになって、益々そういったことを考える機会が増えてきました。

ありがちなケースだと、合コンに参加しても、その場の会話を楽しんだだけでメルアド交換すらせず終わってしまったり、たとえ気の合いそうな人とだけ連絡先を交換しても、何度かメールでやりとりするくらいでフェードアウトしてしまう、、など。。

更に、30代になると合コンに誘われる機会すら少なくなってきて、出会いのチャンスは減るばかり。

こんなことでは、いつまでたっても結婚相手が見つからないのでは・・とマイナス思考のスパイラルに。。

 

こんな風に悩んでいる女性の皆さんにこそ、出会いのあるパーティに参加することを考えてみることは素晴らしいことだと思うんです。

妙齢?!にさしかかってきた女性が結婚に結びつくようなパートナーを見つけるためには、まずは、出会いの場を増やさなければ始まりません。

自然発生の出会いを期待するのも良いですが、それに平行して、自分からそういった場に出て行くことが大事だと思います。

 

出会いの場も色々あり、人づてに誘われた合コンに参加してみるのもいいですね。

また、NYSDのスタッフになって、こういったパーティーを初めてみたのですが、かなり高い確率でみなさんメルアド交換をされているのをみて、「その気になれば、素敵な出会いの場って、結構あるものなんだなぁ。」って思いました。

「まずはお友達から」というスタンスでコンタクトしあい、もちろん最初から 1対1で会うのもいいですし、お互いにお友達を誘いあってミニ合コンにすれば更に知り合うチャンスも2倍に! そんな風に、まずは出会いの場を広げる事に活用するのもいいかなと思います。

「出会いがなくて・・・」と悩んでいるアナタ、ぜひ一度参加してみることをオススメします!

NYSDが、女性参加者からもお支払い頂く理由!?(その1)

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです。

7月25日のNYSD交流会ですが、大盛況でした!
ようやく念願の”満員御礼”で、特に男性の申込みが多く、キャンセル待ちをして頂いたにも関わらず、参加できなかった方、大変申し訳ありませんでした。

さて、久しぶりのブログということもあり、今回はタブー!?の部分を語ってみましょう。

ズバリ今回のお題目は、

「カップリングパーティー参加で、女性からも参加料をお支払い頂くべきか、否か?」

ええ、はい。
これは結構、議論されるところです。

男性、女性ともに意見が割れるところでもあります。

まず、「日本にある一般の出会いを提供するパーティーでは、どうなの?」といいますと、これもマチマチですね。

独身者向けの“異業種交流会”は、ほぼ100パーセント女性からも参加料を頂いています。

金額は、男性の50パーセントから80パーセントが主流ではないでしょうか。

一方、カップリングパーティー系では、無料のところもあれば、企画によっては掛かるところがあるという感じで、東京にある会社、パーティーにより異なるという状態です。

さて、「海外(Speed Dating)ではどうなの?」というと、面白いことに男女とも“同額”を参加料として頂いています。

Lady first の国、アメリカでも同額というは、意外ですね。

こういうと、「あっ、なるほど。本場のでも女性から参加料を頂くから、NYSDでも女性から参加料をとるんですね?」
と言われますが、そういう訳でもないんです。

ズバリ、理由は2つあります。

1つ目は、多くの男性が、「女性が無料というのは、納得いかない。」という意見を持っているということがあります。

それは、金額の大小ではなく、ある種の“真剣度”に関わってくるからです。

参加料が無いということは、ある意味、“ノーリスク”という意味ですよね。

そうすると、一方は“真剣”、一方は“まあ、本当にいい人がいれば…”ということになり、パーティー自体がつまらないものになるんです。

女性参加者全員がそう思っているとは思いませんが、女性無料のパーティーに参加すると、必ずと言っていいほど、全くやる気の無い人に出くわします。

こちらが一生懸命コミュニケーションを取ろうとしているのに、スコアカードにすら何も書かない女性、明らかに“友達が頼むから仕方なく一緒に来ているんだ”オーラを出している無愛想な女性など(苦笑)

そういった女性の出入りを無くしたい!、ある程度の“参加意思”を示す真面目な女性にだけ集まって欲しい! という考えがあり、NYSDでは女性からも参加料を頂くようにしています。

もちろん、他パーティーでは無料なのに、NYSDのパーティーでは有料であるのに値しないと女性は参加されませんよね?

そこで、NYSDでは大きく2つ
1.    他社パーティーと違い、どんなに同性の参加者がいても、最終的にはあなたと異性と1対1の関係で結果が出る。
(他社パーティーでは、いくら自分の気に入った異性に好印象を持って貰っても、もっと初対面で好印象を与える同性がいると、ダメになってしまう。)

2.    女性が出入りしやすい場所・雰囲気の提供。
雑居ビルにすし詰めにされて、まともな飲み物の提供もなく、司会の段取りでもダメダメ。
そんなところで、今後、あなたの人生にとって大事な人となるかもしれない相手と会いたいという人は少数だと思います。お互い学生ではないんですから、もっと雰囲気のある場所で会いましょう!)

そして、NYSDで女性から参加料を頂いている理由その2。

正直、こちらの方が理由としては、大きいです。

ズバリ、「有料にした方が、レベルの高い素敵な女性が集まるから!」です。

ここで、「えっ!?」と思われる方もいらっしゃると思うので、次回ブログにて、詳しく説明してみましょう!

お楽しみに!

心が折れない為にも!?

皆さん、こんばんは!

ヨッシーです!

梅雨の合間の晴れの日、如何お過ごしでしょうか?

バーゲンも始まり、東京にいるとあまり”不景気”を感じづらいですね。

でも、地方に行くと、あまりにも人が歩いていない!ので驚きます。

さて、前回、“出会いは確率で考えましょう!”ということをお話しました。

「でも、そうはいっても頻繁に“心が折れる”んです(涙)」

という方に対しての良い方法があるんです!とお話した続きを今回、語ってみます。

人間、感情の生き物ですからね。
モチベーションが異常に高い時もあれば、全然ダメな時もあるものです。

タチが悪いのは、モチベーションがある一定値を下回ると、元に戻るまでモチベーションを上げるには、時間と気力が相当掛かることですね。

そういった意味では、常に一定値を下回らないように、モチベーションを維持する必要があります。

では、どうすればいいのか?

これは仕事やプライベート全般に使える方法で、方法自体は目新しくないはずです。
多くの人が聞いたことはあると思います。

ズバリ、「目標を紙に書き出して、いつも目に付く所に貼っておくこと!」

です。

「なんだ、そんなことか!」と思われた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ここでは更に2つ追加してください。

1つ目は、
「その目標を達成したら、こんなにメリットがある!こんなに幸せになれる!」
ということを書いて下さい。

このブログを読んでいる人のほとんどが“結婚”ということを考えているので、“結婚”を例にとって書くとすれば、メリット・幸せについてはいくらでもあると思います。

「家族が持て、毎日の生活に充実感と幸福感を感じることができる。」
とか、
「お互い助け合っていくことにより、精神的に安定し、老後の不安が和らぐ。」
等々。

で、次にもう一つ、作って欲しいのが、「目標を達成できなかったら、こんなデメリット・不幸になる。」というもの(苦笑)

先ほどのメリット・幸福リストは、モチベーションを上げるためのもの。

このデメリット・不幸リストは、モチベーションを下げさせない為のものです。

なので、より”リアリティ”に溢れるものの方が効果があります。
例えば、
「このまま一人だと、老後、一人寂しく“孤独死”するかも。」
とか、
「将来、自分の存在価値について、悲観的になるかも。」
等々。

上記は、別にブラックユーモアでもなんでもありません。
人間、快楽よりも恐怖の方が、自分を奮発させるものです。
人間、怠け者ですから、飴よりも、ムチの方が効果がある人が多いんです。

こういった、“紙に書く”という作業は自己啓発系の本には、ほとんど書かれていますが、実際に行動する人の確率も3パーセント程度だそうです。
効果は実証されているのに、行動する人が本当に少ない!

現状を変えたい!と心の底から思うのであれば、是非、モチベーションが下がる前に作業に移りましょう!!

後になればなるほど、男性も女性も色んな意味で条件が悪くなりますからね。

このブログを読んだ今日が、人生の岐路かもしれませんよ。

是非、3パーセントの方に入ってください!(^^)/

NYSDの2回目カップリングパーティー

はじめまして!

今回からスタッフとしてみなさんの出会いのお手伝いをさせて頂くことになった MEGです。

よろしくお願いします☆

 

梅雨の晴れ間の土曜日、東京(新宿)のホテルで第2回のNYSD交流会が行われました!

今回も男性・女性とも、ちょうど良い比率で、和やかな雰囲気の中で会は進行。

「面識の無い男性と女性で、果たして会話は弾むのかしら・・・?」と
内心心配していた私ですが、そんな心配は無用でした!

みなさん、最初のうちこそ打ち解けるのに少し時間がかかっていたようでしたが、会が進むにつれて場内はにぎやかな話し声で満ちてゆきました。

今日初めてNYSDの交流会に同席させて頂いたのですが、こんなに自然体でカジュアルなものとは思いませんでした!

カップリングパーティーというよりは、”カクテルパーティー”みたいな感じですね!

もちろん会場は東京なので、素敵なお店ですし、みなさんお洒落な服装でいらっしゃいますが、「お見合い」といった感じではなく、肩肘張らずにお話できる雰囲気が演出されています。

みなさんの様子を見守りながら、気付いたことが一つ。

みなさん、とてもいい笑顔をされていました☆

たくさんの方がいらっしゃいましたが、どなたもそれぞれに輝いて見えました。

会も終盤に近づくと、席を移動する時間が来ても名残惜しそうにずっと話されている方もいて・・・

そんなお二人を遮って進行しなければならないのは心苦しかったですが(笑)、きっとこの後のマッチングで素敵なカップルになってくれると信じています!

…と、今回のマッチング率は、なんと”71パーセント”だったんですね!これって凄くないですか!?

みなさんの楽しそうな様子を見ていたら、私もパーティーに参加してみたくなってきました☆

近いうちに、今度は同じ参加者としてお会いするかも!?

その時は宜しくお願いします!

出会いをGETする人の共通点!?

みなさん、こんばんは!

ヨッシーです!

ここ数ヶ月、人の輪を広げるべく、いろんな飲み会・集まりに参加するようにしています。

MixiのOFF会なんかにも参加していますよ。

そういった場では、アラサー・アラフォーと呼ばれる人達の生の声を結構聞けるんですよ(^^)

以前も少し書いた覚えがありますが、やはり“出会い”を求めた集まりに「参加しなくては!」と思い始めるのは、男女とも30歳が一つの目安になるんですね。

個人的には、「自分はまだ若い!」なんて思っていても、社会ではそう思われていない現実を色んな所で感じ始める年頃なんです。

そして、“結婚組”と“未婚組”に世の中は自然と別れて、仲の良かった友達の多くが違うグループに流れていくと、「自分ちょっと、ヤバイかも!?」とは思うものの、30年程培ってきた!?性格がそう簡単に変わるはずもなく、昨日と同じ今日、そして明日に流されていくんです(涙)

「うーん、自分はいつも普通で生きてきたはずなのに・・・いつから、こんなアウトローというか、マイノリティなグループに属しているんだろう。(都会じゃともかく、田舎じゃあり得ないな。)
子供の頃、こんな未来が待っているなんて、夢にも思わなかったなぁ。この年にはもう当たり前のように結婚してて、子供がいて、家や車があって・・・。
別に特別な人生を望んだ訳でもないのに、ただ、自分は人並みの幸せが欲しいだけなのに・・・(以下省略)」

なんて話をよく聞く訳です(苦笑)

そんな話を団塊の世代の人に話しても、まったく理解されないと思いますが、まあ時代が全然違いますからね。

当時は結婚自動システムが存在して、95パーセント以上の人が結婚できたんですから。

とまあ、現状把握はいいとしまして、「じゃあどうすればいいの?」という質問、最近よくされるようになりました。

結論から言えば、”行動あるのみ!”でしょう。

でも、その前に、「“思考”を変える。」方が先でしょうか。

ネガティブな考えを全部、ポジティブに変える。

色んな人に出会ってみて、多くの恋愛を成功させることができる人には共通点があることを知りました。

 

それは、「恋愛を確率論で考えられること。」です。

分かりやすい例えを言えば、「100件電話して1件のアポイントしかとれないのであっても、200件の電話をすれば2件のアポイントが取れる!」みたいな考え方です。

なので、婚活パーティーに参加して3連敗くらいしても、「自分の過去の経験から導きだされる確率から言って、そろそろいい人とマッチングできるはずだ!」とポジティブに考えることができる訳です。

そこからコミュニケーションの技術も磨いていけば、どんどん確率も上がることになり、より自分の理想に近い人と仲良くなれることに繋がります。

まさに“プラスのスパイラル”!!

「そうと分かっていても、心がすぐに折れてしまうんですけど・・・なんとかなりませんか?」という質問もよくされます(苦笑)

それに対しても、いい方法があるんですよ!

それは・・・

次回ブログにて。
お楽しみに!!

初めての婚活パーティー! BY 女性スタッフ

皆さん、初めまして!

NYSD東京スタッフのHanaです。

実は私、こういった形式のパーティーに参加したことが無かったんです(^^;)
それなのに、今回、スタッフとして皆さんを応援させて頂くこととなりました。
頑張りますので、宜しくお願いしますm(_ _)m

 

さて、そういう訳で!?、全くの初心者の目線から見たNYSDの交流会をご紹介します。

私も今回初めて知ったんですが、独身者向けのパーティーって、色々あるんですね!
定番としては、“異業種交流会”と呼ばれるものが一つ。(本来、異業種交流会ってビジネスマン向けのものを指すと思うのですが、独身者向けのもあるんですね。なんでこんな名前にしているのかしら?普通に“パーティー”と呼ぶよりも、言葉の響きがいいからかしら!?)

そして、もう一つは、”カップリングパーティー”と呼ばれるもの。

両方とも、独身男女が集まって話をすることを目的なのは変わらないようですが、“異業種交流会”の方は、場所と軽食の提供以外は、自分でなんとか話相手を捕まえないとダメみたい。

でも、“カップリングパーティー”の方は、ルールとして、全ての異性と話しができる点が違うとのこと。
また、最後に投票があって、その番号同士が合うと、“カップル誕生”ということになるらしいです。

そういう意味では、NYSDは“カップリングパーティー”の形式に近いようですが、“カップリング”ではなく、“マッチング”という言葉を使っていますね。

通常の“カップリング”では、最終的に一人の異性としか連絡交換が無いみたいですけど、“マッチング”では、素敵な異性全ての番号を選べるシステムで、1度の参加で、より多くの異性と繋がりやすい気がしますね。

NYSDのホームページにも書かれていますが、「まずは、お友達から。」というスタンスで、今後の発展が期待できそうな異性と、少しずつ距離を縮めていくといのはいいですね。
私も、5分程度の会話で、「はい、あなたと7番の彼。今から“カップル”です!」なんて言われても、ちょっと困ります(苦笑)

さて、それでは実際の会場をご説明しますね。
NYSDの会場は東京のオシャレな会場なので、落ち着いていて、女性でも入りやすく安心できると思います。

会場内に入ると、テーブルとお席が男女対面式にセットされています。
でも、初対面の異性といきなり向き合ってお話するのって緊張するし、何から話していいか分からず、気まずかったりしますよね。
そんな気持ちを和らげてくれるのが、テーブルの上に置かれたアロマキャンドル。
ほのかなアロマの香りがリラックスさせてくれます。それに、トーク中ずっと相手を見つめているのは疲れてしまうし、下を向いたままなのも変ですので、相手を見つつ、たまに伏目がちにキャンドルに目を落とす・・女性らしい表情を演出できるちょっとした小道具です。

それから、女性にとって結構大事なポイントが会場の照明!
蛍光灯など白くて明るすぎる光の下では、「昨日の寝不足でお化粧のりがイマイチなのがバレちゃう・・・」なんて気になって落ち着かないけれど、ここは女性がキレイに見えるといわれるオレンジ系の照明で、適度な明るさになるよう配慮されているのがウレシイところ。

これで安心してトークに集中できますね。

次に、参加者の様子について。
女性の参加者は、お友達と一緒に申し込みされる方もいますが、お一人で参加の方もたくさんいらっしゃいました。服装も普段の装いで十分で、女性らしいニュアンスが感じられるワインピースやスカートはもちろん、カジュアルなパンツスタイルの方もいらっしゃいますよ。

一方、どんな男性が参加してるのかしら・・・というのは女性側からして最も気になるところですよね。

実は、私もこの種のパーティの実体験がなく、参加男性について興味が津々でした・・(男性のみなさん、ゴメンなさい!)
でも、実際には、あれ?!けっこう普通の、いや、普通以上にステキな人もたくさん来てて、正直ビックリしてしまいました(汗)

男性側も、会社の女性とは特別な関係を持ちたくない、とか、仕事が忙しすぎる、などの理由でなかなか出会いのチャンスがない・・という人が多いのかもしれませんね。

東京は人の数は大変多いですが、”出会い”ということに関しては田舎よりも少ないのかもしれませんね。
田舎だと周りの人が世話を焼いてくれたりもしますが、都会では自分が動かないとなかなかチャンスは無いですもんね。

そんなわけで、女性の皆さん、マイナスの先入観は捨てて、試しに一度参加してみませんか?
思いがけず、ステキな出会いがあるかもしれませんよ。

何か気になる事やリクエストなどがあれば、遠慮なく会場の女性スタッフにお声かけくださいね。

NYSDパーティー結果!?

<<号外>>

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです♪

ようやく、5月30日に無事、NYSD交流会を開催が出来ました!

新宿会場では思った以上にレベルの高い人達が参加され、「他のパーティー会社よりも、いい男性集まっていたよ!」とのコメントも寄せて頂きました!

正直、男性の集客に関しましては、特に知り合いばかりを呼んだ訳でもなく、ほとんどがインターネットでNYSDのホームページを見つけて頂き、そのままお申込頂きました。

そのため、一人参加が多かったと思います。

私自身、こういったパーティー・交流会には数多く参加した経験があります。

異業種交流会はまだしも、カップリングパーティー系は、いつも後味の悪さというような感じがいつもありました。

参加された人しか分からないと思いますが、カップリングせず退出する時の、あのなんとも言えない感じ。

早くこの場所を後にしたい!と思うような、居心地の悪さ。

笑顔なのは、カップリングした人だけ。

通常、カップリングの確率は1~3割程度(私自身の確率ではなく、業界全般の確率です。)なので、大半の人が笑顔なく、帰路につく!?形でした。

それが、今回のNYSDの交流会では、システム的なものが大きいと思うのですが、和やかな雰囲気で終わりました!

交流会が終了し、お見送りの挨拶時に、多くの方からニコッと笑顔と会釈で返して頂き、交流会の準備に掛かった労が報われた!と思わせて頂いた瞬間でした秊

もちろん、交流会終了後、多くの方から励まされるメール、アドバイスメール、改善案メールを頂き、もっともっとブラッシュアップしなくては!と思わされました。

実際、「交流会終了後、2時間以内に結果発表メールを皆さんにお送りします!」と宣言したにも関わらず、大半の方に時間通りに送れませんでした。

集計に思った以上に時間が掛かったことと、様々な想定外の状態があり、女性に関しては1時間以上配信が遅れた点、深くお詫び申し上げますm(_ _)m

また、多くの参加者から「あの一番人気投票は要らないんじゃないの?」というご意見を頂きました。

そもそも、NYSDのコンセプトとして、”落ち着いた雰囲気の中で、大人同士の会話を楽しむ”ことにしているのだから、他パーティー会社のようなゲーム性を敢えて出す必要は無いと思うよ! というのが理由でした。

全く、おっしゃる通りです!

次回の開催については、その辺も含めて見直したいと思います。

全ての参加者のご要望を満たすことは不可能ですが、NYSDの想い(コンセプト)に外れていなければ、どんどん修正・追加していきたいと思います。

そして、もっと多くの方にこの雰囲気を味わって頂き、より多くの方がNYSDで交流を深めて頂けるよう、頑張ってまいります!

この度、ご参加頂いた皆様、誠に有難うございました!!

独身者向けの出会いの場!?

皆さん、こんばんは!

ヨッシーです。

物凄く久しぶりに更新するような気がしますが、ご容赦下さいm(_ _)m

さて、今回は“独身者向けへの出会いのあるパーティー”について、語っていきます。

特に、東京では様々なタイプのパーティーが開催されていますね。

スタイルにより大きく分けると、
1.    カップリングパーティー系
2.    異業種交流会系
3.    イベント系
4.    合コン系
5.    結婚紹介所などが行うパーティー

といったところですね。

違いとしては、参加人数、イベント会場、パーティーの進行方法、参加資格制限、参加者の本気度!?があげられます。

出会い系パーティーの王道といえば、“カップリングパーティー”と“異業種交流会”系でしょうか。

最近話題になっている“料理教室パーティー(料理合コン)”や、“バス貸切温泉ツアー”、“クルージングツアー”などは、イベント系といえるでしょう。

そして、ちょっと新しいといえば、“合コンセッティング”と呼ばれる業態があります。
合コンなので、パーティーほどの多人数ではなく、居酒屋などを主催者側で個室を予約してくれるので、面倒くさい手続きはすべて業者任せで大丈夫。

もちろん、自分は一人参加の予約をするだけで、場所に行ってみると“4対4”(もちろん、異性・同性に知人はいません。)の合コン形式になっているという仕組みです。

自分の好みの集まりを予約するだけで済む点が受けてか、特に若い人達に人気のようです。

最後の“結婚紹介所”が行うパーティーに関しては、身元がしっかりしている“異業種交流会”とも言える気がします。

以上が、現在、独身者向けに行われているパーティースタイルですね。

「どこが一番いいんですか?」

という質問をたまに受けますが、これは個人の好みや、結婚に対する本気度、コミュニケーション能力の高さなどによって、オススメが変わってきますね。

参加人数だけをとっても、多いところがいいかと言えば、一人当たりの話せる時間が少なくなるし、ライバルも増えます。

逆に、少ない方が良いかといえば、確率的に“いいと思う人”と思える人に会える機会が減りますから、かなりの回数通うことを覚悟する必要がありますね。

といった具合に、それぞれのパーティーの強みと弱み、そしてあなたの好みと性格を勘案して、納得できる所に通うことが良いかと思います。

まあ、“通う”という表現はネガティブですが、そもそも“出会い”というのは“確率”だと思います。

 

その確率をどうやって上げるか?

具体的に言えば、「会社内で付き合いたくない!仲が悪くなると、会社に行きづらくなるから。」という人が、自分から行動を起こさずに、会社と自宅の行き帰りだけの毎日を送って、いい人に出会えるか?というと、そういう“恋の自然発生率”は1パーセント程度だそうです。

そこにいつもと違う行動を織り込んでいくことにより、確率をどんどん上げていく訳ですね。

そういった自分からの行動を嫌う人もいますが、どちらが最後に笑うのかは、ご想像の通りだと思います。

最後に私の好きな一言をお送りします。

「努力した人全てが、成功する訳ではありません。しかし、成功した人は全てそれなりの努力はしています(^^;)。」

次回は、上記のパーティースタイルについて、詳細に説明していきますので、ご期待ください!

ではでは!

年齢と出会いのカタチ!?

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです!

いよいよいGWの時期ですね。

会社によっては、16連休のところもあるそうですが、そんなに休むと体を元に戻すのが大変そうですね

 

さて、今回のテーマは”年齢と出会いのカタチ”について、語ってみましょう。

この前、生まれて初めて、新宿にて”オフ会”なるものに参加しました。

集まりとしては、いわゆる”婚活系”のものでした。

凄い人数で、よくこれだけ多くの人が集まったものだと感心しました。

その中で、向かいに座っていた女の子と、出会いについての話をした時のこと。

女の子「出会いはすっごい探していますよ~。合コンは人脈全て使って、やり尽くしましたよ!」

自分「へぇー、そうなんだ。でも、探せばもってあるんじゃない!?」

女の子「ないですよ! だって、元カレの人脈まで辿ってやったんですよ!」

自分「・・・元カレまで!? よく分かれた彼氏に会おうと思ったね。。」

女の子「もちろん、今、私29歳なんですよ。だから、必死ですよ!」

自分「だったら、出会いのあるパーティーとか参加した方が話しが早いと思うよ。」

女の子「それは、まだ嫌なんです! 30歳までは、自然な形の出会いで会いたいんです!」

自分「自然な形? (しかし、それを言うなら、合コンの時点で既に”自然”では無いと思うんだけど。。)ふーん、自然というのは例えば?」

女の子「例えば、ハンカチを落として、「あっ、落としましたよ!」的な出会いです。」

自分「それって無いと思うよ~。そもそも、そういう出会いの自然発生率って知ってる?」

女の子「自然発生率?」

自分「そう! なんでも、1パーセントちょっとらしいよ。(30歳独身をテーマにした本より)」

女の子「えー、そんなに低いんですか!?」

自分「まあ、学生と社会人とかで、だいぶ確率は変わるだろうけど、毎日、変わらない生活をしていて、偶然性を期待すると、そんなもんだろうねぇ。」

女の子「確かに。。。」

といった会話をしました。

ここで、女の子の計画ミスが見られるんです。

それは何?

ズバリ、「30歳になったら、パーティーに・・・」の部分です。

やはり、婚活パーティーに来る男性も、「少しでも若い子がいいよね。」という考えがある人が非常に多いです。

28歳と30歳の同じレベルの女の子がいました。

どちらを選びますか? と言われると、当然、28歳の子に人気が集中します。

結婚紹介所で働く人も同じ意見を持っていますね。

「結婚紹介所は”最後の砦”と考えている方が多いようで、最後の最後に来られるんですね。こちらとしては、早ければ早いほど、良い方をご紹介できるんですが、35歳を過ぎると、多くの男性が敬遠されるんです。
会ってみたい方をコンピュータで検索するんですが、その条件に34歳以下というケースが非常に多いので、どんなに中身に自信がある!という方でも、その段階で対象がはずされてしまうんです。」

とおっしゃっていました。

パーティーもそうですね。

特にパーティーに来る方は、男女とも真面目な人が多いので、「この付き合いの延長上に、結婚があるかどうか?」ということを、通常の恋愛に比べて、早く判断する傾向がありますね。

そういうこともあって、パーティーでのカップリングは、かなり早く終わるということにも繋がっているんですけど。

とまあ、話が長くなりましたが、つまりは、
「パーティーに参加するのも、早ければ早いほどいい。
なにも、出会いのカタチを一つに絞る必要は無い訳で、様々なところに
出会いの仕掛けを作っておく方が、圧倒的に確率が上がる訳ですから。確率だけでなく、より良い人と巡り合える可能性も上がりますね。」

2つの選択肢から選ぶよりも、10つの選択肢から選ぶ方がいいですしね!

ビジネスの世界の名言を、まだ素敵な出会いをされていない方に送ります。

【アクションを起こした人には、それに対する”ご褒美”がある!】

では、皆さん、NYSDのパーティーでお待ちしております。

カップリングパーティーの流れって!?

皆さん、こんばんは!

ヨッシーです。

お蔭様で、4月25日のパーティーまで、あと1週間もあるのに、参加申込みの方が、数名いらっしゃいました。

ご存知の方は”通”ですが(笑、カップリングパーティーへの申込みって、当日、もしくは前日がほとんどなんですよ。

そのぶん、パーティー主催会社は、参加者の人数が読みづらくて、男女の人数調整が難しいんですね。

ということもあり、最初は「知人の人からの申込みかな?」と思ったのですが、皆さん、知らない方でした(嬉

新宿駅周辺で配り始めた”広告ティッシュ”の成果でしょうか!?

「初回は独身の知り合いが多いパーティーになるかなぁ。」と思っていましたが、このままいけば、知らない人ばかりのパーティーになり、緊張しそうです(笑

とりあえず、開催日まであと数千枚のティッシュを配ります!お楽しみに!

さて、本日のテーマは、”カップリングパーティー”の流れ について、語ってみます。

今回は、本当に行ったことが無い人向けですね。

もうすぐ、”婚カツ”というSMAPの中居さんが主演のドラマが始まりますが、その中でも”カップリングパーティー”は何度も出ると聞いています。

ということもあり、実際にパーティーを目にすることも増えるかと。

NYSDと従来の日本式カップリングパーティーは少し異なりますが、ここでは、従来の日本式のお話をします。

まず最初に、男性15人、女性18人といった感じで人数が集まります。

多くの場合が、参加会場でお金を支払い、番号カードとスコアカードをもらいます。

そして、指定された席に座ります。

そこでは、向かいに男性がこちらに向かって座っているパターン、あとは、横の席にすわっているパターンとがあります。

時間が来ると、司会者より挨拶があり、ルールと注意事項の説明があります。

そして、早速、1周目開始(笑

よく言われることですが、いわゆる”回転寿司”方式で、2分前後話をしては、男性の方が次の席に移動します。

全員の異性と話終わる(というか、2分程度では自己紹介だけで終わりますけど(苦笑))と、今度は、”ファースト・インプレッション(第一印象)”というカードに何名かの異性の番号を書く作業に移ります。

そのカードは数分後に、その番号の異性に渡されます。

つまり、「私はあなたのことを、気になりました。」という意思表示ですね。

そして、今度は”フリータイム”です。

女性はまたそのままで、男性の方から気になった女性の元に行き、今度は4分前後話せます。

これが、約3~4回ですね。

ここで問題点は2つ。

1つは、”1対1ルール”を採用しているお見合いパーティーでは、人気のある女性に男性が殺到して、話せない場合が多いこと。

2つ目は、”女性からは動けないこと”。

通常、このフリータイムで話していない人と、カップルになることはほとんど無いと思った方がいいですね。

女性も、フリータイムに来なかった(実際には人が多くて、行けなかった)人は、最終的に選ぶ人からは除外する場合がほとんどですね。

フリータイムの後は、最終投票ということで、「カップルになりたい人の番号を、上位3~5名記入」します。

その投票用紙を集めて、集計し、「本日は、カップルがなんと○組誕生しました。」ということで、男女の番号が発表されて、お開きになります。

これで、第一希望同士でなくても、とりあえずは”数組”誕生という形になり、カップルになった方達は、その後、そのまま一緒に食事に行ったり、メールアドレスを交換して、後日会いましょう!ということになる訳です。

というのが、日本式カップリングパーティーの基本的な流れですね。

まあ、カップル誕生の率が50パーセントを超える会は、少ないと思われます。

となると、何にも収穫がなくて、寂しい気持ちのまま帰る人が大半という訳です。

実際に体験してみると、結構、むなしさと寂しさの同居した感覚になります。特に夕方に行われているパーティーに参加すると、出る時には夜になっているので、凄くさびしいです。はい。(苦笑

「何回来てもダメだ。僕(私)って、第一印象が強くないから、パーティーって向いてないなぁ。」と心が折れてしまう人も、少なくないでしょうね。

そもそも多くの人が、「僅か数分で、相手にとって自分が少なくとも”会場の中で1番”にならなくてはいけないのってどうなの? 自分、そんなに短期決戦向きじゃないんですけど。。。」と思っているはずです。蓮

その点、NYSDの婚活パーティーは、パーティー後の発展率が全然違いますからね!

今までのパーティースタイルに不満のある方、是非ご参加してみてください!

より深いレベルでお互いを知ることができるチャンスを得られるはずです。

カップリングパーティーに来る人って!?

皆さん、こんばんは!

さて、本日で4回目となりました。

本日のテーマは、「カップリングパーティー・お見合いパーティーってどんな人が来るの?」
を語ってみます。

 

さて、まだ婚活を始めていなくて、一度も行った事の無い人にとっては、全く想像がつかないと思います。

でも、一番多い意見は、「もてそうにない人ばっかりでしょ!?」というご意見。

実際にそうなの?と言われると、そうでもないですよ!

もちろん、滅茶苦茶モテる人は来てません。それは否定しません(^^)

でも、客観的に見て、“一般レベル”より少し上かな。。と思える人は結構来ていますよ。

「ふーん、結構・・・って、どのくらいなの?」

と聞かれれば、会場によって異なりますが、1~2割くらいじゃないでしょうか。

これを少ないとみるか、多いとみるかは、その人次第ですが、学生時代を思い出してみてください。

「1クラスに約40人いたとして、そんなにイケてる人、多かったですか?」

クラスの4割~5割もいた!という学校はドラマ以外にはまず無いと思います秊

“パレートの法則”じゃありませんが、大体、
1~2割 イケてる人達
7~8割 普通の人達。
1割前後 イケてない人達

という数に収束していると思われます。

婚活パーティーに来ている人の分布もほぼ同じです。

よほど参加資格を限定した集まりでなければ、イケてる人ばっかりのパーティーというのはあり得ないとも言える訳です。

それに、“恋人向き”の人と、“結婚相手向き”の人は違う!ということは、よく議論されるところですが、カップリングパーティー参加者をこの2つに分けるとすると、“結婚向きの人”の部類に属する人が多い!というのも事実です。

遊びをよく知っていて、一緒にいると凄く楽しませくれるというタイプの方は、多くないですが、一緒にいても緊張しなくて和めるというタイプは多いですよ。

そんな落ち着いた人を探している人は是非、一度は足を運んでみることをオススメします。

東京のなごみ重視のカップリングパーティーといえば・・・そう!NYSDです(笑)

是非、一度ご参加を♪

カップリングパーティーの歴史って!?

皆さん、こんばんは!

本日で、第3回目になりますね。

 

本日のお題目は「カップリングパーティーの歴史」を。

そうですね、このブログを読んで下さっている方って、何歳くらいの方多いのか分かりませんが、恐らく20~30歳後半というところではないかと推測します。

元々、”お見合いパーティー”という呼び名で、20年くらい前に流行したそうです。

今、30代の方は、”ねるとん紅鯨団”を見たことが一度くらいはあると思います。

あの長寿番組がテレビで流れていた頃か、少し前くらいでしょうか。

時代が経っても、やはり人の恋愛話には、多くの人が興味を持っているようですね。

30代の人は”ねるとん世代”で、10~20代の人は”あいのり世代”というくくりになるのかもしれません。

さて、話を元に戻しますと、お見合いパーティーはその後、ブームが去ったのと、少子化の影響で廃れてきたと聞いています。(広告代理店の営業より)

もっとも、呼び名が途中から、”お見合いパーティー”⇒”カップリングパーティー”と変わってはいますが、中身には大した違いは無いようです。

ただ、カップリングパーティーの方が、若干、カジュアルで敷居が低い印象を受けますね。

そんな”カップリングパーティー”ですが、ここ数年で色々なスタイルに派生しているのは、皆さんご存知の通りです。

バスツアーもあれば、料理教室の要素を取り入れたものもありと、ニーズの多様化が見えますね。

ゲーム性の高いものから、単純に会話を楽しむタイプまで様々。

どのスタイルが一番良いというのは無いと思いますので、東京にお住まいの方は数多くのお見合いパーティーから、興味があるパーティーがあれば、気軽に参加してみるのがいいと思います。

自分に合ったパーティースタイルというのは、確かにあります。

マッチング重視の方がいらっしゃれば、その場の雰囲気重視の方もいらっしゃいます。

どのお見合いパーティーも、仕事場と自宅の往復で終わっているあなたには、新しい出会いと非日常的な感覚を与えてくれます。

案ずるより産むが易し!です。

現状を変えたい場合は、今までとは違ったことをしないといけません。

選択肢は沢山あります。

どうしても、躊躇してしまう! やっぱり敷居が高い!と思われる方は、是非、NYSDのパーティーを入り口にしてみるとことをオススメします。

居心地の悪さは決して感じないはずですから秊

迷ったらGO!です!!

婚活パーティー:オープニング!

皆さん、はじめまして。
カップリングパーティー会社を始めました!

本名もリンク先のHPを見ると載っておりますが、とりあえず、ブログ上では、ニックネームでもある”ヨッシー”ということにしておきます。

 

さて、今回のブログが初回ということもあり、それに似つかわしい内容にします。

「どうして、パーティー会社を始めようと思ったの?」

多くの人に言われます。

どうやら、僕を昔から知る人ほど、想定外の仕事に思えるようです(^^;

正直、自分も気がついたら、今の状況にいました。という感じです。

元々、人になにかしてあげるのが好き!ということは自覚していましたが、物欲は人並み以下で、睡眠欲が人並み以上という感じで、起業家らしくない性格だと自分では判断しています(苦笑

 

そんな自分が、このカップリングパーティービジネスに初めて参加したのは、確か、今から6年程前のことでしょうか。

それから、途中の数年間は全く参加しておりませんでしたが、去年の夏に久しぶりに参加したところ、あまり変わっていないんですね。

大手と呼ばれる会社のお見合いパーティーに参加したものの、相変わらず”人”を”モノ”のように扱う従業員、段取りが悪く、やたらとパーティー進行に間があるシステム等々。

昨今の”婚活ブーム”で少しは一般の人から興味を持ってもらえる業種になってきましたが、これではまだサービス業としては、イマイチ。

少子化ということもあり、こういった人の縁を結ぶビジネスというのは、物凄く社会的意義があるにも関わらず、社会的な評価はもうひとつ。。

一度参加された人のリピート率が凄く高い業界ということから分かるように、カップリングパーティー自体は大きな可能性があります。

出会いの場として、もっともっと認知されれば、もっともっと多くの人の人生に深く関われる素晴らしいビジネスです。

自分が企画したパーティーで合った2人が、結婚まで行けば最高じゃないですか!

 

そのパーティーが存在しなければ、絶対に接点の無かった2人を繋ぐなんて、こんなに意義のある仕事って少ない気もします。

とはいえ、何のブランドもない”NYSD”という会社がどこまで皆さんに評価され、多くの人に関わっていけるか分かりません。

どんなにサービスとして自信があるものであっても、味わってもらえるまでは理解されないものです。

このブログを読まれた方が、少しでもカップリングパーティー、もしくは”NYSD”という会社が開くパーティーにご興味があれば、是非一度、ご参加してみてください。

このブログに来られたのも何かの”縁”です。

ここから、あなたの人生の大きく関わるような”ご縁”をご紹介できるかもしれませんので。

2009年4月

株式会社エヌ・ワイ・エス・ディ

カップリングパーティー業界とは!?

皆様、本日で第2回目となりました。

今回は、馴染みのある人には凄くあるけど、無い人には全く無いという!?カップリングパーティー業界について、お話します。

何故、馴染みがある人、無い人の差が出るかといいますと、ズバリ!リピーター率が高いんです!

つまり、最初の1度目は勇気が要るけど、1回行くと”はまってしまう”んです。

魅力は色々ありますが、やはり非日常的な空間ということが大きいと思われます。

合コンに行っている人は多いと思いますが、通常、異性は3~5人というところでしょう。

それが、カップリングパーティーでは、桁が一つ違います。

大体10人以上いれば、「少し付き合ってみてもいいかも!?」と思える人が一人くらいはいるものです。

しかし、そこは僅か3~5分程度の会話で相手が分かる訳はなく、その場で”カップル誕生”ということになってはみたものの、大半のケースですぐにどちらかが、「なんか違う!」ということになり、別れてしまうのです。輦

基本的に従来の日本式パーティーでは、一人の人としかマッチングしない仕組みになっているので、上記のようなケースで別れてしまった人は、また相手を求めてパーティーに参加するということになる訳です。

まあ、確率からいっても、そんなに簡単に「この人だ!」と思える人に出会うのは難しい話です。

しかし、1度のパーティーに、気になる人が2人いた場合、困ることになります。

「うーん、どちらも同じくらい話も盛り上がったし、見た目も悪くないし。。」

と悩んだ挙句、Aさんを選んだとします。

とりあえず、その場はAさんとマッチングしました。

しかし、1度デートをしてみると、色々と幻滅するようなことが。。。

そうすると、前回の婚活パーティーにいたBさんのことを思い出し、「ああ、選択を間違った。。ひょっとしたら、Bさんが私にとって運命の人だったかもしれないのに。。話もあんなに盛り上がったのに。。でも、今から連絡をとることも出来ないし(涙)」

ということが、多々あり得るのです。

しかし! 宣伝になりますが、東京で開催中のNYSDのパーティーではそんなことはあり得ません!

何故かというと、あなたが気になり、あちらも気になった場合には、パーティー後に、NYSDを通して”メールアドレス”が交換されているからです!

そう!パーティーで気になった人がいたら、両方選んでおけばいいんです!

そもそも数分の会話で、相手のことを深く理解できるはずは無いんです。

つまり、出会いの機会損失が無くなる訳です。

何度も何度も疲れるほど、パーティーに通うのもいいですが、より効率的に長く付き合える人をNYSDで探してみませんか?