婚活パーティー必勝法(TIPS4PARTY)

自分の婚期を知る方法!?


早速ですが、2011年現時点の平均初婚年齢をご存知ですか?

 

 

 

人は人。自分は自分。

 

ということで、別に他人が何歳に結婚しようがどうでもいいことなんですが、人間の満足感というのは、周りとの比較から生まれているというのは、周知の事実。

 

皆が大好きな!?”偏差値”にしても、全体の中での比較により数値が決まってくる訳です。

 

特に日本という国は、A型の人が多いせいか!?平均から外れることを”良し”としない文化的な背景がありますよね。

 

 

さて、答えをお話しますと、

 

男性の初婚年齢・・・ 30.4歳

 

女性の初婚年齢・・・ 28.6歳

 

だそうです。

 

 

いつの間にか、男性の初婚年齢は30代になっているんですね。

 

女性も昔は、クリスマスケーキに例えられたりした時もありましたが、今では平均が28歳以上になっているんですねぇ。

 

 

しかし、これって全国平均ですよね?

 

恐らく、東京を中心とする関東圏で集計すると、2~3歳くらい上がってくると思われます。

 

もっと正確に捉えれば、平均値というものは意味が薄くなり、2極化したデータが出てくるのでしょう。

 

早い人は25前後、遅い人は・・・30代後半!?とか。

 

そして、この傾向はもっと極端になると予想されているそうです。

 

(※男性の生涯未婚率は、現時点でも18パーセント程らしいです。

これが、2025年に25パーセントを超えると見込まれているそうです。)

 

※生涯未婚率とは・・・・50歳において結婚歴が無い人の割合。

 

 

 

で、本題の”自分の婚期を知る方法”ですが、親を見るとある程度分かるそうですよ!

 

結論から言えば、

 

男性は、父親を、

 

女性は、母親の結婚した年齢を見て、晩婚であれば、子供も晩婚傾向があるとのこと!

 

(ソースはこちら

 

婚期も遺伝するということでしょうか!?

 

ちょっと信憑性に欠けるデータような気がしますが、あなたの周りでは実際どうですか?