ブログ

なれるか?なれないか?

こんにちは!

NYSDのヨッシーです。

最近、スマートフォン デビューしました。

変更した機種は、もちろん iphone4 です!

予約開始日の次の日に、ネットから申込したのですが、発売日1週間後にあっさりGETできました。

使ってみた感想としては、流石になめらかな操作性ですね。

今現在、いわゆる”パケット放題”に入っている人には、オススメですね!

2年縛りだけど、実質無料で16GBは手に入りますから。

「携帯で、ネットはほとんどしない」という人には、値段アップ分のメリットがあるかどうか、検討の余地ありって感じです。

また、なによりも、iphone を持っていると、女の子にモテるそうですよ(笑)

 

さて、最近、東京の会場で「どういった男性がモテるか?」というアンケートを見ました。

そこでは、「面白い話ができる人」「聞き上手な人」「自分から話掛けられる人」etc… という結果に。

まあ、いわゆる“話上手な人はモテる”という、極めて当たり前な結論になっていた訳です。

これってその人のキャラクターであり、特技ですよね。

周りから見ると、何の苦もなく、さらりとやってのけるので、いとも簡単に見えます。

自分も当初、そういった人を見る度に、そう思っていました。

でも、実際は違うんですね。

そういった人達は、そういう場になると“瞬間的”に、そういったキャラクターになるんですよ!

なので、傍目には分かりづらいですが、かなりのエネルギーを必要としているようです。

もっと分かり易い言葉で言えば、「一気にテンションを上げる」ので、終わった後は、かなり疲れるそうです。

お笑いタレントなんかが、TVカメラの前だと、ニコニコと冗談ばかり言っている姿を我々は見ますが、その家族にマイクを向けると、「家では、凄く無口ですね」という話をよく聞きます。

やはり、お笑いタレントも、あのテンションはナチュラルではないんですよ。
(まあ、1年365日、どこでもあの調子でいられると周りは大変ですよね(笑))

 

つまりは、天性のものではなく、自分で作り上げたもの ということになる訳で、本人の頑張りであり、気持ち一つに掛かっていると言えるのではないでしょうか。

結論として何が言いたいか? というと、「自分はそういうキャラクターではないので」とか、「自分は元々明るい性格ではないので」というのは言い訳であって、本当にいいと思える、心からそういう性格になりたい!と思えるのであれば、努力次第でそういう自分も違うキャラクターを演じれるという訳です。

「自分は無理」と思った瞬間、頭を使うのを辞めますので、本当に無理になります。

もちろん、いきなりハイテンションのキャラクターになるのは難しいでしょうが、少しずつでも変えていけるはずです。

周りからは、「あれっ、そんなキャラだった?」と驚かれることがあるかもしれませんが、なりたい自分ならいいじゃないですか♪

どんどん変わっていきましょう!

「マッチング」と「縁」!?

みなさん、こんにちは。 スタッフのHanaです。

今回は、お見合いパーティでマッチングした人とのメールのやりとりについて、

少しお話したいと思います。

『マッチングしてメールを送っても一度も返信がない!』という声を、

参加者の方々(主に男性)からたまに聞くようになりました。

NYSDでは、複数の方とマッチングする可能性が高いため、第1希望の人とマッチングしていれば、それ以外の人はどうしても後手になってしまうでしょうね。

あとは、4~5分の会話という限られた時間内での判断なので、後でよく考えたらちょっと違った・・・

という事もあるでしょうし、約20人もの方々と一時にお会いして、誰が誰だか分からなくなり、投票用紙に番号を間違えて記入してしまった・・・

なんて事もありえますよね。

そうした場合、男性から送られてきたメールに返信できない・・・

という気持ちは良く分かるのですが、ちょっと考え方を変えてみませんか??

たとえ、『ちょっと違ったかも』 とか 『番号間違えちゃった』 としても、

『マッチングした』 という事は、それ自体が 『縁』 なのかもしれないんですよね。

お相手のことをまだ良く知らない段階での判断だけで白黒つけてしまっては、

せっかくの縁を逃しているかもしれない・・・と。

だからこそ、せめて何度かはメールをやりとりしたり、

もう一度ゆっくり会ってみてから判断してほしいなぁと思うんです。

どうか『縁』を逃さないようにしてくださいね!

毎日をどう過ごすべき!?

梅雨に入ってから、毎日蒸し暑い日が続いてますね。

こんにちは、スタッフのRYOです☆

梅雨寒、という言葉が恋しい今日この頃。。。

気付けば、今年も半分終わっちゃうんですね~。

年始に立てた誓いは達成出来ていますか??

私は、、、あと半分ありますからっ笑

そんな私が、最近大切にしようと想ってる事。
それは。

1日1日を自分に愛情をもって生活する

1日24時間は、ぼーっとテレビを見ていても、寝ていても、過ぎていきます。

仕事をしていると、自分のために時間を費やす事無く仕事だけで1日が終わってしまうこともありますよね。

もちろん、仕事も自分のためだけれど、毎日の暮らしそのものをおろそかにしていると、ふと、何のために生きているんだろう?と自分を見失ってしまう事も。

自分に愛情をもって、やさしく、大切に日々を積み重ねていけたら、その先には、きっとなりたい自分が待っているはず。

やってくる毎日を、当たり前と想わず、何でもいいからスペシャルな事を見つける。

それだけで、毎日がキラキラしてくると想いませんか?

やっぱり、自分が好きな自分を、好きになってもらいたいですしね♪

さぁもうすぐ、夏がやってきます。

恋をしなきゃ、もったいない季節ですよね☆

たくさんの素敵な出会いが訪れますように☆

男性は打たれ強くあれ!?

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです。

梅雨の時期は嫌ですね。

外出すること自体が億劫になりますね。

しかし、人が休んでいる時こそ、チャンス! です。

さて、最近、気になる電話を頂きました。

2週間に1度のペースでお送りしているメールマガジンを発信した日です。

昼過ぎに非通知設定で、男性から会社宛に電話がありました。

男性「あの、頼んでもないのに、お宅からメールが来たんですけど。もう送らないでもらえます? お宅みたいなサクラをつかう会社には、もう行きたくないんで!(怒)」

とのこと。。

うーん、メールマガジンに関しては、会場内でお配りするアンケート用紙の下にチェックボックスをつけて、確認しているんですけど。

それよりも、「お宅みたいなサクラを使う・・・」って!?

電話でのやりとりとしては、

私「えっ、サクラは使っていませんけど・・・」

男性「いいや、使ってます!」

と言われるので、電話で議論しても水掛け論になるとの結論に達しまして、

私「では、メールマガジンの方はすぐに送らないように手配します。あの、お名前か電話番号を頂いてもいいですか?」

男性「●月に参加した●●です!」

<以下、省略> 電話終了

その後、「その誹謗中傷にムカついた!」というよりも、どうして、「サクラがいる!」思ったのか? ということが気になりました。

本音を言えば、その電話の中で、「あの~、そもそも●月って、サクラは元より、知り合いすら参加していないんですけど・・・」って言いたかったのですが(苦笑)

さて、どういうシチュエーションに合ったので、“サクラ”だと思ったのか?

ありがちで考えられるケースとしては、

・マッチングしたにも関わらず、返信メールが返って来なかった。

・一度目の返信はあったが、デートに誘ったら返事が来なくなった。

でしょうか。

でも、これってNYSDに関わらず、よくあることだと思うんですけど。

特にNYSDでは、複数の異性とマッチング可能なので、他のパーティーよりも上記のケースに出くわす可能性は高くなるとは思います。

しかし、こんなことに出くわす度に、「人間不信になりそうだ!」といった感じに心が折れていたのでは、キリがないと思いませんか?

女性を口説くのが上手な人というのは、トップ営業マンと同じで、総じて“面の皮が厚い”ということが言えると思います。

基本、プラス思考です。

もしメールの返事が返ってこなければ、

「あれっ、どこかしくじったかな? 自分の振舞いのどこかに不信感を与える行動があったのかな? まあ、いいや。多分彼女は、猜疑心が強くて、内にこもってしまうタイプの子だったんだろうな。さぁて、今日のランチは何を食べるかな~♪」

と、すぐに気持ちを切り替えます。

一方、女性から見て、魅力的に見えない男性は、

「あれっ、まだ返事が来ないや。 ああ、やっぱりあんなメールを送ったからだ!彼女みたいに可愛い女性に、自分みたいな冴えない奴が釣り合う訳ないよな。
今頃、きっと彼女もメール見ながら、勘違い野朗だと笑ってるよ!すげー恥ずかしい! もう女の子に話かけるのはやめよう。。」

上記の話は、ちょっとオーバーですが、魅力的な男性とそうでない男性との分かれ道になっていると思われます。

実践が必要なのは、例えるなら、「サッカーボールに触れずにプロのサッカー選手になれますか?」

「筋トレの本を読むだけで、ムキムキになれますか?」

というのと同じことだと思います。

厳しいことを言わせて貰えば、本来ならもっと若い時にそういった技術を磨いておくべきだったのに、結果としてそれを怠ってきた訳です。

どうしても欲しい!と思うものがあるのであれば、今からでも努力せざるを得ないでしょう。

よく「物事を始めるのに、遅すぎるということはない」という格言がありますが、こと恋愛・結婚に関しては、遅すぎるということがあると思います。

始めるとすれば、一日でも早く始める必要があると思います。

「明日から始めよう!」という人は、恐らく一生無理でしょう。

始めるなら「今日から!今すぐ!!」です!

何か、目標達成の為のアクションを起こしてください!

NYSDは頑張る皆さんを応援します!

マッチングその後!?(その3)

皆さん、こんばんは!

ヨッシーです。

梅雨ということで、蒸し暑い毎日にうんざりですね。。

でも、素敵な彼氏・彼女ができた!という人にとっては、梅雨時期すらも楽しい毎日♪ なのではないでしょうか(羨)

さて、前回、前々回に引き続き、パーティーでカップルになったのに、続かないことが多い男性に送るアドバイス!?(その3)です。

3つ目は、「何を考えているのか、良く分からない人」はダメ!

もっと具体的に言えば、「自分(女性)に対して、恋愛感情を持っているかどうかハッキリしない人」はダメ!

これって、数から言えば、凄く多いんじゃないでしょうか。

“草食系”という言葉が流行していることからも分かる通り、恋愛に対して奥手、コミュニケーション自体が苦手な人達って多いですよね。

完全に“草食系”という訳ではなくても、「どちらかと言えば、草食」というグレーゾーンにいる人の特徴として、気持ちをストレートに出すのが苦手。

女性としては、「一緒にいて、楽しいか?」と言われれば、「話題も豊富だし、優しいから、それなりに楽しいよ」と答えるかもしれません。

しかし、「恋愛に発展しそうな関係を予感できてる?」という質問に対しては、「あっち(男性)に聞いてください!」と(苦笑)

解決策としては、別に難しいことじゃないんですよね。

相手の良いところを見つけて、ただそれを口にすればいいだけ。

“難しいことだ!”とか、“心に響くことを言わなきゃ!”という変な思い込みがあるから、おかしくなるんですね。

会話の中で、さらりと気負わずに言えばいいんです。

女の子は脳の仕組みから言って、男性よりも嘘を見抜く能力が優れているそうです。

だから、本当に思っていることをストレートに口にすれば、たとえどもってしまっても、気持ちは伝わります。

「褒める ≒ 好意を持っている」ということになりますから、正直に褒めてあげれば、相手も自分が好意的に思っている気持ちを理解してくれます。

それを全くせずに、“映画の話”や“テレビの話”、“経済の話”ばかりしていたのでは、「今後の見込み無し」として、関係を打ち切られるのも仕方ないですよね。

特に女性は20歳後半になってくると自分の年齢・時間に敏感になり、「今からムダな恋愛はしたくない!」という気持ちが強くなってくる傾向があるので、そういった男性の名前は、速攻で携帯電話の連絡先一覧から消されることになります(悲)

「気持ちをストレートに!」

直球勝負が楽で効果的です♪

話のきっかけ作り

こんばんは!NYSDスタッフのMEGです☆

このブログを書いているのが夜だというのと、 今回(6/13)のパーティーが 夜の時間帯の開催だったということで、 『こんばんは』でスタートしてみました。

夜のパーティーっていうのも、ムードがあっていいですね!

昼間のパーティーではあまり見かけない、アルコールを飲まれる方もちらほらいらして、 おかげでテーブル上が華やかになりました!

少しアルコールを入れるというのも、緊張がほぐれて話しやすくなっていいですよね。

『何を飲んでるんですか?』とか、話のきっかけにもなりますし。

私は仕事柄人前で話す機会が多いので、いつも『話のきっかけ』を探しながら生活しています。

最近、コミュニケーションツールとして注目しているのが『手相』。
テレビで一躍有名になった『銀座の母』に見てもらいに行ったことがあるのですが、ものすごい人気で、朝7時から配布の整理券は即完売・・・。

結局見てもらえず、悔しい思いをしたことから、それなら自分で見てやろう!と勉強を始めたのです。

これがなかなか面白い!

今は空前の『手相』ブームで、関連書籍も数多く出てますので、誰でも簡単に始められますよ!

一般的な知識だけでも身につけておくと、話の取っ掛かりとしてはとても便利☆

手相見てあげる、って言って嫌がる人はまずいないと思いますしね。

それに、手相を口実にスキンシップも図れるので、女子にとっても男子にとっても 相手との距離を縮めるのにいい手段だと思いませんか!?

流石に、NYSDのパーティー会場ですぐに!というのは難しいでしょうが、マッチング後の最初のデートなんかでは、効果的だと思いますので、是非使ってみて下さい♪

プロフィールカードに書かれていないことも、結構見えてきちゃうかも・・・?

マッチングその後!?(その2)

皆さん、こんにちは!

NYSDのヨッシーです。

いよいよ関東も梅雨入りしましたね。

「梅雨が好き!」っていう人は稀ですが、考え方次第で少しは気分が楽になるものです。

夏もあと少しですね。

人間のエネルギーが一番充実する夏に向けて、心とカラダの準備を始めましょう!

さて、前回の「マッチングした後が続かない人」に対してのアドバイス(その1)の続きを。

 

2つ目は、「最初から相手を不安にさせる情報を多く出さない」

一番ありがちなのは、会って間もないのに、将来について不確定な話をしてしまうパターンですね。

男性からしてみれば、“夢”を語る男性ってカッコいい!と思ったりするのですが、女性は現実主義ですから、それに対して冷静な目で見てしまう傾向があります。

女性の恋愛感情はジワジワ好きになっていく… が基本ですから、ある程度気心が知れた仲になってから、そういった話をするのであれば、理解してくれる可能性は高くなりますが、最初の「切るか、続けるか」の2択状態ではギャンブルになりますね。

なので、最初のデートなどで、「将来独立するんだ!」とか「来年には転勤になると思うんだ」といった話は避けた方がいいと思います。

別に「嘘を言え!」と言っているのではなく、リスクを伴う話を、聞かれてもいないのにベラベラと喋るのは賢い方法ではないというだけの話です。

特に今の世の中、不景気な話が多いので、リスキーな話は極力控えて親しくなっていくのがベターでしょうね。

営業でも、値段の高いものを売る際には、いきなり値段の話から入りませんよね?

まずはヒアリング(聞き上手)に徹して、「何が相手の重要視しているポイントか?」「何がタブーか?」を見極めましょう!

全ては“タイミング”です!気をつけましょう!

こんな女性から男性は逃げていく!?

皆さん、こんにちは!

またまた、女性ブログ側に登場のヨッシーです♪

最近でもないんですが、よくマイケル・ジャクソンのDVDを観ています。

いつも思うんですが、十数人もいるのに、よくピタリと踊りを揃えてくるなぁ…と感心します。

一方、何故SMAPは僅か5人なのに、あんなに踊りがバラバラなんだろう…

 

さて、今回のテーマは、

「パーティーでマッチングしても、その後が続かないの」という方へ。

特に自分からではなく、相手からフェードアウトされてしまう女性の方。

「ひょっとして、こんなことしていませんか?」 というのが、今回のテーマです。

これは男性目線での意見なので、女性同士で議論してもあまり出てこない貴重な!?意見だと思いますので、女性ブログの方に書いておきますね。

 

人によっては、辛らつな意見と映るかもしれませんが、“良薬口に苦し”ということで、ちょっと我が身を振り返ってみてください。

ここでは多い3つのパターンを挙げてみます。

 

まず、多いのが“悪口が好きな子”(苦笑)

例えば、実際の会話はこんな感じになります。

男性「藤原紀香って、スタイルいいよね~。さすが加圧トレーニングまでやってるだけあるよねぇ」

女性「でも、もうおばさんでしょ。バツイチだし…(以下、省略)」

こんな女性の口癖は、「だって本当でしょ!」(苦笑)

ここでは本当かどうかなんて、男性にとってどうでもいいんです。

重要なのは、そこから見える“いつも人のアラ探し”ばかりしているんだろうなぁと男性が思わされること。

付き合いが短い段階では、男性はシンプルに、「人をよく褒める人は性格の良い人」

「人の悪口が多い人は性格の悪い人」 と判断します。

心当たりのある方、ご注意を!

 

続いて、多いのが“愚痴の多い人”

男性「へぇー、会社で事務やっているんだ。大変そうだね」

女性「本当にそうなの!周りはオジサンばかりだし、上司はバカだし、給与は安いし…(以下、省略)」

まあ、愚痴を全く言わない人というのは、めったにいないので、少しはよしとしましょう。

でも、愚痴にも“言い方”というのがあって、困った表情で愚痴っている姿って、それなりに可愛かったりするんですが(笑)、顔をしかめて嫌悪感を漂わしながら愚痴を言っている姿は、周りから見ていて痛いですね。

どんなに端正な顔をした美人であっても、頂けないですね。

まあ、そんな愚痴ばっかり言っている毎日を過ごしている人は、どうしても顔に出てきますよね。

いくら本人は隠しているつもりでも、なんともいえない底意地の悪さを感じさせるような顔になってきます。

どんなに鈍い男性も、人生30年ほど生きていると、小一時間程度の会話でそのくらいは察知できるようになっています(笑)

ドキッ!とした方、ご注意を!

 

最後の一つは、“卑屈な人”

シャイを通り越して、卑屈と思えるほど自信がなさそうな人は、大きなマイナスですね。

恋愛対象として良い、悪いは人が決めることだし、そもそも自分が思っているほど、世の中の人は自分に対して関心を持っていないんですね。

だから、体や能力にコンプレックスがあっても、そこまで思い込む必要ってないんですよね。

ただ単に、自分に合っている人、自分を大事にしてくれそうな人を見つける作業だと思って、出会いの数を増やす努力をすればいいと思います。

恋愛・結婚の公式なんてものがあるとすれば、

恋愛力、結婚力 = 自分のレベル × 出会いの数

でしょうか。

自分磨きと出会いの数増加は、車でいえば両輪です。

両方回して行きましょう!

結婚の市場価値って・・・!?

みなさん、こんにちは。

スタッフの Hana です。

先日、女性の結婚に関するコラムを目にしてドキっとしました!

27歳までなら、望み通りの男性と結婚できるでしょう。

32歳までなら、条件の良い男性と結婚できます。

35歳を超えれば、妥協をしなければ結婚が難しくなります。

37歳を超えると・・・

まだ先は続くのですが、心が痛むので引用はこの辺で止めておきますね(汗)

「女性は年齢が上がるごとに結婚の市場価値が下がる」 だなんて、差別だわっ !! と思う方々もいるでしょう。

私も、20代の頃にこれを聞いたとしたら、そんなことないでしょー?! と反論してたと思います。

でも、厳しいようですが、これって現実なんですよね・・・

都会で生活していると、楽しいことや興味をそそられることが溢れていて、それらに夢中になっているうちに、アッという間 ?!

30代のHana、しみじみ実感しております(>_<;)

なので、20代の女性のみなさん、婚活するのに早すぎるなんて事はありません!

30代のみなさんも、1ヶ月~半年~1年先に比べたら、気づいた今、この瞬間が一番若いです。

出会いのあるパーティにたくさん参加して、「市場価値」が少しでも高いうちに、理想のパートナーを見つけてくださいね♪

マッチングその後!?(その1)

皆さん、こんにちは!

NYSDのヨッシーです。

GWから毎日の温度変化が激しくて、風邪など引いていませんか?

自分の周りでは、かなりの人が風邪を引いていますので、体調管理には皆さん、ご注意ください。

どんな人も、”カラダが資本”ですからね。

さて、今回のテーマは、マッチング、もしくはカップリングのその後について、語ってみます。

「パーティーで、カップルにはよくなるんだけど、その後が続かないんだよなぁ」という男性、いらっしゃると思います。

確率からいって、そういうものですので、そんなに気にすることは無いと思います(経験多々あり(苦笑))

が、毎回のように先に進まず、一度食事に行っては、音信不通ばかり…(涙) という方は、少し行動パターンを見直してみる必要があるかもしれません。

今回は、男性が陥りがちないくつかのパターンを見てみましょう。

一つ目は、「食事もお茶も全てワリカンにする」です。

これって、よく議論されるテーマですよね。

「バブルの頃ならともかく、最近の若い人はワリカンの方がいいんじゃない!?」と言われたりもしますが、男性側から誘ったデートで、且つ“次もまた会いたい”と思う相手とのデートなら、男性が全て支払うべきでしょう。

「会って間もない男性に借りを作りたくない!」とかって思う女性は稀です。はい。

仮に自分が女性として、パートナーを探している状態であれば、相手の“お金の使い方”というのは、凄く興味がありますね。

最初から、ワリカンにされるようであれば、結婚でもしたら「釣った魚に餌はやらない」ということになる確率が極めて高いなぁ。。と考えるのは必然ですよね。

こういうと、「毎回おごらなきゃいけないの?それって不公平じゃない!?」という男性もいらっしゃるかと思いますが、大丈夫です。

相手が学生ならともかく、普通の社会人であれば、「好きではないけど、あの人は美味しいものを食べさせてくれるから、デートには行く!」という人は、本当に稀でしょう。

むしろ、本当に相手が好きになってくると、女性の方から食事に対する何らかの埋め合わせをしようとしてくれます。

なので、払い損になるということを気にする必要は無いと思いますよ。

もちろん、ご馳走したけど1回のデートで、その後は連絡がつかなくなった…ということはあるかもしれませんが、その際は「チャンスは貰ったけど、自分がうまく機会を活かせなかった(涙)」と考え、「どこが悪かったのか?」と反省材料にしましょう!

女性を口説くのが上手な人は、ほぼ例外なく数をこなしているものです。

授業料と思って、前向きに行きましょう!

女性は男性が思っているほど、”イケメン”度を重視していません。

「自分は”イケメン好き”!」と言っている女性でさえもです。

女性を口説き落とすプロの”ホスト”でさえ、それほどの美形はあまりいないじゃないですか!

それでも、「口説き落とせない女はいない!」と豪語できるほどの人が結構いるのは、やはり女性の感情をどう上手に揺さぶるかというテクニックを熟知しているからだと思います。

全然売れなかった営業マンが、1度の契約をとってから、ずっと売り続けるようになることがあるのと同じように、そこにはある種のコツがあるのは確かです。

それを職業として食っていけるほど上達するかどうかは保証できませんが、ある程度のレベルまでは訓練次第で誰でもなれるというのは、確かだと思います。

とにかく、打たれ強くなって、どんどん場数を増やすことが一番の近道ではないでしょうか。

話が長くなってきたので、次回に”その2”を続けます。

カップリングパーティーとの相性!?

皆さん、こんにちは!

NYSDのヨッシーです♪

夏のような天気になってきましたね。

自分の周りでは、既に「海に行こう計画」を話している人も出てきました。

ちょっと気の早い話のようですが、もうそんな時期になっているということですね。

夏は出会いの時期です!

ガンガン攻めましょう!!

さて、今回のテーマは、カップリングパーティーとの相性の良し悪しについて!?を語ってみます。

「カップリング(お見合い)パーティーって、自分に合わないみたい。だって・・・」

という意見をよく聞きますよね。

まあ、好みは人それぞれですから、性格的・趣向的に合わないという方がいても不思議ではないです。

ただ、その理由によっては、単なる思い違い!?という場合もあると思っています。

ちょっと理由を考えてみましょう。

「カップリング(お見合い)パーティーに参加しても、うまくいかない、もしくはいかなかった」という人も多いかと思います。

「だから、つまらない」

という人もいますよね。

パチンコなどのギャンブルと同じで、勝てば楽しいけど、負けるとつまらない。

パーティーに参加して何の収穫もなく帰ることって、絶対つまらないと思います。

「あんな数分の話で、何が分かるんだ!」というご意見も、ごもっともです。

ですが、ここでちょっと見方を変えてみてください。

カップリングパーティーですが、これってある種の“ゲーム”ですよね。

「“出会い”を“ゲーム”と一緒にするなんて、不謹慎だ!」と言われる方もいらっしゃると思いますが、ルールがあって、ゴール(カップリング)があるので、ゲームとしてくくれるのではないでしょうか。

実際、何度か行っていると、段々と“コツ”が分かってくるものです。

経験を積んでいくにつれて、「自分はどういったタイプの女性から人気があって、どういったタイプとはうまく波長が合わない傾向がある。そして、こういうタイプの女性は、こういったアプローチをするとうまく入っていける」といったことが頭と体で分かってきます。

そして、「自分はいわゆる男性(もしくは女性)としての市場価値は、どの程度のレベルにいるのか?」という厳しい現実!?も客観的に見えてくるのは、パーティーならではだと思います。

まるで高校の“全国統合模擬試験”みたいですね(笑)

そこから頑張って自分のレベルを上げる努力をするのか、志望校!?を下げるのか? は自分次第だと思います。

もちろん、恋愛に関しては、「レベルの高い人と一緒になれば幸せになれる」という保証はありませんから、最終的には自分の気持ちと考え方一つですよね。

実際に会ってお話するんですから、プロフィールカードに書かれたことだけを頼りに決めるのではなく、「この人といると居心地が良さそう」といったフィーリングも同じくらい重視されると、よりうまくいくと思います。

あとはどれだけ場を踏むか? だけですね!

出会いパーティー初参戦!

初めまして!

この度、新しくスタッフに仲間入りさせて頂きましたRYOです♪

まだまだ慣れない点も多いですが、皆さんの素敵な出会いを
お手伝いしていきたいと想います。

よろしくお願いします☆

私自身、こういった出会いパーティは初経験なのですが・・・。

初対面でも、皆さんがとても楽しそうにお話されているのが
印象的でした。

もっと緊張して話せない方もいるのでは、と想っていたのですが。

この出会いが、素敵なものになったらいいな。

そう想いながら会場に立っています。

これから、徐々に皆さんの心に触れるブログも書いていきたいと
想ってます☆

私達は、皆さんの出会いの応援団ですから笑

たくさんの方にお会い出来るのを楽しみにしています♪

婚活パーティーにて、印象付ける裏技!?

こんにちは!

NYSD(東京)スタッフのMEGです。

またまた男性スタッフブログに登場です(笑)

ここのところ、急に夏のように暑くなってきましたね!

この間冬服をしまったばかりだというのに、今度はもう夏服の準備。

四季があるというのは素晴しいですが、衣替えの手間を思うと憂鬱な今日この頃です・・・。

さて、唐突ですが、みなさんは何フェチですか?

と、訊いておいて、実は私にはあまりフェチと言えるほど執着のあるものがないんです・・・。

でも、フェチと言うほどではないけど、いい香りは好きです♪

街を歩いていて、ふとすれ違った人からとてもいい香水の香りがすると、追いかけていって「何使ってるんですか!?」と訊いてみたい衝動に駆られます。

よく、男性の香水が強すぎるのが嫌、という女性の意見を耳にしますが、適度な量の香水で、しかもその人の雰囲気に合った匂いのものであれば、むしろ好印象だと思います。

ネクタイや腕時計を選ぶのと同じで、香りを選ぶのにもその人の個性が現れますよね。

品のいい匂いの香水を、ほのかに香る程度につけている男性はとてもセンスがいいなぁと思います。

それに、いい匂いのする人って妙に印象に残りますよね。

昔好きだった人のことを、その人がつけていた香水の匂いと一緒に覚えている、なんてことよくありませんか?

それもそのはず、嗅覚って他のどの感覚よりも記憶に強く結び付いているらしいのです。

だから、街中で同じ香水の匂いを嗅ぐと、懐かしいあの頃の思い出が蘇ったりするわけですね。

パーティーなど、人に多く会う場面では「いかに自分のことを覚えてもらうか」がキーワードになってきます。

視覚・聴覚はもちろん、「嗅覚」も積極的に使ってみませんか?

でもやっぱり、匂いが強すぎて嫌われたらイヤだな・・・。

そんな方は、足首に少しだけつけるようにすると、匂いが柔らかくなって嫌味がなくなりますよ。

これから汗ばむ季節がやってきます。

ぜひ香水を効果的に使って「記憶に残る、いい匂いの人」を目指してくださいね!

運命の人って!?

皆さん、こんにちは!

最近、漫画”カイジ”に、はまっているヨッシーです(笑)

Gyaoの無料アニメを初めて見てから、すっかりカイジの世界に魅了されています。

ホリエモンが、映画版”カイジ”を絶賛していましたが、その理由として、「ギャンブルの映画ではなく、人生そのものを見事に描いている」とのこと。

確かにセリフの一言一言がズシンとくるものがありますよ。

「何か面白い映画か漫画ない?」

と探されている方、是非一度どうぞ! (ざわざわww)

さて、5月4日の東京銀座新会場となった カフェ・ジュリエ。

御蔭様で、盛況でした!

部屋も思った以上に広く、あれほどのスペースでカップリングパーティーを行っているところはないのでは!? と自画自賛の会場でした(笑)

是非、一度参加してみてください。

さてさて、今回のテーマは”運命の人”を語ってみたいと思います。

最近、ふと思ったんですが、「運命の人」っていう言葉ありますよね。

これは、要するに「運命の人」=「結婚相手」ですよね。

世界に二人といない、まさに運命の人。

まあ、一人ではない場合も最近増えていますが。。

それはさておき、「運命の人」ではないけど、「運命の人と同じくらい相性が合う人」って、かなりいると思いませんか?

具体的に言えば、仮に結婚したとして、数十年後に「あぁ、この結婚は悪くなかったな。いや、成功と言えるのではないかな。

人から「幸せな結婚生活か?」と聞かれれば、幸せだと答えれるなぁ。」とお互いに思える関係を築けるパートナーです。

出会う、出会わないを問わず、更には住んでいる場所を問わなければ、世界にどのくらいその可能性を持った異性がいるのかなぁ?と、ふと思った訳です。

普通の人(友達もある程度いて、ちゃんとした職についている)であれば、少なく見積もっても1,000人以上はいると思うんです。

そう思うと、逆に見つけるのは凄く簡単なことだと思いませんか?

世の中に「一人」だと思うから、凄く大変なことのように思われますが、「千人以上」と考えれば、干草の中の針を探したり、太平洋に逃げた“めだか”を探すようなイメージにはならないはずです。

もちろん、家と会社の往復で、新しい出会いは無い生活の中では、行動範囲外に千人だろうが、万人だろうが関係なくなりますよね。

逆に、出会いを求める行動をとっている人にとっては、出会いの数の問題ですよね。

自分の好みの異性が集まる場所に出かけていって、どんどん話すようにすれば、どんどんパートナーへの出会いが近づく…

ただ、そのパートナー候補!?も自分を待ってくれている訳ではないので、時間の経過とともに、どんどん数が減っているのも事実です。

後になればなるほど、確率的に難しくなるという現実もありますので、思い立ったらすぐスタートです!

「えっ、でも何をすればいいのか分からないです。」

という方、出会いの形なんて、どうでもいいんですよ。

結果が全てなんですから。

とにかく、出会いのある場所に飛び込むだけです!

NYSDはそんな皆さんの出会いを応援します!

気軽に、且つ過程を楽しみながら、頑張りましょう♪

楽しくないことは続きませんからね。

自分にとって本当の幸せは

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです!

またまた、女性ブログに書かせて頂きますm(_ _)m

ここ東京では桜も散り、春の到来というか、春のピークを肌で感じる今日この頃ですね。

5月4日に行われた銀座新会場で行われたニューヨークスタイルのカップリングパーティーも無事盛況で終えることが出来ました!

ご参加頂いた方々、誠に有難うございましたm(_ _)m

さて、どうでもいいことなんですが、私、ヨッシーは結構映画好きなんですよ。

この前、ジョージ・クルーニー主演の“マイレージ・マイライフ”という映画を観てきました。

内容としては、1年365日のうち、320日以上を出張で過ごす“リストラ宣告代理人”という職業の男の話でした。

まあ、映画の内容はここではどうでもいいんですが、その中で新入社員として入ってきた女性に、年上のキャリアウーマンが恋愛をアドバイスをするシーン。

「年をとって変わったことは、“妥協”は“敗北”ではないということを知ったことかしら。」

というセリフ。

なかなか深いセリフですよね。

人間、年をとっていくと、段々と自分というものが分かってきます。

本人がその現実を認める、認めないに関わらず、意識のどこかに“世の中に置かれた自分というもの”を客観的に理解していくと思います。

「自分にはこれが必要だ!」と思っていたものが、実は“自分の幸せになるための必須項目”に入ってはいなかったということが、チョコチョコ起こってくると思います。

女性は男性よりも、社会的な繋がりを大事にする生き物です。

なので、男性よりも社会的な生き物といえるかもしれません。

その一方で、自分が幸せになるための項目に、「人からも自分は幸せな生活を送っていると思われている。」ということを大事にしてしまう面がありますよね。

男性の場合だと、「人がどう思っていようが関係ないよ!」と言い切れてしまう場合でも、女性は人の目を気にしてしまう。

それ自体が悪いことだとは思いませんが、人の目を気にするあまり、本当に自分が欲しかったものの優先順位を変えてしまったり、諦めたりしていませんか?

そういったことを無くすためにも、自分の感性を紙に書き起こして、相手に求めるものABCリストを作るということをオススメします。

「この似たような異性2人のどちらかを、今から1分以内に選んでください!」
というシチュエーションになった時、すぐにどちらかを迷い無く選べるようになっておくというのは、人生のパートナー探しをする上で、凄く強みになると思いますよ。

このGWの残りを使って、リスト作りは如何でしょうか?
じっくり考え事をするには、いい機会だと思います。

考えがまとまったら、すぐにGO!! ですよ!

こんな人がパーティーでモテる!?

皆さん、こんにちは!

カップリングパーティー研究委員会のヨッシーです(嘘)

って、そんな委員会はありませんが、それなりに勉強しているのは本当です。

「一体、どんな人がカップリングパーティーではモテるんだろう?」

と、日々考えています。

そこで結論としては、カップリングパーティーに関わらず、モテる人は「モテる雰囲気」を持っていますね。

クリエイティブな仕事などで、「最終的には技術ではなく、“センス”だよね!」 と言われるのに似ているように感じます。

芸術系は、感受性、表現力、技術というものが集まって、“センス”という一言に集約される。

それと同じように、“モテる”レベルというのは、最終的にその人が醸し出している“雰囲気”に行き着くと思われます。

では、逆説的に、その“雰囲気”をいじれないだろうか? と考えた訳です。

結論としては、「できる!」と思います。

付け焼刃だけど(笑)

スポーツと同じで、基礎体力の部分をしっかりやらずに、テクニックばかりに走るような感じでしょうか。

でも、それなりの即効性は期待できるかも!?ということで、該当する人はちょっと試してみてください。

【パーティー会場で、モテる雰囲気を醸す方法!?】

1.    姿勢を正す

「えっ!?」と思われた方、多いと思います。

でも、これは本当! 傍目八目で、参加している本人としては意識がそこまでいっていないかもしれませんが、横から見ていると、明らかにマイナスになっているんです。

よく見るのが、“猫背”や、足を組んで座っていたり、人によっては“腕組”をしているパターン。

これって、初対面の人から見ると、かなり印象が悪くなります。

あなたのことをまだよく知らない人から見ると、卑屈に見えたり、高圧的に感じたりしますので、意識して注意してください。

続きまして、

2.    会場内で携帯電話をいじらない

「はっ!?」と心当たりのある方、ヤバイです。

意識していない方が多いですが、パーティーの勝負は、会場に入る前から始まっているんです。

そして、パーティーの中で相手の異性と話をしていない時にも、見られている、正確には目に入っているんです。

パーティーが始まる前や、休憩時間中に携帯ばかりいじっていると、「この人、やる気あるのかなぁ。」と思われます。

そういった先入観を持たれたまま会話に突入されると、かなりの“マイナス”スタートになりますので、これまた注意して下さい!

そして、最後の

3.    プロフィールカードばかりみて、相手の表情を見ていない

「えっ!?」と思った方、心当たりありそうですね。

慣れないうち!?は、どうしてもプロフィールカードに頼りがちになってしまいます。

プロフィールカードは、お互いの共通点を探し出すのには効果を発揮しますが、逆にプロフィールカードに書いてあることばかりを質問ばかりしていると、会話が盛り上がりません。

というのは、プロフィールカードに変わったことを書いていると、多くの人から同じ質問されます。

最初はいいのですが、何人もの人に同じ質問をされると、「あれっ、誰とどんな話したかな?」と、印象が薄い人の一人になってしまうんです。

なので、意識的にプロフィールカードに載っていない項目で盛り上がる方向に話をもっていくことが出来ればいいですね。

ただ、一点。

喋り過ぎる男性はNG。

特に女性は自分のことを喋りたい生き物ですから、自分3、相手7くらいで多く笑いが出るトークタイムを目指しましょう!

聞き上手はモテる!?

お久しぶりです!NYSDスタッフのMegです。

唐突ですが、最近聞き上手な男性がモテているらしいです。

「話を聞かない男、地図が読めない女」という本がベストセラーになったくらいですから、男性は話を聞くのが苦手なもの、というのが常識になっているのかと思いましたが、最近の男性はそれ以上を要求されるようですね。

 

男性にとっては厳しい時代です(・・;)

「話を聞く」「聞き上手」ってどういうことなんでしょうか。

たとえば

彼女の「昨日ね、バーゲンでかわいい春物の服買ったんだ!」という発言への受け答えとして。

彼氏「へぇ。それで?」

…これは問題外。

彼氏「そうなんだ~。いい買い物ができてよかったね。」

…30点。

真の聞き上手たるもの、一つのトピックから話を無限に拡げましょうよ!

女性というのは、お喋りが大好きな生き物なんです。

その気持ちを受け止めて、「話したい!」という欲求を満たしてあげれば、彼女のご機嫌もよくなるはず。世の男性に比べて、女性の話をよく聞く包容力のあるあなたは、彼女の目に魅力的に映ることでしょう。

相手が投げたボールを、それがどんな豪速球であっても、ゴロであっても、なんとか拾って投げ返す粘りが必要です。

服を買った、という一つのトピックにも、「どこで買ったの?」「どんなデザインなの?」「次のデートに来てきてくれる?」など、自分から積極的に質問をしたりして、自分がそのトピックに対して興味を持っているという態度を示す事が大切です。

トークが展開するうち、最初は興味がなかった話題でも、面白く感じられるようになってきますよ♪

これは恋人同士でなくても、もちろんNYSDのパーティーでも使えるテクニックです。

4分というトークタイムを「短い!もっと話したい!」と相手に思わせるくらいトークを拡げられたら、マッチング率はグンと上がることでしょう。

さぁ、今日から聞き上手男子になって、幸せな春を迎えませんか!?

マッチング率を10倍にする方法(その2)

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです♪

いやー、いよいよ桜の時期ですね。

この調子でいけば、恐らくは4月最初の土日は満開っぽいですね。

夜桜をカップルで・・・素敵ですよね~

人間、歳をとってくると、「どこに行くか?」ではなく、「誰と行くか?」が重要になってきますよね。

是非、そのお手伝いをNYSDにさせて頂けば、凄く嬉しいです!

さて、前々回の続きを。

メークアップといっても、色々ありますよね。

雑誌CanCamやViviに出てくるモデルさんのようなモテメイクもあれば、飛行機の添乗員のようなメイクもあり、一方ではナチュラルメイクと呼ばれるものもある。

では、「出会いのパーティーには、どういったメイクがいいの?」

極論から言えば、その人に合ったメイクがいい!ということになるのですが、ちょっと視点を変えて、“傾向”をお話しますね。

人間、どういった人に親近感を持つのか? というと、“自分と似た人”に対して持つ訳です。

なので、初対面の会話のコツとしては、自分と相手との共通点を探して、盛り上がるというのが定石な訳ですね。

では、メイクは?

男性は基本的にメイクアップしないので、自分と似た人という訳にはいきませんよね(笑)

しかし、女性にとって“メイク”と“ファッション”はかなり密接な関係があります。

ファッションセンスはいいのに、メイクは全然ダメ。。 という人は稀ですよね。

大体、メイクアップのレベルと、ファッションのレベルは均衡しているように思います。

ちょっと話が外れましたが、何が言いたいかというと、男性の女性に対する好みも同じように関連性があり、男性のファッションを見れば、好みのタイプも分かる訳です。

地味な格好している男性が、「ギャル系の人が好み」っていうケースが少ないように、相手に求める“雰囲気”を自分も体現していると言えるのかもしれません。

では、「カップリングパーティーでは、どういったメイクとファッションが受けるのか?」

これは会場や参加者の属性などにより、若干異なってきますが、一般的には“フェミニン”な格好・メイクの受けがいいですね。

一方、バーなどで行われる“異業種交流会”系だと、少し派手にした方が受けが良くなります。

注意すべき点として、「自分はどういったタイプの男性を惹きつけたいか?」によって、醸し出す雰囲気を考える必要があります。

それを間違えると、「雑誌を読んで、一生懸命メイクの練習して、モテ系のファッションで挑んだのに、“チャラい”男ばっかり近寄ってくるの(涙)」ということになります。

しかし、「ナチュラルが一番!」というのは、たまたまうまくいった人が言えば良いセリフであって、何事もある程度の演出(努力)というのは必要だと思います。

例えるなら、魚を釣るにも、ただ「魚を釣りたい!」ではなく、それは“海魚”なのか、“河魚”なのかをはっきりさせて、釣り場所と餌を選ぶ必要があります。

ひょっとして、“海魚”を釣りたいのに、河に行ってませんか?

女性が男性を判断する基準と改善策!?(その2)

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです。

いよいよ、3月ですね。

3月と言えば・・・ ”別れ”の時期ですね。

そして、4月は”出会い”の時期です。。。なんていうのは、学生さんの話です。

社会人には、いつも出会いはあります!

そう考えることが、なにより大事♪

さて、前回の”女性が男性を判断する基準と改善策(その1)の続きです。

前回は、簡単に言えば「男性はスーツが一番間違いがない!」というお話でしたが、しかし、スーツなら何でもOK!という訳ではないというところまで、お話しました。

スーツで抑えるポイントは2つ。

1つ目は、“色”。

2つ目は、“サイズ”。

1つ目は、人によって好みがあるので、一概には言えませんが、いわゆる”変わった色”は辞めておきましょう。

歳相応で、無難なベーシックな色と柄にしておくのが一番ですね。

2つ目の“サイズ”が体に合っていないスーツを着ている人って、一般のビジネスマンの中でも、結構いますよね。

ただ高いスーツを着ているよりも、体に合ったスーツを着ている人の方が、全然カッコいいものです!

通常、「男性のスーツ姿は、カッコ良さ3割増し!」と言われますが、体に合っているスーツは「5割増し!」といっても、過言ではないと思います。

しかし、そもそも既製品のスーツを着て、ピッタリ合う体をしている人は多くないのでは!?と思います。

なので、自分のオススメとしては、「オーダーでスーツを1着作りましょう!」です。

ちなみに、スーツって、
既製服 < パターンオーダー < イージーオーダー < フルオーダー

ってあるんですね。

フルオーダーに近づくほど、体にフィットします。

なので、その分、値段が高くなる傾向がありますが、フルオーダーではなく、イージーオーダーなんかどうでしょうか?

そんなに費用が掛からずに、体にピッタリ合ったスーツが作れます。

百貨店に入っているお店でも、国産の生地を選べば、5~6万円前後で可能です。

「はぁ!? パーティーの為に5万円も出せるか!」

という声も聞こえてきそうですが、ちょっと考えてみてください。

タキシードのようなパーティー用という訳ではなく、色・柄ともに通常のスーツなので、仕事にでも、どこにでも着ていけますよね?

「いや、俺はスーツが仕事着じゃないから。」

という人もいるかと思いますが、では、仮に素敵な彼女が出来て、親密になって「(あちらの)両親に会って欲しい。」と言われたとします。

その時、何を着ていくんですか?

デニムに、Tシャツですか?

それとも、革ジャンに、ワークパンツですか?

「その時になったら、その時買うよ。」という人は、出会いの可能性にイエローランプが点滅していると思った方がいいと思います。

逆に、「どうせ買うなら、早めに買っておくか。」と思えたあなた、使う時期が思ったよりも早く来るかもしれませんね。

まあ、そもそも「どこに着て出ても恥ずかしくない一着」を持っていると、出会いの行動範囲も変わります。

言うまでも無く、何を着ているか? によって、人間の心理は大きく変わります。

「いやー、失敗したなぁ。こんな場所にこんな格好でくるんじゃなかったなあ。」という時は、自然とその気持ちも女性に見透かされ、実際よりも自分が小さく見られているはずです。

という訳で、是非、自信の持てる一着を!

オススメのお店をご紹介するとすれば、イージーオーダーの値段で、フルオーダースーツ作れる格安のお店なんかどうでしょうか?

<シュウカワグチ>
http://www.chumon-fuku.co.jp/

スーツ専門でやっているお店なので、その辺のなんちゃって衣料品店とは、スーツに対する知識の量が違います。

サロンで担当の男性に、「どういう型が流行っていて、どういう柄が自分にあっているのか?」ということを事細かに聞いてみるといいと思います。

ただ、一点気になるとすれば、生地を選び、寸法を測って、工場に発注するのですが、スーツとして完成してお店に返ってくるまでに、4週間程掛かるのが、難点ですかね(汗

お見合いパーティーでモテる人って!?

こんにちは。 スタッフの Hana です。

ここ数年前くらいから、女性ファッション誌などで 「モテファッション」 とか 「モテメイク」 とか、「モテるための○○」というキャッチフレーズをよく目にします。

世の中の女性たちは、異性にモテたい!と思っている・・・ ということなのでしょうか。

でも、いくら、モテワンピを新調して、モテメイクでバッチリ決めても、全員がそれで同じようにモテるわけではないですよね。

ファッションや髪型だけでなく、たとえ容姿端麗で性格が良くても 「モテない人」 というのも必ずいるわけで。

逆に、そうでもない人が意外にモテていたりします。

「モテる人」って、何が違うのでしょう?

 

恋愛指南書にハマっている友達のAちゃんが教えてくれました。

「モテる」 か 「モテない」 かのキーポイントは、出会った異性に 「優先順位をつける」 こと!

「モテる人」というのは、異性に会った瞬間、次のように分類します。

① この人は、私に興味がある

② この人は、私に今は興味がないけど可能性はある

③ この人は、私に興味を持たない

分類された中で、恋愛に発展する可能性がある①の人に、まずはメルアドを聞いたり、好意を持っている事を示すアクションを起こすので、恋愛成就の可能性が高いのだそう。

 

一方、「モテない人」というのは、誰が自分に興味があるのか or ないのかがさっぱり分からず、③のタイプに分類される相手に、なぜか興味を持ってアクションを起こしてしまい、結果はやっぱり撃沈。。。

ここまで聞いて、考え込んでしまいました。
誰が自分に興味があるのか or ないのか、なんて、さっぱり分かりません、、、ハイ (>_<;)

そこで、Aちゃん、フォローをくれました。
「大丈夫、訓練すれば、その見分け方は身につくんだって!」

訓練?!ですか・・・

そこでふと思ったのですが、もしそうだとしたら、NYSDのお見合いパーティって、まさにその訓練の場になるのでは?

ほんの数分間のトークタイムで相手を分類し、可能性のありそうな人にマッチング希望のマークをつける。

しかも、その答えが、マッチング結果としてあとから送られてくるのですから!

普通の合コンや飲み会とは違い、自分の目が正しかったかどうかの回答までもらえるわけです。

ぜひ、そんな訓練の場としても利用してもらい、異性を見抜く目をどんどん養ってほしいです!

女性が男性を判断する基準と改善策!?(その1)

皆さん、こんにちは!

ヨッシーです。

NYSDのパーティーの開催も15回になりました。

初回が新宿で開催した5月31日なので、早9ヶ月程になるんですね。

その間、多くの人のマッチング結果、その後のご意見メールなどを見ていると、ある種の法則や、女性の審美眼&判断基準がかなり分かってきました。

是非、その真実を皆さんにフィードバックすることにより、より一つ高みに上がって頂きたい!と思い、このブログを書いていきます。

また、一度の参加料も決して安くはありません。

折角、相手はあなたの人間性自体は嫌いではないのに、ちょっとした点が気になって、YESをされなかったという機会損失は、どうしても避けて頂きたいと思っています。

かなり厳しい話もしますが、良薬口苦しということで、できれば皆さんの“親しい友人”の一意見として聞いて頂ければ、嬉しいです。

 

さて、カップリングパーティーという、ある意味特殊な出会い方をどう攻略するか?

通常の学校や会社などでの出会いであれば、何度か接触することが可能ですが、パーティーでは一発勝負!

「女性はどういう判断基準で、男性を評価しているんだろう?」という疑問がありませんか?

男性が女性を初対面で評価する時は、ズバリ“見た目”でしょう。

 

つまり、「まずは、自分の好みに合うルックスをしているかどうか?」 になると思います。

一方、女性が男性を評価する場合は、見た目から感じられる“雰囲気”で評価しているようです。

この“雰囲気”というのは、単に造形美としての“顔”というよりも、服装から姿勢、喋り方を含めたその人が醸し出すもの全部を指しています。

「では、その”雰囲気”をより良くするために、具体的にはどうすればいいのか?」ということを考えてみましょう。

色々と策は浮かびますが、“即効性”のある改善策はなんといってもやはり“服装”でしょうね。

パーティーに参加される女性の“服装”に対して、男性から苦情や意見を頂くことはありませんが、女性から男性の服装についての“苦情”は、パーティー会社全体として、結構多いようですね(苦笑)

たしかに女性は、TPOに対しての意識が高いせいか、パーティーにはいつもよりお洒落をして来られます。

 

一方、男性は服装に無頓着な方が多く、“コンビニ”に行く時と同じ格好!?で来られる人がいますね(^^;

正直、同じ男性同士だと、「そこまで変じゃないでしょ!?」と思う服装も、女性から言えば、「有りえない! どうして、ホテルにそんな格好で来れるのか、理解できない!」と、実際に思う方が結構いらっしゃいます。

「じゃあ、何着ていけばいいんだよ!」

というと、よっぽど私服のセンスに自信があるのでなければ、選択肢としては、“スーツ”しかないですね。

確かに、「平日、スーツを着ていて、また土日もスーツを着るのは嫌だなぁ。」という気持ちも分かります。

実はそういう私、ヨッシーも過去数十回カップリングパーティーに参加しましたが、スーツの上下で決めていったことはありません(苦笑)

むしろ、スーツで着ている人をみては、「この人、気合はいっているなぁ」と思っていた側の人間です。

まあ、そもそもホテルで開催しているようなカップリングパーティーにはあまり参加しておらず、雑居ビルの中をパーティー会場っぽく改装しているだけのパーティーに参加していたことが多かったからというのもあります。

なので、スーツを着ていくことにある種の気恥ずかしさもあったように思います。

しかしながら、ホテルで開催しているパーティーにいらっしゃる女性としては、「自分たち女性はこんなにちゃんとした格好で着ているのにで、なんで男性はそんなカジュアルな格好なの?」という不満を抱く人が少なくないんですね。

更に、スーツの下のシャツも、女性は「ちゃんとアイロン掛かってる?」とチェックしてますので、抜かりのないように!

面白いことに女性は意識的に判断しているというよりも、無意識のレベルでチェックしていますね。
(本当に、そんなところまでチェック&指摘する女性が多いんです!)

つまりは、そういった細かい所を含めて、その人が醸し出す“雰囲気”として、男性は判断されている訳です。

さて、傍目八目ではありませんが、今だからこそ言えることとして、更に得点をアップするために。

「じゃあ、スーツならとりあえずいいんだよね?」

というと、もちろんそうでもないです。

ポイントは2つ。

それは・・・

話が長くなってきましたので、続きは次回に!

マッチング率を10倍にする方法!?(その1)

皆さん、こんにちは! ヨッシーです。

「えっ、これって“女性スタッフ”のブログじゃなかったでしたっけ?」と思われた方、スルドいです!

その通りです。

なんですが、女性の方限定にお話したい!と思うことがあったり、実際に会って話しをする機会があった時などにも、「もっと早く言って欲しかった!」と言われることが多々あるので、この場をお借りして皆さんにお伝えしたいなと思い、コンスタントにこちらにも書かせて頂くことにしました。

また、一度の参加費もそんなに安い訳ではありません。

それに、貴重な土日の時間をつかってご参加頂くことに対して、少しでも自分の気に入った異性の方から、一つでも多くのYESを持ち帰って頂きたい!と思っています。

NYSDの東京パーティーも早15回を迎えるほどになりました。

そんな中、主催者として、かつては参加者として、多くの女性参加者を見てきましたが、「もっとこうしたらいいのに・・・」とか、「もし、自分が女性だったら、こうするのになぁ・・・」ということが多々あります。

そんな感想を、あなたの“親しい異性の友人”からのアドバイスとして聞いて頂けれたら嬉しいです。

さて、早速今回の本題に入っていきますね。

「もし女性からカップリングパーティー攻略のアドバイスを求められたら、なんと答えるか?」

カップリングパーティーという、ある意味特殊な環境において、自分の価値を大きく上げるには何をすれば良いか?

色々手法があると思いますが、即効性を期待するのであれば、“男性は服装”、“女性はメークアップ”でしょう。

カップリングパーティーのような超短時間で、相手を振り向かせるとなると、やはりルックスを上げる努力をするのが一番です。

一般的に、男性はストレートに(自分の好みかどうかという)見た目で女性を評価する傾向があります。

女性は、見た目を含めた総合点(雰囲気)で男性を評価しています。

これは、脳の仕組みから言っても、仕方ないそうです。

残念ながら、男性は女性よりも、見る(見える)範囲が狭いのです。

また、予めお断りさせて頂きます。

この先は結構な反感をもたれる方も多いと思うのですが、親しい友人(という設定なので)として敢えて言わせて頂きますね。

婚活パーティーで会う女性のファッションを見て、“ありえない!”というケースは稀です。

でも、“メーク”を見て、「もっと良く見える素材を持っているのに、もったいないなぁ。」と思うことは少なくありません。

海外に数ヶ月以上住んでいた人と話をすると、ほぼ全員意見が一致するんですが、
「日本人女性のメークアップ技術は、世界一!」
というのがあります。

皆さん、あまりにもメークアップがうまいので!?「最近の若い女性って、みんな同じような顔しているよね。」ということにも繋がるんですが(笑)

その一方で、メークアップに自信のある人って少ないんじゃないでしょうか。

というのも、本格的にメークアップを習ったことのある人って、本当に少ないと思います。。

高校や大学の授業で習う訳でもなく、ほとんどの女性が本を買っての“自己流”であったり、百貨店の化粧コーナーで少し習ったくらいでしょう。

なので、日本人全体の平均値は高いんですが、個々に見ていくと、本気でメイクを勉強している人と、そうでない人との差が激しいんですね。

結論としては、

「メークアップに自信が無い人は、プロが主催するメークアップ教室などに通って勉強すると、もっともっとYESの数が増えると思います!」

まだまだ人生長いですから、今後のことも考えて“投資”として考えれば安いものだと思います。

でも・・・

話が長くなってきたので、次回(その2)へ続きます(^^)

お見合いパーティーNYSDの小道具!?

「こんにちは!NYSDスタッフのMEGです。

ここのところ、春のように暖かかったり、かと思うと雪が降ったり、
なんだか落ち着かない天候が続きますが、みなさん風邪などひかれてませんか?

せっかくのパーティー当日に、風邪をひいていつもの調子が出せないなんてもったいないですよね!

外出時はマスクをつけるなど、日頃から予防して、ベストな体調でお見合いパーティーに臨んで頂きたいと心から思います。

 

ところで、最近私はお仕事で使う宣伝用の写真、いわゆる「宣材写真」を撮りに 撮影スタジオに行って来たのですが、 出来上がった写真を見てびっくり!!

自分の欠点という欠点が隠れて、別人みたいに仕上がっていました(笑)。

プロのカメラマンの方は、照明を本当にうまく使いますよね。

実は、これと同じ効果を、NYSDのパーティーで使っているキャンドルが出してくれているんです!

下からの照明は、頬骨の影や、一般に「ほうれい線」と呼ばれる、
鼻の両脇から唇の端に伸びているシワを隠してくれる効果があります。

女性には強い味方ですよね!

 

さらに、キャンドルの光は人工的な光に比べて人の心を落ち着かせる効果が高く、リラックスしたムードでトークタイムを楽しむことができます。

運命の人と出会うかもしれない大切な日ですから、どんな小道具も利用して、最高の自分を演出してみてくださいね♪

NYSDはこれからもいろんなアイディアで皆さんの出会いをバックアップしていきます。お楽しみに! 」

次回は”バレンタイン(前日)パーティー”です。

1~3月の中では一番盛り上がる時期ですから、都合の合う方は是非お友達と一緒に参加してみてください!

プロフィールカードに、”年収欄”が無かった訳!?(その2)

皆さん、こんばんは!

あっという間の1月でしたね。

前回の新宿パーティーでは、18対17という参加人数でした。

寒い中、多くのご参加、誠に有難うございました。

 

さて、前回、「3つのスイッチ」のうち、2つをお話ししました。

ここで“スイッチ”と呼んでいるのは、いわゆる“本気モード”に入るスイッチです。

いつのタイミングで、男性は「もっとしっかりしなきゃ!」と思うかというと、

1つ目は、「結婚」

2つ目は、「子供が生まれる時」

そして、3つ目は?

これは、「頼りにしていた人が亡くなった時」

です。

大体の場合、頼りにしていた人=両親 ですね。

多くの男性が、

「別に両親から仕送りして貰っている訳でもないし、特に頼っていないよ!」と口では言いますが、実際にいなくなると、“精神的な自立”という言葉を考えるといいます。

上記の3つのいつに“スイッチ”が入るかは、人それぞれですが、人生において大きなキッカケになるのは確かです。

 

で、本題に戻りますが、

「何故、NYSDでは、プロフィールカードに“年収欄”がなかったか?」ですが、出会いの早い段階で“年収”を見ると、結構多くの女性がそこで間口を閉ざしてしまう人が多いように感じていたからです。

もちろん、現代の男性の強さ≒収入の多さ となっているのは事実です。

その強さに女性が惹かれるというのは、至って自然だと思います。

でも、その一方で、“スイッチ”が入ると男性は大きく変わるケースが多く、自分の周りでも、結婚してから、年収が3倍になった人もいます。

理由は、付き合った女性が男性の“スイッチ”を入れたから。

年収が3倍!というのは、サラリーマンでは極めて難しいですが、100万、200万程度であれば、2,3年で増やすというのは、十分可能だと思います。

それもこれも、付き合う女性次第。

なので、「年収400万円じゃダメ! 最低でも500万円はないと!」って言う理由だけで、切っていくのは、あまりにももったいない!と思うんです。

とはいえ、あまりにも多くの女性からリクエストがあるので、年収欄は入れるようにします。

でも最後に、女性に覚えておいて欲しいことを一言。

「折角、会って話すんですから、“フィーリング”を大事にしてください。お金だけにこだわっていると、結婚しても“金の切れ目が縁の切れ目”ということになります。
収入が心配であれば、人間的に好きな彼の為に一緒に働くこともできますし、なによりも男性の“スイッチ”を入れてあげればいいんですよ。
そんな女性であれば、男性も凄く大事にしてくれて、幸せな家庭を築けるはずです!」

と、偉そうなことをいいましたが、結婚しても“スイッチ”の一生入らない男性も、確かにいることは否定しません(苦笑)

そこは”男性を見る目”ですね。

新年のご挨拶

みなさま、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

スタッフの Hana です。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

今年はカレンダー周期が悪く、お正月休みが短かったという方々も多いのではないでしょうか。

 

そして、あっという間にもう1月も下旬、時が経つのは早いですね。

「年齢を重ねるごとに、1年をより早く感じるようになる」 というのはホントのようで、毎年のように実感しています^^;

 

さて、今年もすでに第一回目のお見合いパーティが16日(土)に開催されました。

参加者のみなさんは、今年こそ素敵なパートナーを絶対見つけよう!と気持ちも新たにお越しいただい事と思います。

そうですよ! 今年こそ、ベストなパートナーを絶対見つけましょう!

よく、「心から強く想えば願いは叶う」といいますね。

逆に言えば、「信じなければ叶わない」わけで。

なので、私も今年は自分の叶えたい夢を強く信じてみよう! と、今年の心掛けの一つに掲げました。

そんな単純なこと・・・と思われるかもしれませんが、気持ちをずっと高く持ち続けるって意外と難しくないですか?

最初は良くても、数ヶ月すると、やっぱりダメだわ・・・と途中で諦めてしまいがち。

だからこそ、今年は1年間、何とか想いをキープできるように頑張ります!

みなさんも、今年の抱負・目標を考えられたことでしょう。

その中の一つに、「自分に合う素敵なパートナーと出会う」という項目も、もちろん入っていますよね。

私たちNYSDは、心を込めて、今年もみなさんの願いをサポートをさせていただきます!

プロフィールカードに、”年収欄”が無かった訳!?(その1)

皆さん、大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

1月16日の東京パーティーは、パーティー結果詳細をみて頂ければわかりますが、盛況でした。

マッチング率も94パーセント!ということで、素晴らしいスタートとなりました。

そして、今回も女性の方から、「今まで、他社の婚活パーティーにいくつか参加してみましたが、貴社が一番良かったです!」とのご感想を頂きました(嬉)!

 

ただ、前々から他多数の方からもご意見頂いていたのですが、「男性のプロフィールカードに“年収”の欄が欲しい」とのこと。

ある女性の方曰く、「女性に”年齢欄”があるのであれば、男性には”年収欄”があるべき」だと。

確かに、一理あります。

結論から申し上げますと、次回のプロフィールカードから、男性の“プロフィールカード”に年収欄を作ります。(もちろん、記入は任意です。)

でも、「どうして今まで、敢えて“年収欄”を外していたか?」というのも理由(想い)があったからなんです。

それを今回、語ってみます。

 

それはズバリ「3つのスイッチ」の話に関係します。

男性は女性と比べて、あまり“人生の壁”というものを意識する機会が少ないそうです。

女性は“出産”という年齢のリミットがあるため、常に自分の年齢というものに対して、それなりに意識するものです。

一方、男性はその意識が希薄なんですね。

でも、そんな男性にもほとんどの人(何故か全員ではありません)にも、意識が大きく変わる3つの時期があるんです。

ご存知ですか?

何か、結婚式のスピーチの“3つのふくろ”みたいな話しになってきましたね(笑)

で、1つ目は何かというと、

「結婚」

です。

結婚を前にすると、自分ひとりの世話と責任だけで生きてこれましたが、それではダメだ!ということを意識する瞬間がきます。

そして、「○○を幸せにしなきゃ!」ということで、仕事にもプライベートにも目覚める訳です。

男性の基本ですが、「男性は自分のためには、あまり頑張れない生き物」だそうです。

逆に言えば、守るべき存在ができてから、本領を発揮するんだそうです。

ということで、“2つめのスイッチ”は、もう分かってきたと思いますが、

「子供が生まれる時」

です。

1つ目のスイッチで変わらない男性は結構いるそうですが(苦笑)、流石に2つ目となると、大半の男性が変わるそうですね。

「ヤバイ!このままじゃダメだ! 俺もっと稼がなきゃ!」
といった感じですね。

それでは、3つ目は?

ちょっと長くなってきたので、次回に続けます。

理想の人に会える確率!?

皆さん、こんばんは!

NYSDのヨッシーです。

2009年最後のパーティーも盛況に終わり、多くの方からご意見メールを頂けるなど、素晴らしいスタートの一年だったと思います。

9月から、東京都内で月2回のペースで開催していましたが、12月は第4週目がクリスマス後になるので、辞めましたが、「23日に開催しても良かったかな!?」と、今頃思っております(苦笑)

とりあえず、次回の開催は2010年1月16日(土)です。

年始のドタバタが収まってくる頃だと思いますので、新春の運試しも兼ねて、ご都合のつく方は、是非参加してみてください!

 

さて、今回のテーマは、ズバリ“出会いの確率”を語ってみます。

この“確率”って、人によってかなり違いますが、それはそれで構いません。

ここで注目したいのは、
「あなたは何人の異性と会うと、1人の特別な異性に出会えるか?」
という確率です。

このブログを読まれている皆さん、ちょっと計算してみてください。

シチュエーションとして、あなたが“銀座”の街を歩いているとします。

あなたが考える“恋愛対象年齢”の異性100人とすれ違ったとしますね。

さて、あなたは“何パーセント”の方にOKを出しますか?
ここでは、完全に見た目だけの判断になりますよね。

多い意見としては、“10パーセント程度”です。
つまり、100人のうち、10人ですね。

 

では、次に「性格まで考慮した場合、付き合ってもいいかな」と思える人の割合は?

ここでも多い意見は、「1割程度かな」ですね。

そうすると、先程の話の続きだと、10人中1人程度。

 

更に、その相手も自分を気に入ってくれるかどうか? ということを単純計算していくと…

「一体、何人の異性に会わないといけないのか?」

という答えがでてくる訳です。

 

私、ヨッシーの場合は、180~200人 という答えになりました。

つまり、200人程度の異性と会って、話して、初めて1人の素敵な異性を見つけられるということです。

でも、単純に“200人”っていっても、凄い数じゃないですか?

普通の生活をしていて、200人の異性と会って、話すのって、どのくらい掛かりますかね?

自分から積極的に行動しない人だと、1年掛かっても無理でしょう!

よく「カップリングパーティー(お見合いパーティー)で出会っても、全然続かない!」という人がいます。

まあ、それは上記の確率から考えれば、至って自然でしょうね。

パーティーだと、一日で多くの異性に会える!とは言っても、せいぜい20~30人程度。
(ちなみに他社の1分程度の会話と、1対1でしかマッチングしないシステムでは、一日に50人に会っても、あまり意味ないと個人的には思っています。
理由は、機会損失が大きすぎるから。)

自分の場合の確率だと、10回程度参加して、初めて1人会えるかどうか?ということになります。

なので、私、ヨッシーよりも、相手のルックスを重視し、性格に関してもうるさい(失礼!)人は、更に多くの人と会わないといけないという結論になります。

コミュニケーション能力の高い人は、もう少し楽になると思いますが、「確率論から言って、数をこなさないとダメ!」というのが理解して頂けたかと思います。

また、ここで、
「えっー!まだ100人も会わないとダメなのー!」
と考える人と、
「あと100人だ! そうすれば、いい人に会えるはず!」
と考える人の違いがでますね。

是非、後者の考えで、楽しい未来を想像しながら、素敵な人探し!をしてみてください!

それでは、来年が皆さんにとって、素敵な年になりますように!

2009年を振り返って

お久しぶりです!NYSDスタッフのMEGです☆

「今年も残すところあとわずか」という台詞があちこちで聞かれるようになった今日この頃。

何だか、今年一年を振り返ってふと物思いに耽ったりしてしまいますよね。

皆さんにとって、今年一年はどんな年でしたか?

 

今年を表す一字は「新」に決まったそうですが、
私にとって今年一年を象徴する文字は「会」です。

NYSDに出会い、スタッフとして働かせて頂くようになったのも今年。

NYSDを通して、今ブログを読んで下さっているあなたと出会えたのも今年。

お見合いパーティー中は黒子に徹するのがスタッフの仕事なので、皆さんと直々にお話をする機会はあまりないのですが、会場で拝見する皆さんの素敵な笑顔や、お見送りの時に言って頂く「ありがとう」の一言にいつも心温まる思いでいます。

NYSDを通して出会った参加者の皆さん同士が、これから温かい関係を築いていかれますように。

そして来年もたくさんの良い出会いを提供していけますように。
及ばずながら私も努力して参ります。

会場は、新宿・銀座とありますが、どちらの会場にも、私、出ております!

皆さんも、お気付きになった点がありましたら、いつでも気軽に私達に仰って下さいね!

直接言いづらい場合は、info@nysd.jp からご意見を寄せて頂ければ、
スタッフ一同改善点を探して参ります。

今年出会えた皆さんに、心からありがとうございます。

来年もよろしくお願い致します!

NYSDのロゴマーク

皆さん、こんにちは!

前回の“銀座会場オープニングパーティー!”は、お陰様で多くの方にご参加頂き有難うございました!

特に女性参加者から多くのお申込を頂き、1週間ほどで女性枠は一杯になるほどでした。

交通の便も良いホテルなので、銀座まで来る用があれば、ついでにご参加頂ければと思っています。

会場の都合もあり、今後も、大体15時スタートになり、終わりは17時ということになりそうです。

 

さて、NYSDがスタートして、ようやく8ヶ月目ですね。

たまに、「どうして、NYSDという名前にしたの?」と聞かれます。

実は、これ、今でこそ”New York Style Dating の略“ としていますが、ロゴマークが先だったんですよ!

NY○○ という4文字で屋号を作りたいな!と。

何故かと言うと、自分がニューヨークに行った時、街並みの中に、やたらと“NY○○”という文字が目に付いたんですね。

警察だと“NYPD( New York Plice Department の略)”、
消防署だと“NYFD ( New York Fire Department の略”)という具合に。。

特にパトカーですね。
凄くクールに思えたのは。

今では、日本のパトカーも POLICE と大きなアルファベットを入れていますね。
あれは、ニューヨークのパトカーのデザインを参考にしているのだ!と、個人的に思っています。

今のニューヨークのパトカーは、白地に水色の文字が入っており、凄くさわやかな雰囲気がありますね。
ちなみに、数年前は、紺色の下地に白抜きだった思うんですが、水色の方が垢抜けていますよね。

 

さて、話を元に戻すと、NYSDのロゴマークは、ニューヨークのパトカーに使われているマークを参考に作っているんです。

あと、NYSDのマークの横にある“星マーク”は、男性と女性を表しているんですよ。

ニューヨーク=ロマンチックな出会いの街

★    が2つ= 惹かれ合う男性と女性

という訳で、1組でも多くの素敵な出会いを演出したい!というNYSDの願いが込められているのでした!

初対面の人に、好印象を与えるコツ

こんにちは。 スタッフの Hana です。

初対面の人に、たった数分間で好印象を与えるコツってなんでしょう??

もちろん、外見やメイク、洋服のセンスなどからの第一印象は大きく影響しますが、それ以外で何か秘訣があったらぜひ知りたいですよね。

マッチングパーティのトークタイムは平均して1人につき数分です。

NYSDでは少し長めの設定にしていますが、それでも1人4分から5分。

この短い時間内で、初対面の相手に好感を持ってもらうには、どんな会話をしたらいいかしら・・・と考えてしまうかたも多いのではないでしょうか。

 

ある雑誌に、「向上心こそが人を魅了する」という記事が載っていました。

人が人に魅了されるキーポイントは “向上心” にある・・・という内容です。

社会的に有能で、妻となる女性を大切にしてくれるようなステキな男性が好意をいだく女性は、必ずしも見目麗しい美女とは限らなくて、むしろ、外見はさほど人目を引かない女性だったりする・・・ そんな実例を、筆者はたくさん見てきたというのです。

 

そして、そんな女性たちに共通している魅力、それは、その人の“向上心”だと。

確かに、目標を持っている人の目は輝いていて、表情もイキイキとして魅力的ですよね。

女性のみなさん、今、前向きに取り組んでいる何かがありますか?

どんな分野でもいいのです。

趣味のお菓子作り、フラワーアレンジメント、英会話、など・・・好きなことを学んで少しでも上達しようという気持ちを持ち続けること。

または、近い将来に仕事やプライベートで成し遂げたいことや、なりたい自分を具体的にイメージして、それに向かって活動すること。

すべて“向上心”ですね。

 

そして、ご自身の中にある“向上心”に気づいたら、その分野の話題を出して、お相手に少しだけアピールしてみましょう!

でも、初対面の異性との会話で、思うような話題に持っていくのはなかなか難しいですね・・・

そんなとき、ぜひ活用してほしいのが、パーティの最初にご記入いただくプロフィールカード。

プロフィールカードにはたくさんの質問項目があるので、その中に話題にしてほしいような内容をさりげなく記入してみてください。

トークタイムでは、このカードをお相手と交換してお話するので、できるだけ多く記入して、話題のとっかかりを散りばめておくのがポイントかもしれません。

“向上心”アピールで、ステキな人の心をキャッチしてくださいね~  Good Luck !